PCメイン、迫るスマホ…家庭内での子供のインターネット利用状況(2013年発表)

2013/07/09 11:30

総務省は2013年6月14日、平成24年(2012年)時点での各種状況を調査した結果をまとめた、日本のインターネットや携帯電話など各種情報通信に関わる報告書「通信利用動向調査」を公開した(【発表ページ:通信利用動向調査】)。今回はその公開値を基に世帯単位での子供のインターネット利用状況について、昨年の同主旨の記事の様式に沿う形で、グラフを作成して現状を探ることにする。

スポンサードリンク


中学生では約9割が自宅内ネット利用、スマートフォンの大幅な伸び


今調査の調査要項の詳細は、「通信利用動向調査」を素材として用いた精査記事の中で先行掲載の【光回線浸透継続と意外なモノの伸び-自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる(2012年分反映版)】で解説済み。そちらで確認のこと。

まずは子供の世代(学校種類)別、子供のインターネット利用状況。なお以降のグラフでも同じことがいえるが、今件は回答者の保護者が把握している範囲での動向。例えば家庭外(友達の家や学校の端末)での利用は、回答には反映されていない。また「インターネットの利用」にはパソコン以外に一般携帯電話・スマートフォンなどによるものも含む。


↑ 子供のインターネット利用状況(自宅・家庭内把握範囲)(2012年末)(各世代の子供がいる世帯対象)

小学生未満は20.9%。これが小学校に入学すると4割近くに倍増、中学生に至ると9割近く、高校生になるとほぼ100%となる。昨年の結果と比べると一部でイレギュラーが生じているが、ほぼ全世代で値は上昇しており、子供の時分からのインターネット接触が年々積極的になっていることが分かる。

続いてこれらの「インターネット利用」がどのような機器で行われているのかを見ていく。大きく「自宅のパソコン」「一般携帯電話(フィーチャーフォン)」「スマートフォン」で区分しているが、各世代のネット機器の利用状況がつかみ取れる。


↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2012年末)(主要機器別)(各世代の子供がいる世帯対象)


↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(主要機器別)(再録)

小学生未満でも自宅内のパソコンを使い、インターネットにアクセスさせている世帯は約1割。スマートフォンは12.2%とほぼ同数。これが小学生となると3割強にまで増加する。以後中学生・高校生は7割強と、多くの子供たちが自宅のパソコンを用いてインターネットへアクセスしている。

興味深いのはモバイル系端末利用率。一般携帯電話は小学生までは低めだが、中学生では1割強、高校生となると3割が利用している。昨年と比べれば減少しているものの、まだそれなりの値を示しているのは、1年では買い替えが進み切ってはいないのに加え、保護者側が「より安全な」一般携帯電話のみを許可している事例もあると考えられる。

そして何よりも注目すべきなのはスマートフォンの利用。未就学児でいきなり1割を超え、中学生では1/4超、高校生では6割を超えている。前回の値と比べて、いずれも2-3倍増となっており、すべての世代で一般携帯電話を凌駕する値を示している。【スマートフォンの伸び率が…小中高校生のパソコン使用率や携帯保有率の変化をグラフ化してみる】でも記したが、(本人所有か保護者と共用かは別として)未成年者におけるスマートフォンの急速な普及ぶりがあらためて確認できる。

子供向け一般携帯電話はより少数に


最後は一般携帯電話の種類について。スマートフォンと比べて機能が限定されている、見方を変えれば安全性が高い一般携帯電話では、普通の機種以外に子供専用(アクセス制限機能など保護者の規制意向を反映できる仕様)が各企業から発売されている。その利用実態は次の通り。


↑ 子供のインターネット利用状況(複数回答)(自宅・家庭内把握範囲)(2011年末)(携帯電話の種類別)

いずれの世代でも通常の一般携帯電話の方が、子供向けよりも多く用いられている。そして歳を重ねるにつれてその差異は大きくなる。すべての保護者・子供との間で機能制限が望まれているわけでは無く、子供が大きくなるに連れて自己判断で任せる事例が増えてくる。その分、差が開いてくるのだろう。

また昨年の値と比較すると、一般携帯電話の利用率そのものが落ちていることもあり、子供向け・通常双方で値が大きく減少している。その分スマートフォンに移行しているのは明らかだが、そちらではフィルタリングをはじめとした利用制限は、専用のアプリケーション上で行っているものと考えられる。



子供のインターネット接触機会の増大は、一般携帯電話からスマートフォンへと、後押しの主役が代わりつつある。今後この動きはさらに加速し、来年分の値では「パソコン以上にスマートフォンを使っている」世代も現れるに違いない。

固定された場でのパソコンと異なり、利用者本人しか閲覧できない状態でアクセス可能なスマートフォンの普及と共に、子供に対するインターネット利用時の注意事項、倫理など、各種啓蒙の必要性も、今まで以上に高まっていく。保護者や各教育機関は、十分に留意することが求められよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー