スマホユーザーがどれだけスマホに傾注しているかをグラフ化してみる

2013/08/09 14:45

博報堂DYホールディングスは2013年7月30日に、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」の第6回目に関する結果を発表した。その発表内容によるスマートフォンユーザーで構成されている調査対象母集団では、SNSをスマートフォンのみで利用している人は約2割いることが分かった。パソコン(PC)と両用している人は4割強ほどとなる。オンラインショッピングサイトではパソコンの利用率が高い一方、LINEのような無料通話・チャットでは4割強が「スマートフォンでのみ利用している」と回答し、PCのみの利用者は1割にも満たなかった(【発表リリース(PDF):「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第6回分析結果報告】)。

スポンサードリンク


ソーシャルゲームやチャットはスマートフォンがメイン


今調査の調査対象母集団の構成をはじめとした調査要項については、先行する記事【10代の75%は1日複数回スマホでSNSにアクセス…スマホユーザーのSNS利用実態】を参照のこと。

インターネット上の主要サービス別に、PCとスマートフォン、どちらのデバイス(端末、機器)を使っているか、あるいは該当サービスそのものを利用していないかを聞いた結果が次のグラフ。SNSは3割強が使用そのものをしていない、2割がスマートフォン経由のみ、7.8%がPCのみ、そして4割がPCとスマホ双方で利用している。


↑ インターネットサービスの利用デバイス(スマホユーザー限定)

ソーシャルゲームは利用者そのものが少ないが、利用者に限ると過半数がスマホのみの利用者となる。ソーシャルゲームはスマホのアプリ提供によるものが多いのだから、当然かもしれない。また若年層向けのタイトルが多く、若年層は後述するようにスマートフォンに傾注する傾向があり、結果としてスマホ経由利用者が多くなるとの考え方もできる。

「スマホのアプリによるものが多い」「若年層利用者が多いからスマートフォンのみの利用者率が高くなる」との考えは、無料通話・チャットにも当てはまる。利用者の過半数どころか2/3がスマホのみ。PCのみはわずかしかいない。

他方、画面の大きさが便宜性に大きく関わる商品口コミ・レビューサイトや、オンラインショッピングサイトでは、PCのみ・PCも利用する人が多く、スマートフォンのみの利用者はごく少数。実際の商品購入と大きく関わりうる情報のやり取りでは、慎重さが求められるため、より多くの情報を取得したいがための結果だろう。また中堅層以上が利用する場合が多く、必然的にスマートフォンへの傾注度・利用頻度が低くなり、相対的にPCの利用率が上がるのも一因かもしれない。

SNSの利用でも若年層はスマホ中心、中堅層以降はPCも多用


ネットサービスのうちSNSに焦点を絞り、細かい属性別に利用デバイスを確認したのが次のグラフ。


↑ SNSの利用デバイス(スマホユーザー限定)

全員がスマートフォンを所有しているが、一方でPCを(自由に)利用できる環境を有しているとは限らない。特に10代から20代は保護者に規制されたり、金銭的な事情から、インターネットへのアクセスはスマートフォン限定の場合もありうる。

またそれ以上に、はじめてのネットアクセスがスマホ経由だった場合など、ネットライフの主軸にスマホが据えられており、「ネット上で何か行う時には、まずスマートフォンを利用する」というスタイルの人も増えている。当然、10代から20代は「SNSを利用するのはスマートフォンのみ」という人も多くなる。

30代以降になると「スマートフォンのみ」の比率は大きく下がり、同時に「PCのみ」の比率は上昇する。他方「スマホとPCの併用」という両用スタイルは一定比率を維持しているのは興味深い。PCを使い慣れている人でも、スマートフォンの便宜性は見逃せず、併用するというところか(もっとも今件はスマホ所有者を対象にしているのだから、半ば当然かもしれない)

さらにSNSの利用性向そのものを見ると、10代・20代は9割前後、それ以降の世代は6割前後と大きな差異を見せる。そしてその差異分の多半は「スマートフォンのみでのアクセス者」という切り口で考えることもできる。先の記事「10代の75%は1日複数回スマホでSNSにアクセス-」でも「SNSはスマートフォンのみで利用する」という回答者が10代・20代でのみ突出していたことを思い返すと、やはり「スマホユーザーには10代・20代までと、それ以上との世代間に、利用性向の視点で大きな違いがある」と見るべきなのかもしれない。


↑ SNSはスマートフォンのみで利用(スマホユーザー限定)(再録)

そしてそれは多分、インターネットの主要窓口をPCと見ているのか、スマホと見ているのかということなのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー