「巨人」と「ミク」がけん引か…少女・女性向けコミック誌部数動向(2013年7月-9月)

2013/11/13 11:30

社団法人日本雑誌協会は2013年11月7日に、四半期周期で公開中の印刷部数について、最新分となる2013年7月-9月分を掲載した。これは協会側が許諾を受けた主要定期発刊誌の「印刷証明付き部数」を掲載したもので、各雑誌のすう勢を推し量る値としては精度が高い上に、不特定多数が容易に再検証できる貴重なデータでもある。今回はその値を基に、「少女・女性向けコミック系の雑誌」について、グラフ化と状況の把握を執り行うことにする。

スポンサードリンク


「ちゃお」が群抜く少女向けコミック


データの取得場所の解説、「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項は一連の記事まとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で説明している。必要な場合はそちらで確認してほしい。

まずは少女向けコミック誌。今四半期では同部門における脱落・追加雑誌は無し。前四半期で非開示化した「ASUKA」は復帰せず。

↑ 2013年4-6月期と最新データ(2013年7-9月期)による少女向けコミック誌の印刷実績
↑ 2013年4-6月期と最新データ(2013年7-9月期)による少女向けコミック誌の印刷実績

「ちゃお」の独走態勢は継続中。第2位の「別冊マーガレット」に対し2倍以上の差をつけており、順位が覆ることはまずなさそう。全般的にはほぼ横ばいかやや減少の動きがあるが、後程言及する「なかよし」のように、パッと見でも大きな伸びを示す雑誌もある。

続いて女性向けコミック誌(少女向けと比べると、やや高い年齢層の女性を対象としたコミック雑誌)。こちらは少女向けコミックのグラフと比較して、横軸の区切りが小さめ(2万部単位)なこともあり、綺麗な序列・ほぼ斜め一直線となるようなグラフが成形されている。なお「CIEL」の復帰は今四半期でも果たされていない。

↑ 2013年4-6月期と最新データ(2013年7-9月期)による女性向けコミック誌の印刷実績
↑ 2013年4-6月期と最新データ(2013年7-9月期)による女性向けコミック誌の印刷実績

トップは前四半期から続き「BE・LOVE」。「週刊ヤングレディ」の増刊漫画誌で、1980年に別雑誌として創刊された。女性の大人(30代から40代)をターゲットにした「レディースコミック誌」(20歳以上の女性を対象とした漫画ジャンル)。第2位の「YOU」もジャンルとしては同じ雑誌であり、同ジャンルが一定の読者層を確保していることがうかがえる。

直上で「綺麗な序列」という表現を用いたが、このジャンルでは順位変動が起きにくいのも特徴の一つ。今四半期も前四半期から続き、動向を確認している雑誌内においては、順位の変化はまったく無かった。

特需な雑誌が2誌…四半期変移で直近動向を探る


続いて前四半期と直近四半期との部数比較。この3か月の間における、印刷部数の変化を示したもの。季節変動などの影響を受ける可能性はあるが、最近の各誌の動向を知るにはもっとも適したものだ。

↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2012年7-9月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2012年7-9月期、前期比)

↑ なかよしの部数推移(2013年7-9月期まで)
↑ なかよしの部数推移(2013年7-9月期まで)

赤対象、つまり誤差(マイナス5%まで)の範ちゅうを超えて下げた雑誌は皆無。ギリギリなのが1誌あったが、一応セーフ。下げた雑誌すべてが誤差の範囲に留まっている。

他方「なかよし」の群を抜く伸び方が目に留まる。これは8月8日に発売された2013年9月号の付録「まんが家キット 初音ミクを描いてみよ!!」が大いに貢献している。過去にも同誌で同様の付録が発売されたことはあったが、このような形で明らかに売り上げしたと分かる数字が出るのは珍しい。

以前「別冊花とゆめ」で特需をもたらした「ガラスの仮面」だが、現時点でもなお連載の再開は無く、単行本の第50巻も発売が延期されたまま。待ち望んでいる読者は多いだろうが、このような状況が続けば既存ファンも離れてしまうかもしれない。

女性向けコミックの動向は次の通り。

↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック)(2013年7-9月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック)(2013年7-9月期、前期比)

↑ ARIAの部数推移(2013年7-9月期まで)
↑ ARIAの部数推移(2013年7-9月期まで)


5%超えの下げ率を示したのは今四半期は皆無。前四半期に大きな下げを見せた「ザ・デザート」も、今回はマイナス2.7%に留まっている。スティーブ・ジョブズ氏の伝記を漫画化した作品が連載中の「Kiss」はプラスマイナスゼロ。

一方、少女向けコミック同様女性向けコミックでも、1誌大きな伸びを示しているのがある。この「ARIA」だが、こちらは「進撃の巨人」特需と断じて良い。2013年11月号から「進撃の巨人」のスピンオフ作品「進撃の巨人 悔いなき選択」の連載が始まっており(ただし同号ではプロローグのみ)、これが底上げの要因となった。次号以降の本格的連載により、どこまで部数が伸びるのかが見ものである。

かなりキツめな前年同期比


続いて算出するのは「前年同期比」の値。季節で生じる販売動向の変移を気にせず、年ベースでの雑誌のすう勢を確認できる値である。まず最初は少女コミック誌。
↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2013年7-9月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2013年7-9月期、前年同期比)

5%超えの減少は10誌。10%超えでも5誌。相当キツイ状況であることが確認できる。前四半期比で大きな伸びを示した「なかよし」も、前年同期比ではプラマイゼロ。落ち込んだ分の回復程度にしか持ち上げられなかったことが確認できる。「別冊花とゆめ」は「ガラスの仮面」特需による貯金をほぼ使い切ってしまったようだ。

続いて女性向けコミック。

↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック誌)(2013年7-9月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック誌)(2013年7-9月期、前年同期比)

こちらも少女向けコミック同様、思わしくない状況が続いている。ただし下げ幅の大きさではやや大人しめ。また「ARIA」の特需が年ベースにおいても大きなものであったことが分かる。他方、「ザ・デザート」の下げ幅は頭を抱える状態と表しても良い。直近の部数は5.5万部。そろそろ起死回生の手立てが必要なのだが……。



今四半期は男性向け・エンタメ系では横ばいか軟調にしても微少、経済系ではやや軟調の動きが確認されていた。少女・女性系コミックはどちらかといえば後者のパターンに該当しそうではある。

他方「なかよし」「ARIA」のように、特需効果によって大いに部数を伸ばした雑誌が登場したのも、今四半期の特徴。特に「ARIA」は単発展開ではなく、連載による底上げのため、中期的な上昇・状況の継続が期待できる。雑誌ジャンル、他の作品の系統との違和感を指摘する声もあるが、この戦略がどのような成果を見せるのかに注目したい。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー