一誌頑張るクーリエ ジャポン…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2013年7月-9月)

2013/11/12 08:30

社団法人日本雑誌協会は2013年11月7日、同協会が四半期間隔で更新・公開している印刷部数において、最新値となる2013年7月から9月分の値を明らかにした。この値は主な定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」で示したものであり、第三者が提示したものとしてはもっとも公平で信頼でき、しかも誰もが容易に取得可能で精度の高い指標であることが知られている。今回はその値のうち、「ビジネス・マネー系雑誌」関連の値を確認してグラフ化を行い、状況の精査を行うことにする。

スポンサードリンク


「プレジデント」がトップに変わりは無いが…


データの取得場所の解説、「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項は一連の記事まとめ記事【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で解説しているので、必要な場合はそのページで確認をしてほしい。

それではまず最初に、2013年の7-9月期とその前期、2013年4-6月期における印刷実績をグラフ化し、状況を確認する。

↑ 2013年4-6月期と2013年7-9月期のビジネス・金融・マネー誌の印刷実績
↑ 2013年4-6月期と2013年7-9月期のビジネス・金融・マネー誌の印刷実績

今四半期では休刊、新創刊などによる増減誌は無し。そして対象誌の中ではいつも通り「PRESIDENT(プレジデント)」が群を抜く部数。さらに前四半期同様、青棒より赤棒の方が短い、つまりこの四半期で部数が落ち込んでいることが分かる。しかしながらその動きはほぼ一様で、各誌間の隔たりは大きく、他ジャンルのような順位変動は起きていない。

1誌のみ堅調、あとは軟調…前四半期比較


続いて各誌における四半期間の販売数変移を計算し、こちらもグラフ化を行う。約3か月の経緯で印刷部数(≒販売部数)の変化が生じたのか否かの割合を示すもので、通常は3か月程度では大きな変化は生じない、はず。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ビジネス・金融・マネー誌)(2013年7-9月、前四半期期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ビジネス・金融・マネー誌)(2013年7-9月、前四半期期比)

前四半期では「プレジデント」「THE21」「COURRiER Japon(クーリエ ジャポン)」が大きな上昇ぶりを示したが、今回は「COURRiER Japon」のみが残った。同誌は雑誌全体の不況の中では数少ない成長株で、最近では内容上の軌道修正について懸念を発する声もあるが、部数は堅調そのもの。今回該当期では特に2013年9月号の「人生の9割は、「捨てる」ことで決まる。」「海外に出る前に知っておきたい「マナー」と「タブー」」が好評だったようだ。

↑ COURRiER Japon印刷証明付き部数(2013年7-9月期まで)
↑ COURRiER Japon印刷証明付き部数(2013年7-9月期まで)

部数動向を見る限り、昨年後半以降順調過ぎる伸びを示している。このままの勢いが続けば、来年中には10万部の大台に乗せることも不可能では無い。他のビジネス・マネー誌には無い魅力が、同誌には盛り込まれているのだろう。

こちらも1誌が群を抜く…前年同期比動向


続いて前年同四半期の算出とグラフ化。いわゆる季節変動などを気にせずに、純粋な年ベースでの雑誌販売動向の推移を確認できる。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ビジネス・マネー系、2013年7-9月、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ビジネス・マネー系、2013年7-9月、前年同期比)

前四半期同様前年同期比でも「COURRiER Japon」が大きな上昇を示している。これは上記折れ線グラフからも分かるように、同誌が昨年後半から順調に部数を伸ばしており、それが年ベースの変動値にも影響を与えているため。それ以外では「THE21」がかろうじてプラス、それ以外は概してマイナス。特に老舗雑誌の「週刊東洋経済」「BIG tomorrow」の下げ方がキツい。



複数誌が大きく躍進し、マイナスを示した雑誌もその下げ幅が最小限だった前四半期と比べると、今回は「COURRiER Japon」以外は概してさえない展開となった。比較的大人しい動きにとどっていた「少年・男性向けコミック」「ゲーム・エンタメ系」とは対照的な動きである。景気動向は1年前と比べれば心理的な面も合わせマシなレベルではあるが、雑誌業界、特に今ジャンルにおいては、空っ風が吹き続けているように見える。

デジタル機器、特にスマートフォンの普及に伴い、紙媒体の必要性が相対的に薄れ、需要が低迷し、雑誌の販売部数が落ち込んでいくのは、どのジャンルでも変わりがない。しかしビジネスやマネー関連はスピーディーな情報の展開、検索の必要性の高さ、今現在との比較が必要不可欠であることを考えると、メディアシフトの動きは他ジャンルよりも加速度的な速さとなっても当然である。

一方、「COURRiER Japon」のように紙媒体で読むことにより重きを増す、手元に残しておきたいと思わせる内容を提供し、販売部数を伸ばす雑誌も確実に存在する。既存の資源、特質、個性を活かしながら、いかにデジタルでは無く紙だからこそ手に納めたいという、新たな付加価値を創造するか。それこそが、今のビジネス・金融・マネー誌には求められているに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー