未就学児には何を飲ませるべきだろうか

2013/09/03 20:45

小学校に入学する前の未就学児は、甘いものを好み、あるいは大人の真似をして、ジュースや炭酸飲料を飲みたいとせがんでくる場合が多い。しかしいずれも、彼ら・彼女らにとって好ましい選択肢ではない。【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】【HealthDay】を介し、未就学児にとってより健康的で好ましい飲料に関する指南をしている。

スポンサードリンク


・未就学児に飲ませるべき飲料は、ごく普通の水、牛乳。これらは炭酸飲料やスポーツ飲料、果汁入りのジュースより好ましい。

・一日約1.5杯分の低脂肪分、あるいは無脂肪分の牛乳を飲ませるべき(ここでの「1杯」は約240cc。よって分量は360cc/日。これを3回に分けて飲ませる)

・軽食時、おやつ時には牛乳や水を用意する。

・果汁入りのジュースではなく、果物そのものを与えて食べさせる。例えばリンゴジュースではなく、リンゴそのものを食べさせる。

・もしどうしても果汁入りジュースを飲みたい、飲ませたいなのら、果汁100%のものに限定する。そして4オンスから6オンス(120ccから180cc)程度に留めておく。

AAP側が特に甘味系の飲み物を敬遠させているのは、糖尿病をはじめとした生活習慣病リスクが主要因。大人においてですら魅力的な飲料なのだから、分別のつかない子供にとっては、魔法のような味に思えてしまう。そして自らは分量の制限の歯止めはつけられないし、保護者もつい「自分=大人」の感覚で分量を考えてしまうため、特に糖分の点で摂り過ぎてしまいかねない(虫歯の懸念も生じる)。

お菓子好きなところを見れば分かるように、子供は(大人同様、むしろそれ以上に)甘いものが好き。これは「甘い食品はエネルギー源。積極的に摂取すべき」という、本能的な感覚に基づいて判断しているからだという。そしてそれらを食べると、当然嬉しそうな表情をする。だからといってその笑顔見たさに過剰な甘味、ジュースを与えたのでは、後々子供も保護者も辛い想いをすることになる。

保護者側も例えば、水を飲ませる際、単純に蛇口やペットボトルから注いで与えるのではなく、専用の容器(ウォーターサーバー)から注ぐことで子供の関心を引かせ、「何だかカッコイイものからの飲み物」と認識させ、満足感を与えるような工夫をしてみるのも一つの手立てではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー