「どーにゃつ」が本物のドーナツに変身・冷たい甘さの「どーにゃつ・ドーナツ」限定発売

2013/08/09 07:55

どーにゃつ・ドーナツフリューは2013年8月8日、アニメ「どーにゃつ」に登場するキャラクターをかたどったドーナツ「どーにゃつ・ドーナツ」をSBY渋谷109、SBY SHIBUYA 109 ABENO限定にて、同年8月15日から期間限定で発売すると発表した。価格は1つ200円(税込)。種類は「どーにゃつ」と「ローニャ」の2品目(【発表リリース:とろっと甘く冷た-い「どーにゃつ・ドーナツ」8/15より発売】)。

スポンサードリンク



↑ どーにゃつ・ドーナツ(左がどーにゃつ、右がローニャ)

アニメ「どーにゃつ」とは、ドーナツの形をした猫のような不思議な生き物「どーにゃつ」たちが、近未来の荒廃した東京で繰り広げる、いわゆる「ゆる系」SF冒険アニメ。人間という主が居なくなった東京で、彼らの猫らしい、それでいて不思議な物語が繰り広げられる。

どーにゃつ今回発売される「どーにゃつ・ドーナツ」は、アニメの上では田村ゆかり嬢が声優を務める「どーにゃつ」、そして椎名ひかり嬢が声優を務める「ローニャ」をかたどった2種類。ひとつひとつのドーナツを店頭で手作りして多種多様な動物(猫がメイン)の「どうぶつドーナツ」で有名な「イクミママ」との共同開発企画商品となっており、美味しさと可愛さを兼ね備えた商品が完成することとなった。

今商品も「どーにゃつ」たちの表情や体の模様などの表現を細部にわたってこだわりを持ち、店頭でひとつひとつ手作りしている。冷たくしっとりとした食感が特徴で、暑い夏にも見た目・味わい共に楽しめる商品となっている。

入手可能なのがSBY渋谷109、SBY SHIBUYA 109 ABENOのみなのが非常に残念な、愛らしいドーナツたち。同場所に足を運ぶ機会があれば、ぜひ一度味わってほしいものである。

なおこの「どーにゃつ・ドーナツ」は「猫」と「ドーナツ」の組み合わせということで、海外からも注目を集め、複数の画像ネタ系サイトにて紹介が成されていた。作成に手間がかかるが、国内展開はもちろん、海外展開をしても受け入れられるかもしれない。

(c)コザキユースケ/スクウェアエニックス・どーにゃつ製作委員会

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー