北方領土問題認知度96.8%、テレビ・ラジオ、新聞が主な情報源(最新)

2019/01/02 05:20

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-1227内閣府は2018年12月21日、北方領土問題に関する世論調査の結果を発表した。それによると北方領土問題を知っている人は96.8%に達していることが分かった。ただしある程度以上の内容まで知っている人は1割強に留まっている。また今問題を何で知ったかの問いには9割の人が「テレビ・ラジオ」、7割が「新聞」と答えており、従来型メディアによる認知が圧倒的であることをうかがわせる結果が出ている(【発表リリース:平成30年度世論調査(附帯調査)】)。

スポンサードリンク


今調査は2018年10月18日から10月28日にかけて、全国18歳以上の日本国籍を有する人の中から層化2段無作為抽出法によって選ばれた人に対し、調査員による個別面接聴取法によって行われたもので、有効回答数は1663人。男女比は806対857、年齢階層別構成比は10代42人・20代127人・30代206人・40代286人・50代286人・60代300人・70歳以上416人。

「北方領土問題」とは北海道本島の東側に位置する、日本固有の領土である北方四島(歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島、択捉(えとろふ)島)が、ソ連/ロシアによる法的根拠を有さない状態での占拠が続いている状況に対し、日本への返還を求めている問題。「法的根拠」無くとは第二次世界大戦の末期1945年に、当時のソ連がその時点で有効であった日ソ中立条約を無視して対日参戦し、北方四島を占領、ソ連がロシアになった現時点でも占拠し続けていることを指す。またこの問題が存在するため、日ロ間では現在もなお平和条約は締結されていない。

↑ 北方領土とその周辺の地図
↑ 北方領土とその周辺の地図(【外務省:北方領土問題ページから】)

今調査結果によれば、北方領土問題における認知度は高く、調査対象母集団全体の96.8%が知っていると答えた。聞いたことが無い人は「分からない」も含め3.3%に留まっている。

なお前回調査までは単純に北方領土問題を知っているか否かを尋ねており、「現状」という但し書きは設問には無かった。そのため回答傾向も異なったものとなっており、連続性は無いため、前回調査までの結果は別グラフとして参考までに挙げておく。

↑ 北方領土問題を知っているか(-2013年)
↑ 北方領土問題を知っているか(-2013年)

↑ 北方領土問題の現状を知っているか(2018年-)
↑ 北方領土問題の現状を知っているか(2018年-)

設問の変更で大きな回答結果に差が生じている。恐らく2013年までの「内容をよく知っている」と回答した人も少なからずは、回答時の現状を問われたら「よく知っている」では無く「ある程度知っている」と判断したことだろう。

一方で5年前と比べれば、北方領土問題に関する話が露出する機会は少なくなっているのも否定できず、認知度合いが薄れている可能性は多々ある。2018年時点では北方領土問題が存在することを知っていても、現状を知らない人が31.3%いるのが実情である。

それでは「聞いたことが無い」「分からない」以外の人、つまり「北方領土問題」を何らかの形で見聞きした人(現状を知らなくてもよい)は、どのようなルートで知ったのか。それを複数回答で尋ねた結果が次のグラフ。これは見方を変えると、どのルートでの広報活動が「現時点では」有効なのか、積極的に行われているのかを知ることができる。

↑ 北方領土問題を何で知ったか(聞いたことがある人限定、複数回答)(2018年)
↑ 北方領土問題を何で知ったか(聞いたことがある人限定、複数回答)(2018年)

従来型メディアのうち「テレビ・ラジオ」が88.4%、「新聞」が58.3%と他のルートから群を抜いて高い値を示しており、北方領土問題は主にこの2経由で認知されていることが分かる。年齢階層別の詳細データを見ると中年層以上で特にこれらのメディアの回答率が高いことが確認できる。

↑ 北方領土問題を何で知ったか(聞いたことがある人限定、複数回答、一部、年齢階層別)(2018年)
↑ 北方領土問題を何で知ったか(聞いたことがある人限定、複数回答、一部、年齢階層別)(2018年)

また、類似問題の尖閣諸島(【尖閣諸島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)】)や竹島(【竹島を知った経由「テレビ・ラジオ」が95%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答(最新)】)の調査結果と比べると、「学校の授業」により知った人の割合が高い。北方領土は古くから問題視されており、歴史や地理などでも折に触れて語られてきた結果といえよう。

一方、主要従来型4メディアのうち「本や雑誌などの印刷物」は回答率が低め。これも尖閣諸島や竹島の問題同様、普段閲覧されている紙媒体では取り上げられる場面がほとんどないのが主要因。「テレビ・ラジオ」や「新聞」のように、他の普段から目にしている情報に織り交ぜて情報を提供するのが難しいため、このような結果が出ている。

「ホームページやインターネットのニュース」は18.8%だが、年齢階層別では若年層の値が高め。普段からのインターネットの利用頻度、活用度合いがそのまま反映されているものと考えられる。官公庁主導による啓発物の利用やイベントは1割足らず。現時点では行政サイドからのアプローチは、認知度を高める手法としては成功とはとても言えない結果となっている。

詳しくは別の機会で解説するが、広報啓発活動への参加促進に向けた取り組みとしては、官公庁においては従来型のイベントや啓発物もさることながら、インターネット関連の促進需要が高いことが確認されている。運動を主導するサイドとしても、時代の流れに合った対応が求められよう。


■関連記事:
【2月7日は「北方領土の日」】
【日本のアメリカ合衆国への親近感75.5%、対中親近感はやや回復(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS