内視鏡検査(胃カメラ)と胃がんの疑いと…(2)胃カメラ検査当日

2013/10/19 14:30

さて検査当日。診察着に着替えて待合室で待っていると自分の番号が呼ばれ、看護師の案内に従い検査予備室に。そこで小さなコップで胃の洗浄用の薬を飲まされる。サイダーのような、コメのとぎ汁のような、複雑な味。レントゲン撮影の際に飲まされたあの液体に近い感じはする。

スポンサードリンク


その後、本番の鎮静剤用の針を腕に刺されることになった。検査が終わるまでずっとそのまま針は刺しっぱなしのまま。針といっても細い針だけではなく、その針の先(腕とは反対側)に漏斗(じょうご)のようなものが付いている。自分の身体の中に機械が埋め込まれた感じがして、妙な気分になる。かつて入院していた際にも点滴などで似たようなことをしており、その感触が蘇ったからかもしれない。

その後、ノドの麻酔としてスプレーをノドに向けて何度か吹きかけられるが、この効果がてきめんで、のどの感覚があっという間にマヒした感じとなる。唾が呑み込めなくなり、思わず何度か咳き込む始末。

ともあれ、これで準備は万端整うこととになった。そして検査本室に移動させられ、いよいよ内視鏡検査へ。

本室ではまず機械がいくつも横に配されている専用のベッドに寝るように指示された。そして左を下にして横向けの姿勢を取れと、さらなる指示。その後マウスピースをつけられ、「鎮静剤を入れますよ、眠たくなりますからね」という看護師の説明。

当方は全身麻酔の経験がない。どのようなものか気になるところだったが、看護師の説明が終わるや否や、意識がすーっと引く感覚が襲ってくる。例えるならば睡魔のシャッターカーテンがするすると意識の中に降りてきたような感じ。通常床に入ってもなかなかこの域に達しない、かろうじて自我意識はあるものの、頭の中はほとんど寝ている感覚を覚える。

そしてマウスピースを介して胃カメラが投入され、色々と内部を検査したり、細胞を摂取したりしたようだが、自分では見ることが出来ないので詳しいことは分からない。ただもうろうとした中でも「自分はまだ起きている」という認識ははっきりとあり、カメラが身体の中で動いていたこと、身体の内部で何らかの複雑な動き(多分細胞の摂取だろう)があり妙な感覚があったことは認識できた。もっとも過去の鎮静剤無しで行った内視鏡検査のような拒否反応や苦しみはまったくと言っていいほど無かったのは幸いだ。

気が付けば胃カメラは取り除かれ、検査は終了しましたとの看護師の話があり、マウスピースも取り除かれた。でも意識はまだ「起きているけど何だか寝ているっぽい」状態に違いはない。ノド周りはマヒしたままなので、だらだらとよだれが出る。


【内視鏡検査(胃カメラ)と胃がんの疑いと…(3)検査直後の概説と詳細問診日までの日々】に続く

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー