スマホは高一3/4、高三6割…高校生の携帯電話所有状況

2013/09/15 14:00

通信添削事業などを展開するZ会は2013年9月12日に、SNS(ソーシャルメディア)に関する高校生の利用実態調査結果を公表した。それによると高校生で構成される調査対象母集団では、高校一年生で3/4、高校三年生で6割強がスマートフォンを保有していた。一般携帯電話(フィーチャーフォン)も合わせ、携帯電話そのものを持っていない人は学年を通じて5%前後に留まっている(【発表リリース:高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用】)。

スポンサードリンク


今調査の調査対象母集団構成や調査様式については、先行記事の【LINE6割強、ツイッター2割超、mixiは…? 高校生のSNS利用実態】を参考のこと。

今調査対象母集団に対し、携帯電話の所有状況(ここでは利用状況を意味する。自前で購入・料金支払いをしている他に、保護者に購入してもらった、利用料金を肩代わりしてもらっている場合も含む)について聞いたところ、携帯電話非保有者は5%前後に留まり、9割以上が所有していた。


↑ 携帯電話所有状況

高性能で使用料金も高いスマートフォンは、「高学年の方が保有率が高い」とのイメージを持つ人が多いだろうが、今調査ではまったく逆の結果が出ている。高一では75.0%(72.3%プラス2.7%)、高二では66.8%、高三では60.2%にまで下がり、学年差で14.8%ポイントもの差が出ている。その分高学年ほど一般携帯保有率が高い。

これは「スマートフォンの普及がこの一、二年で急激に進んだこと」「携帯電話を購入する・してもらうタイミングは高校に進学したタイミングが多いこと」「すでに一般携帯電話を所有していると、高校生の時点ではスマートフォンへの買い替えが認められない場合が多いこと」などの理由による。現在の高一は高校へ進学した際に、はじめての携帯電話としてスマートフォンを所有した事例も多い(新型機のほとんどがスマートフォンなのだから、選択の余地はあまり無い)。

ところが現在の高二、高三となるに連れて、それぞれの高校進学時(高一だった時)に一台目の携帯電話としてスマートフォンを所有する機会は、現在の高一よりは少なく、一般携帯電話を買い与えられる場合が多くなる。結果として現時点でもスマートフォンの保有率がやや低めに出ている次第である。「両方保有」が極めて少数なのは、高校在学中に一般携帯電話からスマートフォンへ買換えをする事例があまり無いからだと考えられる(別調査結果【スマートフォンの伸び率が…小中高校生のパソコン使用率や携帯保有率の変化をグラフ化してみる】でも、若年層へのスマートフォンの浸透がこの一、二年の間に加速度的に進んだことが確認できる)。

スマートフォンの急速な浸透はここ一、二年のことであり、学年とスマートフォン所有率の逆転現象は、この数年の間のみに起きる、特異な現象と考えられる。あと二、三年もすれば、ほぼ横ばい、あるいは学年が上になるに連れて多少ながらもスマートフォンの所有率が上がる形になるだろう。


■関連記事:
【小中高校生の携帯電話保有状況をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー