学生、外国人は減少中、法人は増加へ…賃貸住宅会社への来客層の変化をグラフ化してみる(2013年6月発表分)

2013/08/14 15:00

賃貸住宅の管理会社にて構成されている業界協会「日本賃貸住宅管理協会」が半年ごとに更新公開している【賃貸住宅景況感調査日管協短観】の最新版「賃貸住宅景況感調査日管協短観・2012年度下期(2012年10月-2013年3月)」がこの6月に公開された。その公開値を元に、各種賃貸住宅市場を管理会社の視点から推し量っている。今回は賃貸住宅管理会社に足を運ぶ客数の変化を確認していくことにする。

スポンサードリンク


各種調査要項などについては先行する記事【「情報誌」以外は堅調化…メディア別賃貸住宅業者への反応の変化をグラフ化してみる(2013年6月発表分)】に記載されているので、そちらを参照のこと。

賃貸住宅を管理する会社への来客層を「学生」「一般単身者(学生除く)」「一般ファミリー」「高齢者(65歳以上)」「法人」「外国人」に大別。その上で、それぞれの来客数(直接来店した人の数を意味する)の前年同期と比べての変化を尋ねた結果が次のグラフ。「一般単身者(学生除く)」「一般ファミリー」「高齢者(65歳以上)」「法人」の4項目で、「増加」が「減少」を上回る、ざっくばらんにいえば客足が伸びている状況が確認できた。


↑ 賃貸住宅管理会社に対する来客数の変化(2012年10月-2013年3月における、前年同期比で)


↑ 賃貸住宅管理会社に対する来客数の変化(2012年4月-2012年9月における、前年同期比で)(前回分、再録)

「メディア別賃貸住宅業者への反応の変化をグラフ化してみる(2013年6月発表分)」でも市場活性化の機運が見えることに触れているが、今件でも半年前の前回記事と比べると、緑部分が増え、オレンジ部分が減っており、市場に多少ながらも活気が戻っている感はある。「学生」「法人」の来客数の減り方は相変わらずだが……。

傾向がより分かりやすいように、DI値(増えた派-減った派)を算出し、グラフを作成する。


↑ 賃貸住宅管理会社に対する来客数の変化・DI値(2012年10月-2013年3月における、前年同期比で、増えた派-減った派)

半年前の記事のグラフと比較すると、前回マイナス値を示していた「法人」が大きくプラスに転じている。また「高齢者」こそやや値を落としたが、「一般単身(学生除)」と「一般ファミリー」は値を上乗せしており、来客数が増加した状況がうかがえる。

来店客全員がそのまま契約を果たすわけではない。しかし直接管理会社の関係者とのやり取りが成されること、ネットやチラシでは展開されない物件を紹介できる・される機会があることなどを考えると、来客の機会は多いにこしたことは無い。無論これらの項目該当者もインターネット関連による情報取得はしているが、それにも増して直接来場してより詳しく、出来れば現物を確認したいという気概が増加しているのだろう。

他方「学生」「外国人」に関してはここしばらくDI値のマイナス化が続いている。来店する余裕が無い、IT化が進んでいて来店する必要性を覚えないなどの理由が考えられる。また「学生」に限れば、【大学生の自宅・下宿割合の推移をグラフ化してみる】の解説の通り、大学生の保護者の財務事情から自宅通いが増えているという事情がある。これが学生の賃貸住宅への、不動産屋への直接アプローチが減少している一因とも考えられる。つまり来店だけに限らず、賃貸住宅の利用そのものが減っているということだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー