純増数最上位SBM継続、ドコモは5か月ぶりにマイナス(2013年6月末携帯電話契約数)

2013/07/06 10:00

電気通信事業者協会(TCA)は2013年7月5日付で、2013年6月末時点における日本国内の携帯電話、PHSの契約数を発表した。その公開値によれば同年6月末時点の携帯電話の契約数は主要3社合計で1億3329万1300件となり、前月比で0.4%のプラスを示したこととなった。純増数ではソフトバンクモバイルが24万8100件の増加で、主要3グループ中トップの座を継続。またNTTドコモはマイナス5900件と、今年1月分以来5か月ぶりにマイナス値を示し、他2社と比べて苦戦が続いている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


二極化する最新動向


2013年6月末時点の主なデータは次の通り。

・携帯電話3社全体……1億3329万1300件
・事業者別
 NTTドコモ……6162万3200件(-5900)
 au(KDDIなど)……3837万8100件(+23万2200)
 ソフトバンクモバイル……3329万0000件(+24万8100)
 イー・アクセス……(非開示)

↑ 携帯電話契約件数(万台)(-2013年6月)


↑ 携帯電話契約件数(増減)(-2013年6月)

NTTドコモは夏のモデルについていわゆる「ツートッププロモーション」(「エクスペリア」「ギャラクシー」の最新機種を優遇、割引販売を行う)を展開し、セールスに力を入れたものの、「応援学割」の新規受付の終了や一般携帯電話(フィーチャーフォン)からの移行組の取り込みにやや難があり、5か月ぶりに契約数を純減としてしまう。

【ドコモのデータ公開ページ】で確認すると、2013年6月単体でのXi(クロッシィ)(LTE)純増数は93万4100件となり、先月からはやや減少したものの、夏モデル攻勢の勢いは継続。一方でFOMAの契約数は94万0000万件の純減となり、人数の上ではいくばくかの取りこぼしが生じている計算になる。

ソフトバンクモバイルは先月から継続し、主要3社では純増数トップ。auとの差異が縮まりつつあるが、最上位には違いない。今や定番的な立ち位置だが、これは2012年1月以来18か月連続しての記録となる。iPhoneのセールスの良さは相変わらずで、回線状況の改善化アピールも貢献したようだ。

KDDIはその回線状況について通信障害が相次いではいるが、料金の割引キャンペーンをはじめとした施策、そしてiPhoneの堅調さがあり、契約数増減は先月より上乗せ。ソフトバンクモバイルにその値を近づけつつある。

大手企業間の往来動向



↑ 2013年6月時点での3社間契約者数比率
TCA上では非公開だが、MNPはドコモが転出超過(マイナス14万6900)、ソフトバンクモバイルとau(KDDI)は転入超過状態(それぞれプラス5万9900、プラス8万5300)にあり、ドコモ利用者の大部分がソフトバンクモバイルとauに流れている(残りはごく少数がイー・アクセス)。今月も先月からの継続で、auへのMNP利用者がMNPによるドコモからの移行組の過半数を占めている(6割近く)。iPhoneへの乗り換え組は、新規参入のauの方がより気になる対象のようだ。

データ通信のみのワイヤレスブロードバンドのUQ WiMAXを展開する【UQコミュニケーションズ】の純増数は、今回月は4万0700件。累計数は422万2300件と上記3社のうち1社の、さらに1割程度の規模(3社合計契約数で比較すると3パーセント強)。昨今では成長の勢いは減退しているものの、契約数は確実に増加中。

今後の流れ


今回月はNTTドコモが2013年1月以来5か月ぶりの純減となった。過去1年間で純減を経験したのはこれで3回目。その中では一番減少幅が小さいが、マイナスには違いない。最近の同社はことあるたびに「iPhone参入か」との話が持ち上がるが、これだけ噂話が繰り返され、それが現実のものとならないと、さすがに真実味も薄れてくる(あるいはそれほどまでに内部でつばぜり合いが起きているのかもしれないが)。

auとソフトバンクモバイルはiPhoneでの堅調さが継続。前者は割引キャンペーンや新規参入による新鮮味をアピールし、後者は安定性の改善を大きく喧伝し、それぞれ自社のiPhoneのプッシュを続けている。

日本の携帯電話市場の昨今はまさに、iPhoneをキーポイントとして二極化した感はある。その状況に変化をもたらすのは、果たしてどのような出来事なのだろうか。上記円グラフにもある通り、現時点ではドコモが今なおシェアトップを示しているものの、次第にその比率は下がりつつある。起死回生を狙うタイミングとしては、そろそろなのだろうが……。


■関連記事:
【「圧倒的じゃないか、iPhoneは」…中高生が望む携帯電話、トップはiPhone】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー