アジアが伸びる携帯市場…2016年までの携帯市場動向をグラフ化してみる

2013/06/05 11:30

スマートフォン3年ほど前の記事【世界のモバイルユーザーの推移をグラフ化してみる】を再確認した際に、同記事のベースとなった、モバイル関係の市場調査を世界規模で行っているPortio Research社の資料について、最新版の【Portio Research Mobile Factbook 2013(PDF)】が提供されていることが分かった。そこで今回から何回かに分けて、同資料を基に世界のモバイル事情とその近未来予測について、グラフの再構築と共に精査していく。今回は世界的な携帯情報端末の成長ぶりを見ていこう。

スポンサードリンク


2016年には85億人……?


今記事では「携帯情報端末」との表記を用いているが、これは「モバイル端末」を意味する。具体的には「一般携帯電話(フィーチャーフォン)」と「スマートフォン」を合わせたもの。タブレット機はモバイル的な要素もあるが、資料では別枠のコラムで動向が記されていることや、各図表・解説文では「スマートフォン」「スマートフォン以外の機種」のみの区分しか用意されていないことから、今件では数字上に反映されていないと考えられる。

まずは携帯情報端末の加入者数推移。2012年分以降は予想値となるが、2016年には携帯情報端末において84億7900万人の契約数となる。各年の人口普及率は記述されていないが、2012年時点ですでに92%とあるので、2016年には(計算上は)100%を超えていてもおかしくはない(一人複数契約、つまり複数のSIMカード保有の場合もあるため、計算上の普及率と実態普及率は異なる)。

↑ 携帯情報端末の加入者数と直近予想(Portio Research、2013年)(2012年以降は予想値)(%は前年比)(億人)
↑ 携帯情報端末の加入者数と直近予想(Portio Research、2013年)(2012年以降は予想値)(%は前年比)(億人)

グラフの下部には前年比を算出しておいたが、2013年以降は成長率がやや鈍化する様子が確認できる。それでも年6-7%の伸びを継続しているのだから大したものだ。

成長の大黒柱、アジア太平洋


この成長を大きく支えるのがアジア太平洋地域。次に示すのは2013年時点での地域別加入者数と、2011年-2016年の地域別年平均成長率。成長率ではアジア、中東、アフリカ諸国、ラテンアメリカなど、新興国を多く含む地域での成長率が著しく、絶対数ではアジア太平洋地域が群を抜いているのが分かる。

↑ 2013年の地域別・携帯情報端末加入者数(予想、億人)
↑ 2013年の地域別・携帯情報端末加入者数(予想、億人)

↑ 2011年-2016年の地域別・携帯情報端末加入者の年平均成長率
↑ 2011年-2016年の地域別・携帯情報端末加入者の年平均成長率

特にアジア太平洋地域は、2013年時点での加入者予測が37億人近くに達しているにも関わらず、年平均成長率が9.0%を数えており、同地域の加速度的な成長ぶりが改めて理解できる。

では具体的にどこの国が増加しているのか。次のグラフは年平均成長率を計算した期間、2011年から2016年における全世界を対象とした、予想増加加入者数の上位10位を示したもの。中国とインドだけで12億人近くを計上しており、この2国がアジア太平洋地域の成長を牽引していることになる。

↑ 2011年から2016年に「増加する」携帯情報端末加入者数上位10位(世界規模、予想、億件)
↑ 2011年から2016年に「増加する」携帯情報端末加入者数上位10位(世界規模、予想、億件)

第3位のインドネシアも、アジア太平洋地域では有数の携帯電話普及国として知られている。これら3国がすべて同地域に位置しているのだから、高い成長率と桁違いの加入者数を示しても不思議ではない。



無論、以前の記事でも注意書きした通り、これらは「携帯電話をはじめとしたモバイルユーザー」数の推移であって、モバイルによるインターネット利用者数の推移では無い。

しかしながら、両者が「ニア・イコール」に一歩ずつ近づいていくのは間違いない。最初から「イコール」のスマートフォンの普及がそれを加速化させている。加速的に伸びる加入者数と成長率は、新興諸国のインターネット分野におけるポテンシャルを、さらに飛躍させるに違いない。


■関連記事:
【モバイル大展開…ニールセンのレポートからインドネシアのネット事情をかいま見る】(2011年9月)

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー