定期更新記事:子どものくらしとお金に関する調査(金融広報中央委員会「知るぽると」)

2009/09/22 14:33

子どものくらしとお金に関する調査

金融広報中央委員会「知るぽると」で5年おきに行われている、小学生から高校生までを対象にした、お金と子供の関係に関わる調査「子どものくらしとお金に関する調査」の結果を精査した記事。

調査の開始そのものが2005年と比較的新しい定期調査のため、2013年時点では2回分しか調査結果が存在しない。また、調査毎の内容が酷似していることもあり、今件記事は「逐次更新型」で記事展開が行われている(一部、該当項目が最新調査結果には存在せず、古い内容のままのものがある)。

また、5年おきの更新のため、子供周りの世界観、環境が現在とは大きく異なっている場合があることにも注意をしなければならない。例えば携帯電話の料金関連の記事では、調査当時は2010年から2011年当時の内容を示しているため、一般携帯電話(フィーチャーフォン)を対象にした料金額が出ている。しかし現在では多分にスマートフォンが所有されているため、当然利用料金、そして子供が負担する額もより大きなものとなっている。あくまでも調査当時の状況としてチェックをしていただければ幸いである。

スポンサードリンク


●以下「最新内容」反映記事--------------------
【中高生の携帯電話料金事情をグラフ化してみる】
【「安物買いの銭失い」知ってる中高生は約2割…お金のことわざの認知率をグラフ化してみる】
【金融クイズの正解率をグラフ化してみる】
【「カッコいい」「一番大切」「もっと大事なものがある」お金に対する三つの価値観を中高生に聞いてみました】
【「自分の貯金口座持ってる?」小学生でも半数近くが「あるヨ」】
【「お金を稼ぐ事はよくないこと?」中高生に聞いてみました】
【中学生のアルバイト感などをグラフ化してみる】
【中学生・高校生のおこづかい額をグラフ化してみる】


(最終更新日:2013.10.09.)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー