「かむ」危険性から見た、犬を飼おうとする時の注意事項

2013/06/24 20:45

犬動物を飼う、新しい家族として迎い入れる時には、さまざまな事前準備が必要となる。そして人の言葉が通じず、意志疎通が難しい相手であることから、多様なリスクを考慮し、場合によっては飼育を諦めたり時期を引き延ばす決断も必要となる。【アメリカ疾病対策予防センター(The U.S. Centers for Disease Control and Prevention、CDC)】では【Health Days】を介し、ペットの中でも特にメジャーな「犬」を飼おうとしている世帯に対し、「犬がかむ」性質を持つ点から、特に家族に子供、中でも乳幼児が居る場合における、事前の注意事項について説明をしている。

スポンサードリンク


・犬に関するプロ、例えばトレーナーや獣医に、自世帯が犬を飼いたいことを伝えた上で、家族構成や現状などから、どの種類が一番適しているかのアドバイスを受ける。

・乳幼児が家族に居る場合、どのような種類の犬であったとしても、その攻撃性を考慮し、犬を飼うのは諦める(子供が成長するまで待つ)。

・子供がいる場合、その子供が犬に対して恐怖心や不安感を持っているか否かを確かめる。もしそのような傾向が見られた場合、子供が成長して恐れを覚えなくなるまで、飼育は諦める。

・家で犬を飼う前に、何らかの機会を得て、犬との時間を過ごしてみる。乳幼児がいる場合には、特に注意をする。

金魚や熱帯魚のような観賞動物ならともかく、それ以外の種類ではどのような動物でも、多かれ少なかれ家族へのリスクを考慮しなければならない。例えば大人しい、攻撃性が低いように見える鳥類でも、子供の気管支系の疾病との関係を配慮する必要が出てくる。特に犬だけに限った話ではない。

一方で犬の場合は、上記にある通り「かむ」という物理的なリスクが多分にある。犬側ではじゃれ合っている、好意を示すアクションとして行ったとしても、子供にとっては大きなトラブルの元になりかねない。CDCが呈しているように、十分以上の慎重さが求められよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー