パソコン5割にスマホが4割…ソーシャルメディア利用時にもっとも使う端末は?

2013/06/02 14:00

スマートフォンでのツイッターアクセス博報堂DYホールディングスのソーシャルメディア・マーケティングセンターは2013年5月20日、第2回目となる日本のソーシャルメディア利用者に関する調査分析結果を発表した。それによると主要ソーシャルメディア利用者から成る調査対象母集団においては、ソーシャルメディアを利用する際にもっともよく使う端末として、5割強の人が「パソコン」と回答したことが分かった。次いで「スマートフォン」が4割、「一般携帯電話(フィーチャーフォン)」が1割足らずと続いている。回答者世代別では若年層ほどスマートフォンの比率が高い傾向があり、特に20代では2/3近くがスマートフォン経由での利用がもっとも多いと答えている(【発表リリース一覧ページ】)。

スポンサードリンク


伸びるスマホ、現在4割強


今調査は2013年2月16日から17日にかけて全国の高校生から60代までの男女のうち、ツイッター・Facebook・mixiいずれかを週一以上で利用する人に対し、インターネット経由で行われたもので、有効回答数は1080人。10歳区切りの世代構成・男女・各ソーシャルメディアをもっとも利用する人別に均等割り当て。その上で統計分析の際には、各性別・年代の人口構成と、スクリーニング調査での出現率をベースにウェイトバックを行った結果を用いている。

今調査対象母集団、つまり主要ソーシャルメディアを常用している人に、もっとも良くアクセスをするのはパソコン・一般携帯電話・スマートフォン・タブレット機のうち、どの端末経由かを聞いたところ、直近の2013年2月時点ではパソコンが51.6%で最多回答となった。次いでスマートフォンが40.4%と4割を超える回答率となっている。

↑ ソーシャルメディアをもっともよく使う機器は?
↑ ソーシャルメディアをもっともよく使う機器は?

継続調査が今件も合わせて2回のみなので、データのぶれ、あるいはイレギュラー的な動きの可能性もあるが、8か月前に実施した結果と比べると、一般携帯・パソコンの回答が大きく減り、スマートフォンがその分をほぼすべて積み増しているのが分かる。スマートフォンとソーシャルメディアの相性の良さ、そしてスマートフォンそのものの普及浸透ぶりが、あらためて確認できる。

20代と30代の間のギャップ


一方、直近の回答を世代別に区分したのが次のグラフ。「スマートフォンの伸び」が、多分に若年層によるものであることが容易に想像できる。

↑ ソーシャルメディアをもっともよく使う機器は?(2013年2月、世代別)
↑ ソーシャルメディアをもっともよく使う機器は?(2013年2月、世代別)

もっともスマートフォン率が高いのは20代で65.8%。パソコン経由が最多の人は23.9%しかいない。15-19歳も60.2%。しかし30代以降になると加速度的にスマートフォン比率の減少・パソコン比率の増加が見られ、60代にもなると9割近くがパソコン経由がメインとの回答になる。

興味深いのは、スマートフォンを挙げた人が多い10-20代では、一般携帯電話の回答率も高いこと。これはこの世代が「スマートフォンによるソーシャルメディア利用が多い」というよりは「モバイル系端末によるソーシャルメディア利用が多い」と考えることができる。そして多分の人が一般携帯電話からスマートフォンに切り替え、あるいは最初からスマートフォンを利用しているものの、まだ少なからぬ人が一般携帯電話を使い続けていることになる。

パソコンそのものの整備のハードルの高さ(特に価格面)もあるが、20代と30代との間には、ソーシャルメディア利用に関するギャップ・壁が生じている感は否めない。今後このギャップが30代と40代との間に移動するのか、それともこのままの位置を維持するのか、気になるところではある。


■関連記事:
【スマートフォンの伸び率が…小中高校生のパソコン使用率や携帯保有率の変化をグラフ化してみる(2012年度・青少年のインターネット利用環境実態調査版)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー