子供の「テレビ漬け」を避けるための保護者向けヒント

2013/08/06 20:45

先日【子供の「テレビ観過ぎ」が引き起こしかねない問題とは】でも説明したように、テレビは魅力的な娯楽道具であるがゆえに、子供は過度の視聴に陥りやすい。必然的に子供にとっては、マイナスの影響を与えやすいものとして(特に保護者から)危惧されている。この問題について【アメリカ国立医学図書館の医療ガイドコーナー】では保護者に向けて、子供が適切なテレビ視聴を行うための複数のアドバイスを施している。

スポンサードリンク


・テレビ視聴の代わりになる行動、特に運動を子供に促す。

・食事時間や勉強時間、その他社会的な活動(親子の団らんなど)の時間帯はテレビを消す。

・子供への読み聞かせ、あるいは共に読書を積極的に行う。

・平日の夜はテレビ視聴時間に制限を設ける。子供が本当に見たい番組を選んで観るようにする(「だらだら視聴」をさせない)。これは子供にとって「物事を選ぶ」「取捨選択のために考える」訓練にもなる。

・子供と一緒にテレビを観る。このことで子供が何を観ているのかだけでなく、コマーシャルについてどのような想いを抱いているのかを知ることもできる。そして内容について子供と対話・討論することにより、子供は親子間の対話により楽しさを覚えるかもしれない。

・保護者自身がテレビ視聴時間を制限することで、子供に良い見本を示す。

・テレビと子供に関する詳細な情報を取得し、学ぶ。(原文はアメリカのものなので、ここでは【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】を推奨している)

・子供のテレビ視聴を「ごほうび」的なものとし、何らかの「良い行動」に対してテレビ視聴時間を与えるライフスタイルを取り入れる。例えば「1ポイント10分」とし、「寝坊せずに早起きしたら2点」「犬の散歩をさせたら1点」「玄関の掃除をしたら3点」という具合。子供に対して家事をすることの必要性を学ばせると共に、テレビ視聴の自己コントロールを行わせることができる。

テレビはあまりにも魅力的で、特に子供には打ってつけの娯楽なため、保護者が注意しないと、言葉通り「テレビ漬け」となってしまう。多感な時期の子供にとって、これは良い状況ではない。

上記で挙げられているアドバイスは、単に「テレビを観てはいけません」ではなく、その代替を多様な方面で用意したり、規制そのものを他の行動と結びつけて子供に「楽しさ」として体感させるなど、多様な工夫がなされている。この切り口はテレビ視聴に限らず、他の対象、例えばゲームや携帯電話の利用にも応用できるものである。

残念なのは「テレビと子供に関する詳細な情報の取得場所」として原文で指示されている「アメリカ小児学会」に該当する公的機関が見つからないこと。日本にももちろん「日本小児科学会」はあるが、テレビに関する専門ページは無く、調べた限りでは10年ほど前に「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」との提言が確認された程度である(原文は現時点では確認できず)。

子供を育てる保護者のための指針となるような、バックボーンが確かで、多種多様な方面に及ぶ公的情報の集約場所が望まれるところだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー