女性に聞いた「何も参考にせずに作れる料理は何品目?」半数近くは「10品以内」

2013/07/29 14:45

クックパッドは2013年7月23日、女性の料理に関わる意識・実態調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団では、レシピサイトなどを参照せずに、自前の知識と経験だけで作れる料理の品目数は「1-10品」との回答者がもっとも多く45%に達していた。次いで「11-20品」が25%で続いている。レシピサイトや料理本などを参考にすれば作れる料理を合わせた場合、最多回答項目は「11-20品」となり、26%との結果が出ている(【発表リリース:クックパッド、料理に関する意識・実態調査を実施】)。

スポンサードリンク


今調査は2013年6月28日から30日に渡り、インターネット経由で行わている。有効回答数は1245人で、全員が女性。世代構成比は20代から50代までで、また未婚・既婚子供有・既婚子供無しで、それぞれ均等割り当てが行われている。調査機関はマクロミル。

レトルトやインスタントならともかく、世間一般に「料理」と呼ばれるものは、それなりの知識と経験と技術が無ければ作ることはできない(もちろん素材や道具は必要)。ましてや自分が「料理」の形で完成できる自信を持てる「レパートリー」にラインアップさせるためには、一定以上の完成度が求められる。今件はその「レパートリー」の数を尋ねている。

次のグラフは「料理本やレシピサイトなどを参考にせず、自分の知識と経験だけで作れる料理のレパートリー数」、そして「何かを参考にすれば作れる料理までも含めたレパートリー数」を回答してもらった結果である。知っているがまともな料理として繰り返し作るのは難しい、本を見れば作れそうな気がするが、作ったことはないなどの料理はカウントされないことに注意。


↑ 料理のレパートリー数

「そら」で創れる料理レパートリー数は「1-10品」とする人が最多で45%。次いで「11-20品」が25%。概算平均値は16品目で、多いか少ないか微妙なところ。主食以外に小物の惣菜まで含めて16品目だと、夕食のみに限定しても一週間位でローテーションが完了してしまいかねない。同調査の別項目で「料理に対する悩み」の最上位に「同じものばかり作ってしまう」が挙げられているが、理解はできる気がする。

これに「レシピサイトや料理本など、参考に出来るものを使えば」という条件を追加した場合、ボリュームゾーンは「11-20品」で26%。「21-30品」が22%となる。また「51品以上」の回答率が「そら」の5%と比べて16%にまで拡大しているのも特徴的。レシピを参考にしながら料理ができるのなら、レパートリーは飛躍的に拡大することになる。

ちなみに「参考にすれば作れる」まで含めた場合の概算平均値は26品目で、「何も見ないで作る」時と比べると10品多い。複数品目での組み合わせも考えれば、かなり幅は広がることになる。バラエティに富んだ料理を望む男性諸氏は、配偶者に積極的にレシピサイトや料理本を薦めるのも一つの手かもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー