「結局できなかったよな…」今年やり残したと感じるものは?

2013/12/15 10:00

英会話サービス事業を展開するGabaは2013年12月12日、就業者における今年の振り返りと来年の目標に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、回答時点でもっとも多くの人が「今年やり残してしまった」と感じている物事は「パソコンのデータの整理」だった。24%の人が同意を示している。次いで「業務スキルを上げる」「業務実績を上げる」など職務関連の残務感が続いている。一方、それなりにやるべきことをこなし、やり残し感を覚えていない人も1/4ほどいるのが確認できる(【発表リリース:「ビジネスパーソンの今年の振り返りと来年の目標に関する調査2013」】)。

スポンサードリンク


やり残し感ナンバーワンは「パソコンのデータ整理」


今調査は2013年11月19日から22日にかけて携帯電話を用いたインターネット経由で、20歳から59歳までの就業者に対して行われたもの。有効回答数は1000人。男女別、10歳区切りの世代別で均等割り当て。協力調査会社はネットエイジア。

年の瀬も押し詰まってくると、今年のうちに済ませておこう、やり終えておこうと思っていながら、今の今まで手をつけていない、終えていない事柄の多さに頭を抱えることになる。そこで多分に「これは恐らく、今年は手が付けられない、終えられないな」という観測も合わせ、今年やり残したと感じるものについて、当てはまるものを答えてもらったのが次のグラフ。最上位に挙がったのは「パソコンのデータ整理」。23.8%の人が同意を示していた。

↑ 今年、やり残したと感じるもの(複数回答)
↑ 今年、やり残したと感じるもの(複数回答)

厳密な分類・整理を始めると、それこそ一日二日では終わらない人も多いであろう、パソコンの各種データの整理。果たすことが出来ればデータの抽出も楽になるし、欲しいファイルが見つからずに頭を抱えることも無くなるし、ハードディスクの容量も節約できる。しかしついつい後回しにしてしまい、毎年この時期になると、過去の自分を責めたてることになる。ハードディスクのバックアップも似たようなものだ。

次いで多いのは「業務スキルを上げる」「業務実績を上げる」。就業者を対象としているだけに、業務関係の後悔が続いている。またその直後には「会社の机の整理整頓」があり、さまざまな面で仕事上の達成感が今一つだったことがうかがえる。また対人関係に絞ると、最上位は「友人との交流」、そして「家族サービス」「ビジネス上での人との交流」が続く。

一方で「特になし」も25.0%居る。冒頭では「やるべきことをこなし」と評したが、実際には「充実して残務感無し」以外に、「元々際立った目標を立てていないので、やり残しも何もない」という人もいるかもしれない。いずれにせよ、後悔の念が無いという点に違いは無く、この25.0%に羨ましさを覚える人も多いことに違いは無い。

女性に多い携帯電話周りの残務感


上記「やり残したこと」のうち、携帯電話(一般携帯・スマートフォン)に関連する2項目について、性別・世代別のデータを抽出してグラフ化したのが次の図。

↑ 今年、やり残したと感じるもの(複数回答)(携帯関係、属性別)
↑ 今年、やり残したと感じるもの(複数回答)(携帯関係、属性別)

全般的は男性よりも女性の方が残務感が強い。携帯電話関連は男性よりも女性の方が多用している感はあるが、その一方で手が回らない、作業が追い付かないと自覚している人も多いようだ。

特に若年女性層は残務感、「もっとこれをしておけばよかった」という後悔の念が強い。20代に限ると1/4近くが「携帯電話のデータを(もっと)整理するべきだった」、1/8が「もっと有意義に、多方面に、色々な機能の点で携帯電話を使うべきだった」と感じている。男性からは概して十分使いこなしているように見えるのだが、女性においてはそれでも物足りないらしい。見方を変えれば、それだけ携帯電話に対する積極性、便宜性の吸収意欲が旺盛とも考えることができよう。


■関連記事:
【米携帯電話保有者に聞く「どこが素敵?」「どこがダメ?」】
【携帯電話では出来なくても…スマートフォンにしたら便利になると思うことランキング】
【「なぜ携帯でネット?」最多理由は「便利だから」…米「携帯がネットアクセスのメイン」な人の理由をグラフ化してみる】
【今日からできる「要らないものを捨てる」整理整頓五か条】
【絡まる線を整理し心の安らぎも得られる道具】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー