新聞で一番読まれている面は? テレビ・ラジオ欄でも社会面でも無く…

2013/10/18 15:45

ライフメディアのリサーチバンクでは2013年10月16日付で「新聞に関する調査結果」を発表しているが、その内容によれば紙媒体の新聞購読者が普段もっとも良く読んでいる欄・面は「一面」だった。8割近くの人が「普段一面を読む」と答えている。次いで「社会面」「テレビ/ラジオ欄」「地域面」が続く。男女別では男女共に「一面」がトップに違いはないものの、男性は「経済面」「社会面」が続くのに対し、女性は「テレビ/ラジオ欄」「地域面」が続いており、男女間で新聞の購読場所性向に違いがあることが確認できる(【発表リリース:新聞に関する調査】)。

スポンサードリンク


一番読まれている新聞面は「一面」


今調査は2013年10月4日から9日に渡って、10代から60代の男女を対象にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1200件。男女比・10歳区切りで世代構成比は均等割り当て。

今調査に関する先行記事【紙の定期新聞購読者は4割、中堅層に進む新聞離れ】で解説した通り、今調査対象母集団では約2/3の人が紙媒体の新聞を読んでいる(頻度は問わず)。

↑ 普段新聞(紙媒体)を読んでいるか(再録)
↑ 普段新聞(紙媒体)を読んでいるか(再録)

そこでこの紙媒体の新聞購読者に対し、普段どの欄・面を読んでいるのかを尋ねた結果が次のグラフ。もっとも多くの人が普段から目を通している場所は「一面」で、74.3%だった。

↑ 普段読む欄・面はどこか(紙媒体の新聞購読者限定、複数回答)
↑ 普段読む欄・面はどこか(紙媒体の新聞購読者限定、複数回答)

次いで多いのは「社会面」の57.6%、その次が「テレビ/ラジオ欄」の51.2%。やや意外に思えるのは「地域面」で50.6%と高率をはじき出している。社会全般の、全国規模の話も知りたいが、自分の居住地域に身近で、場合によっては直接影響しうる情報を確認したい人の多さが再認識できる。【全国紙の地域別世帯シェア動向】【「全国紙」の都道府県別トップシェア新聞を地図化してみる(2010年下半期版)】でも解説しているが、都市部以外に住む人は概して全国紙ではなく地方紙を好む傾向が強い。地元に密着した情報の方が有益性が高いと判断しているからなのだろう。

スポーツや芸能といったエンタメ系への回答率はそれほど高くない。もっとも回答項目に「四コマ漫画」「社説」「連載小説」があれば、どれほどの回答率を示したのか、気になるところではある。

男女で大きく異なる新聞への注目内容


これを男女別で見たのが次のグラフ。

↑ 普段読む欄・面はどこか(紙媒体の新聞購読者限定、複数回答)(男女別)
↑ 普段読む欄・面はどこか(紙媒体の新聞購読者限定、複数回答)(男女別)

トップは「一面」で男女とも変わりが無い。違いがあるのは2位以降。男性は「経済面」「社会面」「政治面」など仕事と大いに関係がある場所が並んでいる。そして次に趣味趣向によるものが大きい「スポーツ面」が続いている。

一方女性は「テレビ/ラジオ欄」「地域面」が同列で並ぶ。「一面」でざっと社会全体の流れを把握した後は、自分の身の回りに直結するテレビやラジオの動向、そして地域社会に関する情報を取得するのを優先しているということになる。「社会面」はともかく、「経済面」「政治面」は男性と比べるとかなり低い値に留まり、「芸能面」では逆に男性の2倍以上の回答率を示している。男女とも新聞から情報を取得しようとしていることに違いはないが、その情報のベクトルの向きに差異があることは理解できよう。

最後に一つ注目したいのは「広告」。女性は男性の倍近くの割合で目を通している。これも新商品などのチェックという、自分に身近な情報の取得との観点では納得のいく値ではあるが、新聞に広告を出稿している側からすれば気になる動きといえる。女性の新聞購読率は61.7%なので、試算すると(新聞の購読の有無を問わず)女性の1割強は新聞の広告に普段から目を通していることになる。どの程度の注力かは別としても、新聞の告知能力の高さを改めて確認できる値といえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー