各国の子供比率を比較…「こどもの日」にちなんだデータをグラフ化してみる(世界編)(2013年版)

2013/05/05 15:00

子供と地球儀総務省が2013年5月4日付で発表した、翌日5月5日「こどもの日」にちなんだ、日本の子供の数に関する統計データによると、同年4月1日時点での日本の子供(15歳未満)の人口は、前年に比べて15万人少ない1649万人となった。これは昭和57年から32年連続の減少で、当然のことながら統計記録のある中では過去最低のものとなっている。また、全人口に占める子供の比率は12.9%。こちらも国勢調査の公開データで確認できる範囲では、最低の値を示している。今回は発表された各種値のうち参考資料として提示されている、世界各国の子供比率(全人口に占める15歳未満人口比率)のグラフ化を行い状況を精査することにしよう(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


生成したのは「各国における子供(0歳-14歳)の割合」の表を基にしたグラフ。日本の場合は次のような経年変化が確認できる。

↑ 国勢調査・人口推計を基にした年齢3区分別人口推移(全体比率)(-2012年)(再録)
↑ 国勢調査・人口推計を基にした年齢3区分別人口推移(全体比率)(-2012年)(再録)

このグラフのうち、子供(0-14歳)の部分のみの比率を抽出し、世界の主要国の値で比較したものが次の図。各国で調査年次に違いがあるため厳密な比較はできないが(最大で7年ほどの差異がある)、日本が非常に低い値であることが改めて実感できる。

↑ 各国の子供比率(国連人口統計年鑑・2011年版)(2000年以降で人口4000万人以上の国)
↑ 各国の子供比率(国連人口統計年鑑・2011年版)(2000年以降で人口4000万人以上の国)

これは【各国の合計特殊出生率推移をグラフ化してみる】でも解説しているが、医療体制・技術の充実や、各種社会的インフラの普及・安定化による平均寿命の伸びに加え、【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる(2010年分反映版)】にて説明しているように結婚関連における社会習慣の変化をはじめとした、「先進国病」ともいえる出生率の低下が大きな要因。そして若年層数・率の低下はその世代の社会的・政治的発言力の低下をもたらし、国の施策が彼らを軽視する傾向につながり、ますます出生率が低下する悪循環が生じてしまう。

子供の比率が高い国には、平均寿命が短く、結果論として子供比率が高くなってしまう国も多い。一概に子供比率が高ければよいというものではない。しかしながら子供の層がシニア層を支えるのが原則の、社会保障制度などのことを考えれば、日本の値は余りにも低く、バランスが悪い。今現在のためだけでなく、中長期というレベルの将来も見越した、戦略的な施策が求められよう。


■関連記事:
【世界人口は2085年に100億人を突破…国連予想による米英露の2100年までの人口推移をグラフ化してみる(2012年子供・子育て白書版、番外編)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー