若年層は8割前後まで…米成人のスマートフォン所有率を詳しく見ていく

2013/06/13 08:45

米大手調査機関として知られている【Pew Research Center】が2013年6月5日に同社公式サイトにおいて発表した、米国内でのスマートフォンの所有性向に関するレポート【Smartphone Ownership 2013】によると、調査対象の米成人のうち56%はスマートフォンを所有していることが分かった。さらに30代前半までの若年層では8割前後という高い所有率を示している。今回は性別、世代別、学歴別などの詳しい属性別における、同国のスマートフォンの心頭具合を見ていくことにする。

スポンサードリンク


今調査は2013年4月17日から5月19日に渡って、RDD方式で選ばれたアメリカ合衆国内に住む2252人の18歳以上の男女に対し、電話を用いたインタビュー形式で行われている。固定電話で回答した人は1125人、携帯電話は1127人(うち固定電話非保有者は571人)。携帯電話(スマートフォンと一般携帯電話(フィーチャーフォン)双方を意味する)所有者率は全体の91%。言語は英語とスペイン語が用いられた。また、インターネットユーザーは1895人(84%)。各取得データは国勢調査の結果に基づき、ウェイトバックが行われている。

以前先行する記事で解説した通り、今調査対象母集団では56%がスマートフォンを所有している。


↑ 携帯電話保有性向(米、18歳以上対象)(再録)

この「全体で56%」という値に関して、もう少し詳しく見たのが次のグラフ。性別・世代別・学歴別・世帯年収別・居住地域別に区分してある(原文では当人人種別の区分もあったが、これは省略する)。


↑ スマートフォン保有性向(米、2013年5月)

まず目を見張る値を示しているのは、若年層の高保有率。18-24歳で79%、25-34歳で81%となっている。ほぼ5人に4人までもがスマートフォン持ち(繰り返すが「携帯電話保有者中」ではなく「該当属性中」。つまり18-24歳全員のうち79%がスマートフォンを持っていることになる)。以前【スマートフォンの伸び率が…小中高校生のパソコン使用率や携帯保有率の変化をグラフ化してみる】で、日本の高校生の1/3強がスマートフォン持ちという話があり驚かされたが、それすらかすんでしまう値である。

ただし歳を経るに連れて所有率が下がるのは万国共通。55-64歳になると4割弱、それ以上では18%にまで落ち込む。見方を変えると「65歳以上でも2割近くはスマートフォンを有する」ことになり、これはこれで高い値と評せる。

本人の学歴と世帯収入は、多くのデジタル系アイテムに関する調査同様、ほぼ正比例の関係にある。高学歴・高年収ほど保有率が高い。これは学歴が高いほど、多くの年収を望めるからに他ならない。もっとも高卒未満でも1/3を超える人がスマートフォン所有者であり、アメリカでの浸透ぶりを再確認させられる。

地域別では都市部・近郊はほとんど変わらず、地方がやや低め。需要もあるが、むしろ年収と浅からぬ関係があり、それが地方での低さにつながっていると見るべきだろう。



若年層にスマートフォン保有率がきわめて高い傾向があるのは、その層が新しいもの好きであるのに加え、最初に保有する携帯電話がスマートフォンという事情もある。日本の高校生で急速に保有率が上昇したのも、似たような理由によるもの。

今後一連の調査でも若年層を中心に、さらに値は上昇していくに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー