家族に一番喜ばれ、しかも食卓に良く登場する手料理とは?

2013/11/26 11:30

2013年11月20日付でパルシステム生活協同組合連合会が公式サイト上で発表した「家族の食卓に関する調査結果」によると、既婚女性から成る調査対象母集団において、もっとも家族から喜ばれる手料理は「カレーライス」だった。次いで「ハンバーグ」「鶏のから揚げ」「煮物」が続いている。一方、食卓にもっともよく登場する手料理でも、最上位には「カレーライス」がついている。家庭の手料理ではカレーライスが需要に一番合致しているようだ(【発表リリース:「家族の食卓に関する調査2013」を集計しました】)。

スポンサードリンク


今調査は2013年11月1日から5日に渡って、携帯電話を用いたインターネット経由で、20代から50代の既婚女性を対象として行われたもので、有効回答数は1000件。世代構成比は10歳区切りで均等割り当て。調査対象母集団中、子供を有する世帯は82.3%。調査機関はネットエイジア。

家庭の食生活を担う(多くの)既婚女性にとって、メニューの選択は日々の大きな悩み事の一つ。毎日同じメニューでは飽きられ、懲り過ぎるメニューは時間も手間もかかる。インスタントや中食ならば楽が出来、レパートリーも豊富なものとなるが、コスト面に問題が生じるだけでなく、多用するのを家族が嫌う場合もある。

結局のところ多分に手料理がメインとなる次第だが、それでは家族から最も喜ばれるのはどのような手料理なのだろうか。自由回答で答えてもらったところ、最多回答数を得たのは「カレーライス」だった。18.4%が「カレーが一番家族に喜ばれる」と回答している。

↑ 家族から最も喜ばれる手料理(自由回答)
↑ 家族から最も喜ばれる手料理(自由回答)

次いで多いのは「ハンバーグ」「鶏のから揚げ」。味が重厚で子供が好きそうなイメージが強いものの、比較的好感される世代が幅広い、汎用的な料理が上位に挙がっている。また調理が比較的簡単で、調理の腕に左右されず、味がそれなりに高いレベルを保てるのも一因。

次いで「煮物」「餃子」「鍋料理」と続くが、上位陣も含め、豪華な料理というよりは、馴染み深い、家庭料理的な品目ばかりが並んでいることに気が付く。いわゆる「家庭の味」こそが、手料理として喜ばれている証と言えよう(同時に、創り方次第ではいくらでも手が抜けるタイプの料理が多いのも事実ではある)。

一方、食卓にもっともよく登場する(回答者が既婚女性なので「もっともよく調理して食卓に並べる」の方が意味としては近い)手料理の最上位にも「カレーライス」がついている。

↑ 食卓に最も良く登場する手料理(自由回答)
↑ 食卓に最も良く登場する手料理(自由回答)

次点は「煮物」、そして「野菜炒め」「鶏のから揚げ」「ハンバーグ」が続く。「味噌汁」は手料理には違いないが主食の添え物としての立ち位置が強く、他の「料理」と並べるのはやや不自然なところがあるが、見方を変えればそれだけ作り手が気合いを入れて調理しているということなのだろう。

「カレーライス」は家族に喜ばれ、実際に食卓に出すことも多い。喜ばれるから何度となく作るのか、何度も繰り返し作ることで腕が上達し、美味しさが積み上げられるので家族からも喜ばれるのか。どちらがより正しいのかは世帯によって異なる。ともあれ家庭での手料理は、登場頻度も歓迎度も「カレーライス」がナンバーワンということは事実のようだ。

なおいずれの料理も多分に、主食を合わせるとしたらパンよりはご飯がマッチすることに気が付く。先の別記事で「夕食で喜ばれる主食は圧倒的にご飯」という結果が出ていたが、喜ばれる料理、登場する頻度が高い料理でご飯に良く合う料理ばかりが並んでいるのだから、ある意味ご飯が喜ばれるのも当然かもしれない。


■関連記事:
【主婦の2/3は料理好き ……ってことは残り1/3は!?】
【「カレーライス」が日本の国民食から外れつつある現実】
【カレーの辛さ、一番人気は辛口・甘口・中辛、どーれだ?】
【カレーを使った料理、一番人気はカレーうどん】
【男女で大きく異なる、小中学生の好きな料理】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー