定期更新記事:国民生活に関する世論調査(内閣府)

2009/09/22 11:48

国民生活に関する世論調査(内閣府)

内閣府で毎年一回調査・発表される世論調査の一つで、調査時点の生活や今後の生活に関する意識、また家族や家庭などに関する意識、要望を多種多様な、時には調査時点の状況に合わせた内容も合わせて問い合わせ、データを収集し、行政の基本資料とする「国民生活に関する世論調査」のデータを基にした精査記事。

今件においては主に金銭関連の視点から問い合わせた項目に焦点を当てて、状況の確認と分析を行っている。また2011年から2012年については2011年に発生した東日本大地震・震災に関する分析記事も掲載している(2013年は調査項目そのものが無い)。

なお2012年分以降は「逐次更新型」のスタイルに執筆を改めており、最新データが逐次上書きされる形で掲載されている。

更新開始は2007年9月掲載、2007年分。一部旧ドメイン下(gamenews.ne.jp)での記事も存在する。2010年分はデータは存在するが記事の展開はなされていない。

スポンサードリンク


●以下「最新内容」反映記事--------------------
【政府への要望、社会保障に景気対策】
【「アリ」「キリギリス」どちらを選ぶ? 全体では3対6だが…】
【「節電」「防災」「絆」…震災後強く意識するようになったこととは?】
【「自分の資産・貯蓄に満足」4割強、高齢者ほどより満足に】


●以下2011年分--------------------
【「アリ」「キリギリス」どちらを選ぶ? 全体では3対6だが…(2013年)】
【政府への要望、社会保障に景気対策(2013年)】
【「自分の資産・貯蓄に満足」4割強、高齢者ほどより満足に(2013年)】


●以下2011年分--------------------
【「アリ」か「キリギリス」か、全体では3対6だが……】
【「自分の資産・貯蓄に満足」約4割、ただし50代までなら3割強】


●以下2009年分--------------------
【20・30代は5割強! 「キリギリスよりアリ」傾向強まる今の若者】
【満足派、所得4割・貯蓄3割強。お年寄りほど高まる傾向】
【自動車も食生活も住宅も そこそこ満足 今の若者】


●以下2008年分--------------------
【前年から21.8ポイント上昇・「物価対策をしてほしい」との声、急速に高まる】


●以下2007年分--------------------
【生活が先か貯蓄傾向が先か……「生活が水準が低い」人ほど貯蓄せずに「今を楽しみたい」傾向が強い】
【「生活に悩みや不安」過去最高の7割・「将来に不安」3割……若年層への不安が特に増加】
【全体ではキリギリス増加、若者は過半数が「アリ」派……生活への不安が若者層に広まる】


(最終更新日:2014.09.12.)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー