平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数をグラフ化してみる(最新)

2019/08/01 05:14

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0731厚生労働省は2019年7月30日付で同省公式サイトにて、2018年分の簡易生命表の概況を発表した。そのリリースには日本の最新(2018年)の平均寿命をはじめ、各種平均余命など多彩なデータが公開されている。今回はその中から特筆事項として掲載されていた、特定の死因を除去した場合に平均余命がどれだけ伸びるかについての、前年2017年分との差を算出した「平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数」にスポットライトを当てることにする。日本の医療環境の整備や公衆衛生の成果と、高齢化社会の実態がおぼろげながらも見える結果となっている(【発表リリース:平成30年簡易生命表の概況】)。

スポンサードリンク


先に【日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)】でも解説したが、2018年時点の日本の平均寿命は男性81.25年、女性は87.32年。直近では2011年において3月11日に発生した東日本大地震・震災による影響で生じた、イレギュラー的な減少が確認できる。しかしその翌年2012年には男女とも再び平均寿命は延びる傾向に戻し、2013年以降はその流れを引き継いでいる。

↑ 平均寿命(日本、年)(1990年以降)(再録)
↑ 平均寿命(日本、年)(1990年以降)(再録)

この動きを再確認する意図もあわせ、また昨今の寿命の延びの現状を認識する目的のためか、今回の簡易生命表のリリースでは、報道発表用の概況版で「平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数」が数字付きで記されている。

まず「死因別寄与年数」だが、これは「該当死因を除去した場合、平均余命がどれだけ延びるか」を意味する。ゼロ歳を対象とした場合は、そのまま平均寿命の延びとなる。例えば2018年における男性・ゼロ歳における、死因としての悪性新生物を除去した場合、平均余命(寿命)は3.54年延びるとある。

そして今回提示する値・グラフは、その「死因別寄与年数」の2018年における前年比。直上でも解説した通り2011年には東日本大地震・震災が発生し、その影響が大きく2011年・2012年分のデータには生じていたが、それも2013年にはほぼ消えており、日本の寿命・死因状況は震災以前の状態に戻りつつある。それが別の切り口から分かるのが、次に示す図。参考までに震災の影響を確認できる2012年分も併せて掲載する(本当は震災当年である2011年のものが一番よいのだが、当年の簡易生命表では数字による死因別寄与年数の前年比の公開は行われていない。グラフのみに関する解説は【東日本大震災の地震起因による日本の寿命縮退度合い】を参照のこと。なお2011年における地震を起因とした平均寿命の寄与年数は、男性でマイナス0.26年、女性で0.34年となっている)。ちなみに両グラフでは縦軸の区分が異なる点に注意してほしい。

↑ 平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数(男女別、年)(2018年)
↑ 平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数(男女別、年)(2018年)

↑ 平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数(男女別、年)(2012年)
↑ 平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数(男女別、年)(2012年)

グラフ項目中「交通事故」「熱中症」「地震」は「不慮の事故」に内包されたもの。そして「悪性新生物・心疾患・脳血管疾患」(いわゆる三大成人病)は個々の項目をすべて同時に除去したものである。また2018年のデータでは2012年と比べて「地震」「熱中症」項目などが削除され、「大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)および解離」(大動脈が大きく膨らんだ状態になるのが大動脈瘤、大動脈の血管の内壁に亀裂が入って剥離状態となるのが大動脈解離)などが入っている。

この項目の変化は、2018年では地震による平均寿命への影響は、ほとんどゼロと認識してよいほどの状態になったことを意味する。2012年では寄与年数が、大きくプラスに振れていた状況からは大きな変化である(2012年が前年比で大きくプラスに振れたのは、その前年に当たる2011年で地震による不慮の事故者が多発し、結果として平均寿命を押し下げた反動によるもの)。また2012年、さらには今回掲載はしていないものの前年2013年時点では「熱中症」が存在していたが、2014年以降は消えており、少なくとも2014年以降においては熱中症による死亡者が、平均寿命に影響を及ぼすほどの数は発生しなかったことが分かる(記録的な猛暑となり「命の危険」が連呼された2018年でおいてですら、である)。

具体的項目では「老衰」「自殺(女性のみ)」が有意値としてのマイナス値を示している。これは2017年と比べて「老衰」「自殺(女性のみ)」を死因とする人が増えていることを意味する。また三大成人病による平均寿命はプラス(つまり平均寿命を延ばす)方向にあり、状況は改善に進んでいることも確認できる。さらに三大成人病以外では「悪性新生物(がん)」「脳血管疾患」「肺炎」でも大きな改善が生じていることが分かる。

資料では小数第二位までの有意値が数字として記されているが、それ以下のマイナス値を示している印として(つまり「−0.00」と表記されている項目)、男性は「肝疾患」「腎不全」「不慮の事故」、女性は「不慮の事故」が確認できる。ほんのわずかではあるが、これらの項目で寿命を縮める、状況が悪化する動きが見られたことになる。数字の上ではわずかには違いないものの、色々と気になる動きではある。


■関連記事:
【3分で出来るアルコール依存症チェック】
【アメリカの飲酒状況をグラフ化してみる】
【世代別成人喫煙率をグラフ化してみる】
【都道府県別喫煙率をグラフ化してみる(国民生活基礎調査)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS