定期更新記事:メディア定点調査(博報堂)

2009/09/22 13:28

メディア定点調査(博報堂)
メディア定点調査

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が毎年夏前に発表する、「メディア定点観測」の抜粋版をまとめた記事。各主要メディアの利用性向、特に4マスとインターネット関連の動向が分かる内容となっている。


更新開始は2009年6月掲載・2009年分。

スポンサードリンク


●以下2014年分--------------------
【「携帯やスマホ操作しながらテレビ観る」62.9%(2014年)】
【スマートフォン所有率は59%、タブレットは21%にまで躍進(2014年)】
【携帯・スマホで2割近く、PC減るもタブレットが補完…メディア視聴時間推移(2014年)】
【モバイルは大きく増加、ラジオ・新聞・雑誌は減少中…メディア接触時間推移(2014年)】


●以下2013年分--------------------
【「ケータイ操作しながらテレビ観る」48.7%(2013年)】
【スマートフォン所有率は45.0%、女性は30代まで過半数(2013年)】
【携帯だけで14.3%、PC減少続く…メディア視聴時間推移(2013年)】
【さらに増加のモバイル利用、減るテレビとPC…メディア接触時間推移(2013年)】


●以下2012年分--------------------
【スマートフォン所有率は31.0%、男性20-30代は5割超え(2012年)】
【携帯だけで初めて1割超、PCネット接続も減少へ…メディア視聴時間推移(2012年)】
【増えるモバイル利用、目立つ男性若年層のテレビ離れ……メディアへの接触時間推移(2012年)】


●以下2011年分--------------------
【スマートフォン所有率16.5%、男性20-30代は3割超え(2011年)】
【パソコンと携帯で3割超、テレビは4割強だが漸減続く…メディア視聴時間動向(2011年)】
【さらに減る「テレビ」「新聞」、増える「ネット」…メディアへの接触時間推移(2011年)】


●以下2010年分--------------------
【SNS利用性向、若者から中堅層に拡大。若年女性はPCから携帯重視へ(2010年)】
【テレビの好印象続く、次いでPC-ネット周りでは若年層に変化の兆し(2010年)】
【不景気でテレビ時間も増加、メディア視聴の構成率は変化継続(2010年)】
【男性10-30代は「テレビよりインターネット」・年齢差が開くメディア接触時間(2010年)】


●以下2009年分--------------------
【SNSは若者から中堅層に浸透中、流行中心10代はPCからケータイへ?(2009年)】
【10代男性4割・女性7割近くは「ケータイ小説読んだことアリ」-広まりを見せる携帯小説(2009年)】
【好印象、テレビが一番・パソコン二番。雑誌は意外にパソコン・ケータイに近い?(2009年)】
【ついに「テレビよりインターネット」の世代登場・年齢差がきわだつメディアへの接触時間(2009年)】
【不景気でテレビや雑誌も人気回復? メディア視聴時間全体も増加傾向に(2009年)】


(2014.09.15.更新)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー