2013年8月度外食産業売上プラス2.0%・天候悪化なるも日取りと客単価上昇で4か月連続前年を上回る

2013/09/26 14:45

日本フードサービス協会は2013年9月25日付で、同協会の会員会社を対象にした外食産業の市場動向調査による、2013年8月度の調査結果を同協会内公式サイトで発表した。その内容によれば同月の総合売り上げは前年同月比でプラス2.0%であることが分かった。これは先月から4か月続いて前年同月を上回ったことになる。猛暑をはじめとした不安定な天候で客足減が懸念視されたが、日取りの良さが幸いし、ほとんど影響もなかった。加えて客単価がやや改善され、これが売上に貢献することとなった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

スポンサードリンク


今調査はファストフードやファミレス、パブレストランや居酒屋、ディナーレストラン、喫茶店などを対象に行われている。対象数は事業者数が223、店舗数は3万2116店舗。今月は前月と比較して事業社数・店舗数共に増加している。

全業態すべてを合わせた2013年8月度売り上げ状況は、前年同月比で102.0%となり、先月同様前年同月を上回った。今回月は平均気温が高く、地域によっては記録的な猛暑や豪雨、竜巻、台風の到来、水不足など天候が荒れ、客足への影響が不安視されたものの、前年同月と比較すると日曜日数は同じだが土曜日が1日多く、日取りの上では有利な月であったことから、実際にはほぼ前年並みの値に留まった。一方で暑さを受けてアイスクリームなどの冷や物がよく売れたこともあり客単価は多少伸び、これを受けて最終的な売り上げはプラスとなった。

業態別ではファストフードは先月から転じる形でやや好調。洋風では客単価が大幅に伸びたものの、客数がマイナス6.8%と大幅にダウンし、これが足を引っ張る形となった。牛丼チェーン店を含む和風は客単価がマイナス1.8%となったものの、客数は堅調でプラス6.3%となり、売上は4.3%のプラス。御三家のうち一社による主力商品の値下げの影響が、いまだに数字として表れているように見える。麺類は客数がプラス9.6%と順調で客単価の下落もマイナス1.2%と大したことが無く、売り上げを伸ばしている。しかしながら先月同様に店舗数の増加(プラス9.0%)が客数増加に貢献しているのに留意する必要がある。

ファミリーレストラン部門は全体の売上が4.0%のプラス。焼肉部門はファミレス部門内では一番の上げ幅となる9.7%の大幅なプラス。客数のプラス7.4%が大きく、昨年の風評被害の反動に加えて、客足の本格的な増加がうかがえる。


↑ 外食産業前年同月比・全店データ(2013年8月分)

荒れた天候で
客数減が懸念されたが
日取りもあり影響は少。
猛暑で客単価は底上げ。
ファストフードの洋風は
客入りの悪さ継続中。
ここ数か月の間(5月以降)、ファストフードの洋風(具体的にはハンバーガーチェーン店がメインとなる)の客入りの悪さは注目に値する。代わりに客単価が上昇している点から、高価格の新メニューの展開が数字に表れているように見える。牛丼チェーン店が属する和風部門でもよく見かける話だが、売上を底上げするために必要な要素「客単価」「客数」のほど良いバランス調整の最中らしい。現時点では客単価が突出し過ぎ(商品価格が高すぎ)、客数が落ちすぎている。売上維持にはお客側が慣れるのを待つか、あるいは単価を少し下げることが求められる。もっとも前者の場合、判断を見誤るとさらに客数が減ってしまうことになる。

為替レートの変動で輸入食材を用いているチェーン店を中心に、値上げの動きが本格化している。数年前の金融危機ぼっ発時における資源価格高騰の際の動きと似たような雰囲気が、業界内に浸透しつつある。これが客足にどのような影響を及ぼすことになるのかが気になるところ。また最近では中食を提供する小売店舗(とりわけコンビニ)の増加、健康志向がさらなる「外食離れ」に拍車をかけている。

一方で外食産業側も朝食メニューの充実によって、多忙な朝の時間帯に利用してもらうという「提案型サービス」の展開を始めるなど、新たな切り口で攻める動きも見せている。店舗の稼働率を高めるのは良い方策で、多くの企業では健康重視的なメニューを展開しているのも興味深い。

外食産業の動向はその内部だけでなく、周辺業界とのお客の奪い合いも合わせ、複数の産業と連動、あるいは影響を与えながら、色々な動きを示している。他業種との関連性も考察しつつ、今後も消費者の「食」を見つめていきたい。


■関連記事:
【定期更新記事:外食産業(日本フードサービス協会発表)】(今カテゴリの過去記事一覧)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー