テレビ視聴時間は増えている? それとも減っている!?

2013/12/13 11:30

ライフメディアのリサーチバンクは2013年12月11日付で、テレビに関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうちテレビを有する人では、1年前と比べてテレビ視聴時間が増えた人は15%、減った人は29%に達していたことが分かった。男女別では双方とも減った人の割合の方が増えた人より多い一方で、男性の方が女性よりも減った割合が大きく、女性は男性よりも増えたとする回答者率が高い傾向を示している(【発表リリース:テレビに関する調査】)。

スポンサードリンク


テレビ視聴時間がこの1年で増えた人15%、減った人29%


今調査は2013年11月29日から12月4日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1200件。男女比、及び10代から60代までの10歳区切りでの世代比率は均等割り当て。

今調査対象母集団で「自宅にテレビがある」と回答した96.1%の人に、この1年間でのテレビ視聴時間の変化を5段階評価で尋ねた結果が次のグラフ。同様の条件で調査した2年前の結果が取得できたので、その値も併記してある。

↑ 1年前と比べてテレビの視聴時間に変化はあるか(2011年/2013年)
↑ 1年前と比べてテレビの視聴時間に変化はあるか(2011年/2013年)

直近では14.7%の人が「1年間で増えた」、28.7%の人が「1年間で減った」と答えている。強度の大きい「増えた」「減った」の回答率そのもの、それぞれの属性内に占める比率も「減った」の方が大きく、テレビを視聴している人においても、概して視聴時間は減る傾向にあるようだ。

2年前と比べると、「減った派」優勢には違いないが、増加の度合いがわずかながら「増えた派」の方が多い(「増えた派」は1.1%ポイント、「減った派」は0.5%ポイントの増加)。そして「変化なし」の回答率が減少している。全体的には視聴時間が減りつつあるが、その勢いは少しずつブレーキがかかっている、あるいは二極化が進んでいるようだ。

女性の方が「増えた派」が多い


テレビ視聴時間の増減について、男女別に集計し直した結果が次のグラフ。

↑ 1年前と比べてテレビの視聴時間に変化はあるか(2011年/2013年)(男女別)
↑ 1年前と比べてテレビの視聴時間に変化はあるか(2011年/2013年)(男女別)

直近の2013年では男女で「減った派」にほとんど差異は無いものの、「増えた派」は女性の方が多い。男女共に全体としてはテレビ視聴時間は減少傾向にあるものの、女性の方がやや視聴時間の減少具合は大人しいようだ。

また2年前と比較すると、男性は二極化が進む一方、女性はほとんど変わりない様子が見て取れる(むしろ「変化なし」の回答率が増加している)。もっとも女性も男性同様、「増えた派」「減った派」それぞれにおける強度は大きくなっており、その意味でも二極化が進行しているように見受けられる。



ちなみに「テレビそのものを見ているか否か」、つまり視聴しているテレビを有しているか否かについてだが、2013年と2011年では設問そのものに違いがあるため、単純に比較はできない。あえて2011年の「テレビを観ない派」に該当する「地デジ開始後、テレビは止めた」「テレビは元々所有していない」を合わせると2.9%、2013年の「視聴しているという意味でのテレビは所有していない」は3.9%となり、わずか1.0%だが増加している。もっともこの程度なら誤差の範囲であり、ぶれと見ることもできる。

テレビ視聴者のテレビ視聴時間は概して減少傾向にあるが、一方で観ない人と観る人との間の二極化が進んでいる。テレビそのものの魅力が今まで以上のものとなれば、テレビに夢中になる時間が増え、「増えた派」が増加し、「減った派」が減少するようになる。いわゆる「スマートテレビ」の促進化や、上記に挙げたソーシャルメディアとの連動など、多彩な試みが行われているが、視聴時間を延ばすのはなかなか難しそうだ。


■関連記事:
【さらに増加のモバイル利用、減るテレビとPC…メディア接触時間推移(2013年)】
【さらに減る「テレビ」「新聞」、増える「ネット」…メディアへの接触時間推移(2011年)】
【テレビは一日約2時間…小学生のメディアとの関係をグラフ化してみる】
【「子供のテレビ離れ」…子供のテレビやDVD視聴時間をグラフ化してみる】
【主婦が見る 一日当たりのテレビ時間 平均大体3時間ほど】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー