じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/07/28 04:50

携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方合わせて。以下同)が人々の生活において欠かせぬ存在となり、利用層がますます広域化し、それこそ老若男女を問わずに利用されるようになるに連れ、その携帯電話の利用によって生じる金銭的負担は当然増加する。昨今では従来型携帯電話から、より負担が大きいスマートフォンへの世代シフトも起き、それも負担増の一端として影響を与えている。それでは実態としてどれほどの金額が使われ、家計にどの程度の負担・影響を与えているのだろうか。その点について総務省が2016年7月22日に発表した「通信利用動向調査」の公開値などを元に検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる】で解説済み。必要な場合はそちらを参考のこと。……とはいえ今件では「通信利用動向調査」はあくまでもきっかけにすぎず、実内容としては【総務省の家計調査(総世帯データ)】を用いている。このデータより電話通信料と世帯消費支出を抽出した上で、各種値を当方で自己算出し、検証を行う。なお「世帯消費支出」とは税金や社会保険料を除外した、「世帯維持に必要な支出」を意味している。

まずは電話通信料の推移。固定電話(据え置き型の電話。IP電話なども含む)通信料は毎年減少している。携帯電話の利用が増え、固定電話の利用者そのものが減少しているのに加え、IP電話やCATVサービスによる電話の普及で、利用料金が抑えられているのも理由の一つ。最近では固定電話そのものが無い世帯も増えており、それも固定電話料金減退の一因となる。

一方移動電話通信料は便宜性の向上などを受けて携帯電話の普及率が底上げされ、その分増加を示している。また、単体の通信料も冒頭で触れている通り、従来型携帯電話からスマートフォンへと利用端末機種のメインがシフトするに連れ、増額に拍車がかかることになる。

今件グラフのカバー範囲、2003年以降では、2005年にイレギュラーがあったものの、概して通信料総額は漸増、そしてその中でも移動電話通信料が額・比率共に増加傾向にある。ただし2008年以降は伸びが緩やかになり、2010年は(リーマンショックの影響もあるのだろう)わずかながら総額、そして移動電話通信料単体額も前年比からマイナスを示す場面を見せている。

↑ 電話通信料推移(総世帯、円、年間)(-2015年)
↑ 電話通信料推移(総世帯、円、年間)(-2015年)

他方、世帯消費支出は収入・可処分所得の漸減(【収入と税金の変化をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))】で解説済み。社会保険料の増大が大きな要因)などの理由から微減を続けている。電話通信料は横ばいあるいは多少だが漸増、世帯消費支出は漸減となれば、当然「世帯消費支出に占める電話通信料の比率」は少しずつ、そして確かに増加の傾向を示すことになる。

直近の2015年は消費支出は減少、そして電話通信料は増加したことを受け、比率は3.97%となり、前年比で0.20%ポイント増となった。これはグラフ領域内では最大値で、間もなく4%に手が届くことになる。

↑ 世帯消費支出と、世帯消費支出に占める電話通信料の割合推移(総世帯、円・%)(-2015年)
↑ 世帯消費支出と、世帯消費支出に占める電話通信料の割合推移(総世帯、円・%)(-2015年)

電話通信料の金額、消費支出に対する比率、さらには家計への精神的な負担のプレッシャーが共に上昇を続けていることに違いは無く、自分自身の利用はもちろん、保護者が子供に携帯電話を持たせる際にも、料金周りでより厳しい目を向けるのも当然となる。何しろ子供の大半は、子供自身が使った携帯電話の料金を自分のこづかいからは支払わず、保護者任せにしているのだから。

↑ 自分のおこづかいで携帯電話(スマートフォン含む)の使用料を支払っているか(2015年、無回答を除いて再計算)(おこづかいをもらっている人限定)
↑ 自分のおこづかいで携帯電話(スマートフォン含む)の使用料を支払っているか(2015年、無回答を除いて再計算)(おこづかいをもらっている人限定)(【携帯電話料金とおこづかいの関係を探る】から再録)

もちろん携帯電話会社各社でも、定額制の利用を勧めるなど、対応策を講じている。そしてその定額制自身も「あまり使わない場合は定額そのものも上限までの範囲で安くなる」数段階に分ける方式を取り入れるようになっている。

↑ パケ・ホーダイ ダブルの事例(NTTドコモ)
↑ パケ・ホーダイ ダブルの事例(NTTドコモ)

上記はNTTドコモによる定額サービスの一つ「パケ・ホーダイ ダブル」の料金体系事例(【パケ・ホーダイ ダブルとは】)。iモードなら使いまくっても上限の4200円まで、スマートフォンでも5700円まで(128K通信)。使わない月ならばそれ以下の料金(最低でも372円はかかる)で抑えられる次第。ただしスマートフォンで利用した場合は短期間で上限に達してしまう可能性が高く、その場合は最初から定額だが金額が安い「パケ・ホーダイ フラット」の方が安上がりになる。

この類の定額制度は頻繁に内容が改編、追加されるため、利用者本人が気が付かないうちにその制度が旧態化し、より便利でお値打ちな制度が施行されている事例は多々ある(当方もその経験者の一人)。より効率的、負担が軽い料金体系を利用し続けるため、逐次利用プランの見直しは必要だろう。

また昨今ではいわゆる「格安スマホ」(MVNO(仮装移動体通信業者)が提供しているSIMカード(格安SIM)を用いたスマートフォン)も急速に普及しはじめている。スマートフォンを使いたいが料金体系を考えると躊躇していた人の新規調達、通常のスマートフォンの利用料金で頭を抱えていた人などが乗り換えるケースなど、状況はさまざま。今後さらに普及が進むであろうことは容易に想像ができよう。



多機能性を誇るスマートフォンの普及に伴い、携帯電話はこれまで以上に便利なツールとして、日常生活においては必要不可欠な存在となりつつとある。これは平時はもちろん非常時でも変わらず、その重要性は先の震災でも実体験した人も多いはず。それだけに、一度使い始めたらその利用を止めるのは難しい。上記のような料金体系を巧みに使い、少しでも負担を減らしたいものである。

一方で、インターネットにアクセスできる機動性の高い携帯電話の有意義性は十分以上に認識しながら、スマートフォンクラスの充実した機能を求めない層も一定率存在するのは事実。コストパフォーマンスでそろばん勘定をした場合、従来型携帯電話クラスの機能の方が割が合うと判断する次第である。これらの層の需要に応え、かつ今後部品不足が深刻化する従来型携帯電話の代わりとして、OSなどはスマートフォンのものを用い、形状や機能は極力従来型携帯電話を踏襲し、料金体系も従来型のものをそのまま使える、あるいはそれに近いプランを用意する、「ガラホ」なるものが複数社から展開を始めている。また上記で説明した「格安スマホ」も今後大きな勢力となることだろう。


■関連記事:
【親が願う理想の「子供の携帯使用料金」は月3300円。それでは現実は……?】
【スマートフォンとタブレット機、月次支払額はいくら位?】
【中高生の携帯電話料金事情をグラフ化してみる(2016年)(最新)】
【ナルホド納得、携帯電話の利用料金を減らすための工夫たち】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー