「巨人」効果でPASH!が伸びる…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2013年7月-9月)

2013/11/11 11:30

社団法人日本雑誌協会は2013年11月7日付で同協会公式サイトにおいて、四半期のペースで更新している印刷部数の最新版となる、2013年7月から9月分の値を、公開データベース上に反映させた。この値は主な定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」で示したものであり、各雑誌の販売実態を知る指標として、各誌の独自公開による「公称」部数よりはるかに公平で信頼できるものでもある。今回はゲーム専門誌などをはじめとするゲーム誌、そして声優・アニメを取り扱ったエンタメ誌などで構成される「ゲーム・エンタメ系」のデータを精査していく。

スポンサードリンク


Vジャンプ独走体制に変化なし…だが!?


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項は一連の記事のまとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で説明をしている。そちらで確認のこと。

それでは早速、まずは最新値に当たる2013年の7-9月期と、その直前期2013年4-6月期における印刷実績をグラフ化して現状を確認する。


↑ 2013年の4-6月期と2013年7-9月期におけるゲーム・エンタメ系雑誌の印刷実績

今四半期では「アスキー(ドット)PC」が脱落。これは【『アスキーPC』休刊のお知らせ】にもある通り、同誌が6月24日売り・8月号で休刊してしまったため。1998年創刊以来15年にも渡り続いていた雑誌ではあるが、今後はムックや書籍で同じような主旨の情報提供・展開をしていくとのこと。

印刷部数そのものの絶対値としては、「Vジャンプ」の独走体制に変化はない。またアニメ系雑誌(三大アニメ誌「ニュータイプ」「アニメージュ」「アニメディア」)では「ニュータイプ」が一歩先んじている。ただしグラフの形状からも一目瞭然ではあるが、「Vジャンプ」の落ち込み方が非常に大きく、気が気でない状態。前四半期から10万部近い落ち込みを示しており、他誌の下落がかすんでしまう。

前四半期との相違を確認する


次に四半期、つまり直近3か月における印刷数の変移を独自に算出し、グラフ化する。季節変動などによる動きもあるが、ダイレクトな変化を知れる値である。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系雑誌)(2013年7-9月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系雑誌)(2013年7-9月期、前期比)

直上でも触れたが「Vジャンプ」の落ち込み具合が著しい。同誌は元々季節変動、というよりは対象となるソフトや作品による上下が大きいことで知られているが、これほどまでの下げはあまり見たことが無い。もっとも実情としては、前四半期で「遊戯王」の付録カードや『ドラクエ10』のアイテムコードにより大きく伸びを示しており、その反動も多分にあるのがせめてもの救いか。

大きく上昇したのは「PASH!」と「声優アニメディア」。前者は「進撃の巨人」の大特集や特大ポスター(8月号)、テレビアニメに連動する形で特集が行われた「Free!」(9月号)が大きなけん引役となった。後者は8月号の「声優パーフェクトガイド2013」や声優の水樹奈々嬢の付録ポスター・特集が功を奏したようである。特に「PASH!」は元々比較的堅調な動きを示していたが、今四半期で大きくその勢いを加速化することとなったのが注目に値する。

↑ PASH!印刷実績(部)
↑ PASH!印刷実績(部)

前年同期比で年ベースでの動きを探る


続いて前年同期比における動向を独自算出の上、精査する。「電撃プレイステーション」「マックピープル」など一部の雑誌は2012年10-12月期から情報公開を再開しており(それまでは2011年7-9月期を最後に情報の非公開化が行われていた)、現時点では前年同期比の値が算出できないため、グラフからは除外される。それが原因ではあるが、上記グラフと比べるとやや寂しい形となる。突発的事象が無ければ、次の機会から再び顔を見せることになる。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系)(2013年7-9月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系)(2013年7-9月期、前年同期比)

前四半期ベースで大規模な下落を示した「Vジャンプ」だが、年ベースでも比較的大きな減少を示している。そして他誌も軒並み10%以上の下げの中にあり、今ジャンルがあまり思わしくない状況にあることが再確認できる。

「PASH!」は前四半期比だけでなく、前年同期比でも大躍進。印刷実績動向の折れ線グラフからも分かる通り、まさに垂直上昇的な動きであったことが再確認できる。

アニメ三大アニメ誌だが、今四半期は「ニュータイプ」がやや軟調で、他の2誌は大きな変化なし。「アニメージュ」と順位の入れ替えが起きそうだった「アニメディア」は今回はプラス値を示し、「アニメージュ」との差はわずかながらも再び開く形となった。とはいえ、3誌間のパワーバランスに変化が生じている現状に変わりは無い。

↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2013年7-9月期まで)
↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2013年7-9月期まで)

直近値では「ニュータイプ」7万9300部、「アニメージュ」5万8100部、「アニメディア」5万9800部。ギリギリだがいまだに「アニメディア」が「アニメージュ」に競り勝っている。しかし部数差は2000部を切っており、ちょっとした特集効果で部数を伸ばすなどの動きがあれば、順位が逆転する可能性は十分にある。


先行する記事「少年・男性向けコミック誌」でも「月刊少年シリウス」が恩恵を受けたようだが、今ジャンルでも「PASH!」が「進撃の巨人」特需と思われる動きを示すこととなった。同誌はこれまでにも何度となく解説したように、紙媒体の雑誌の中では珍しく中期的にも成長過程にあるだけに、その効果も相乗的な形で得られたようだ。

他方「Vジャンプ」は前四半期の特需の反動もあるとはいえ、今回の下げは明らかに下方トレンドを示す値と判断できるもの。トップの座に君臨し続けてはいるが、気になるところではある。

ハードル「少年・男性向けコミック誌」の文末でも触れているが、紙媒体の雑誌の競合(金銭面、時間面で)となるモバイル端末、特にスマートフォンが普及を進めるに連れ、紙媒体の必要性が薄れている現状は否定できない。特に新技術への好奇心が強く、積極的に新しいものを取りこんで活用することに長けている若年層を主要ターゲットとしているゲーム・エンタメ系の雑誌は、厳しい戦いを強いられることになる。

単なる情報の羅列、これまでと同じ切り口では、新しいメディアには対抗しにくい。紙媒体ならではの、雑誌としての利点を見つけ、あるいはむしろ新メディアと共に歩めるような仕組み・工夫を見出し、積極的に取り入れていくことが求められている。ゲームやエンタメ系のジャンルでは、単なるコミックと比べれば比較的そのハードルは低いように思われるのだが。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー