多くは下落、一部で堅調化…諸種雑誌部数動向(2013年7-9月)

2013/11/13 08:30

社団法人日本雑誌協会は2013年11月7日に、同協会公式サイトにおいて四半期単位で更新・公開を実施している印刷部数に関して、直近の最新版となる2013年7月-9月分を掲載した。これは同協会側が許諾を受けている主要定期発刊誌の「印刷証明付き部数」をまとめたもので、各雑誌のすう勢を推し量る値としては精度が高く、しかも不特定多数が無料で検証できる貴重なデータとして知られている。今回は多種多様な雑誌の「前年同期比」を算出し、グラフを生成、それぞれの分野における市場動向を確認していく。

スポンサードリンク


写真メインの雑誌低迷感継続、ただしSPA!は伸びる…一般週刊誌


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項は一連の記事まとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で説明済み。必要な場合はそちらで確認をしてほしい。

まずは一般週刊誌。概して軟調。

↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)
↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)

↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2013年7-9月)(万部)
↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2013年7-9月)(万部)

今回計測分では前四半期に脱落した「FRIDAYダイナマイト」が復帰。以前言及した「雑誌そのものは継続中なので、該当期間にたまたま刊行誌が無かった可能性」が正しかったことになる。雑誌の刊行スタイル上仕方ないのだろうが、継続データが取れないという点ではいささか頭を抱える状況ではあるのだが。

前期比(前年同期比にあらず・グラフは略)でプラスは2誌で、状況はやや悪化。5%超のマイナスは4誌に及ぶ。特に「FRIDAY」の下げ幅がキツイ。写真をメイン、あるいは売り物としている情報雑誌の中では、「FRIDAY」以外に「AERA」も軟調さが続いているが、その一方で「SPA!」は今回プラスを示すこととなった。もっとも同誌は昨年頭以降、部数はほぼ横ばいで推移しており、類似雑誌の中では数少ない現状維持派に属している。今回も継続的な上昇への動きでは無く、イレギュラー的な動きである可能性が高い。

育児系はベビモが頑張る


続いて育児系雑誌。前四半期と似たようなグラフが生成されている。

↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)
↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)

育児系雑誌は少子化が進んでいるとはいえ、毎年一定数の新規市場加入者(妊娠者、出産者)があること、そして核家族化の進行で祖父母から育児のノウハウを学ぶ機会が減っていることもあり、それらの情報を取得する手段として注目されることから、幼児用教育誌と並び手堅いジャンルではあるはず。しかし状況は概して軟調。

その中で唯一群を抜いて奮戦しているのが「ベビモ(Baby-mo)」。今誌は季刊誌で該当期には1誌のみの発売だが、前四半期の7.0万部から7.4万部にまで売上を伸ばしている。今回の付録は「吸っても吹いても音が出る知育ラッパ」。大人が見聞きしても「おお!?」と驚かせるアイテムは、多くの子育て主婦の注目を集めたに違いない。

↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績
↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績

特に去年夏以降、大幅な売り上げ増を示しているのが印象的。今ジャンルにおける麒麟児的な存在となりつつある。

食・料理・レシピ系雑誌は昨今の食事情、具体的には震災後に特に顕著化した内食・中食をする人の増加と共に、需要は増えている、はず。しかし機動力・柔軟性が高いインターネット上のレシピサイトにお株を奪われているため、紙媒体の雑誌はその勢いに乗りきれないでいる。

↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)
↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)

↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2013年7-9月期まで
↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2013年7-9月期まで

今回期では「栗原はるみ haru mi」のみが大きく伸び、他の4誌はいずれも前年同期比で大きなマイナス。「栗原はるみ haru mi」は本人による付加価値、他には無いレシピの展開、つまり「オンリーワン」が雑誌展開の戦略として見事に成功している。

他方「レタスクラブ」「きょうの料理ビギナーズ」の下げ幅の大きさが目に留まる。中でも「レタスクラブ」は元々部数が大きく、その上でこの下げ率を示しており、危機感は極めて強い。上記グラフにもあるが、このまま推移すると、「レタスクラブ」「栗原はるみ haru mi」両誌の部数が逆転する時期もそう遠くは無い。

エリア情報誌は苦戦、犬猫雑誌は反転上昇へ


エリア情報誌。情勢は悪化の一途をたどる。

↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)
↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)

今回期も前四半期同様、全誌がマイナス。前回に続き「福岡」「東京」の2誌の下げ幅が大きいのが目に留まる。直近の部数はそれぞれ4.8万部・4.3万部で、復調の兆しも無い。紙媒体としてのエリア情報には、それなりの利点があるはずなのだが……。

ペットとしては常に対で紹介される「犬猫」それぞれの専門誌、「いぬのきもち」と「ねこのきもち」。こちらはエリア情報誌とは対照的な動きが確認できた。


↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)


↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2013年7-9月期まで)

写真投稿系ソーシャルメディアの普及、そしてスマートフォンの浸透に伴いデジタル写真が容易に撮影できるようになったことを受け、「自分のペット自慢」や「ペット関連の情報共有」のような飼い主の需要面における、インターネットへのシフト感は強まる一方。それに合わせる形で、両誌の部数は減退を続けていた。

しかしこの1年ほどの間は部数は横ばい、そして今四半期では反転の動きを確認することができた。特に「いぬのきもち」の上昇ぶりは注目に値する。この動きが数期続けば、本格的な上昇と見て良いだろう。

残された「小学一年生」「二年生」は…


最後に小学生向け雑誌。かつては各学年ごと、計6冊刊行されていた「小学●年生」シリーズだが、現時点では2誌しか残っておらず、「小学3年生」以上はすべて休刊。昨今では幼稚園関連の雑誌を加えてグラフを生成、動向を推し量ることにしている。


↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2013年7-9月、前年同期比)

「たのしい幼稚園」がわずかではあるがプラス。それ以外はすべてマイナス。主力の「小学一年生」が11.1%・「小学二年生」が5.8%のマイナス幅を示しており、相当厳しい状況ではある。一方、「入学準備学習幼稚園」のマイナス16.0%も気になるが、これは元々部数自身が少なめなので、振れ幅が大きく出てしまうのが一因。とはいえ安穏としているわけにもいかない。



以上ざっとではあるが、複数ジャンルにおける雑誌動向を確認した。概して低迷感は否めない。一方、一部ではあるが頼もしい成長ぶりを見せる雑誌達は、その多くが個性的で、競合他誌には、そしてデジタル面でも太刀打ちできない「オンリーワン」的な強みを持っていることが印象的。

デジタルにはデジタルの、リアルにはリアルの良い点がある。その利点を見極め、適切なかじ取りを行える雑誌が、数字を出している。そう考えれば、納得の行く結果ではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー