一人身のシニアは若者よりもコロッケが好き…世代別・単身世帯のコンビニ系惣菜の支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(2016年)(最新)

2016/03/17 10:32

かつてはスーパーやデパートの食品売り場の花形だった、各種揚げ物などの惣菜。昨今ではコンビニ大手がこぞってフライヤーの機能拡大を図り各種揚げ物をはじめとしたおかず用の惣菜(カウンターフーズ)を充実させ、中食需要をさらに加速化させている。今回は総務省統計局が2016年2月16日にデータ更新(2015年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の中から、個人の消費性向が分かりやすい単身世帯にスポットライトを当て、フライ系を中心とした主要なコンビニ系(中食系)食材の状況を確認していくことにする。

スポンサードリンク


コロッケは意外にシニアが買っている


家計調査の年次データから「コロッケ」などいくつかの揚げ物、そして惣菜関連についてピックアップし、世代ごとの購入金額をチェックすることで、個々の食材の利用度合いを確認する。それぞれの対象項目について【収支項目分類及びその内容例示(平成27年1月改定)】(現時点で最新版)から説明を抽出すると次の通りとなる。

・サラダ……海藻サラダは含まれない。

・コロッケ……生も含む。冷凍食品は含まない。

・カツレツ……トンカツ、ビーフカツ、チキンかつ、一口かつ、ささみフライなど。肉に限り、生も含む。冷凍食品は含まない。

・天ぷら・フライ……一般の天ぷら、くしカツ、ポテトフライ、ハムカツやメンチカツ(コロッケとは別物であることに注意)、フレンチドッグやアメリカンドッグ、から揚げを含む。生も含むが冷凍食品は含まない。

・やきとり……つくね、レバー、はつも含む。生も含む。冷凍食品は含まない。

・冷凍調理食品……各種調理食品の冷凍品。

・そうざい材料セット……夕食材料セット、ファミリーセット、おでんや鍋料理の材料セット。店頭売り、宅配を問わない。

・他の調理食品のその他……肉のつくだ煮、焼肉、焼き豚、焼きフランクフルト、魚の照り焼き、きんぴら、各種料理の素(釜飯の素など)レトルト食品、チルド食品、各種缶詰など(中身の主成分が魚介類または肉類である缶詰や瓶詰は含まれない)。

また、家計調査では単身世帯の世代について、34歳以下(若年層)・35-59歳(中堅層)・60歳以上(高齢層)に区分している(65歳以上の特化区分もあるが省略)。そこでこの年齢区分に従い、各種計算をしていく。

まずは月次換算をした、単身世帯・各世代の食費総額。単身世帯であることから当然、世帯主本人のための購入になる。今件だけでなく、単身世帯の平均食費代として参考にできそうな値ではある。

↑ 単身世帯世代別・食費(月次)(円)(2012-2015年)
↑ 単身世帯世代別・食費(月次)(円)(2012-2015年)

全階層で月4万円台。高齢層がやや低め。経年変化を見ると、全ての世代で金額が積み増しされている。2014年から2015年にかけてはやや大きめな上昇が見られるが、これは消費税率の引上げと、原材料の輸入価格の上昇に伴う食品の価格上昇が原因であると考えられる。

続いて月次換算をした、各項目の支出額。世代別の購入性向に随分と違いがあるのが分かる。

↑ 単身世帯世代別・該当食費項目の月次支出(円)(2015年)
↑ 単身世帯世代別・該当食費項目の月次支出(円)(2015年)

今回「揚物」と「惣菜」にスポットライトをあてたのは、「コンビニ系食材」と銘打った通り、双方ともコンビニやスーパーなどではお馴染みの「お手頃食材」の代表格であり、自宅に持ち帰って食べる「中食」の商品であること、特にフライ系は「若年層が購入するイメージが強い」実情を起因としている。そして単身世帯を対象としたのは冒頭で解説の通り、利用性向の対象が明確化できる点に加え、今後世帯全体比で「単身世帯」の比率が増えること、さらには若年層・高齢層共に「単身世帯」における食生活の動向が、小売各社の店頭展開・食品メーカーの商品開発にも浅からぬ関連・影響があるからに他ならない。

コンビニのレジ前に設置された専用揚げ物棚「フライ系は若年層が購入するイメージが強い」は、そのような油味の強い食品を「若年層が好んでいる」イメージがある。一方、当方(不破)自身、100均ショップやスーパーでお歳を召した方がフライヤーの揚物を注文・購入する場面をしばしば見かけており、「実態はどのような状況」なのか、数字の上から確かめたいとの意図もある。

今結果を見る限り、惣菜の棚からの購入・レジ横ケースを見ながらの注文など、調達ルートは一つではないものの、「コロッケ」は若年・中堅層より高齢者の方が調達額は上。「カツレツ」も若年層と比べれば大いに購入している。「高齢者は油系の食材を苦手としている」とのイメージは、あくまでも想像上のものでしかない。さらに「カツレツ」より「コロッケ」の方が人気なのは、そのメジャー度合、お手軽さ、そして柔らかさ(≒食べやすさ)がポイントと考えられる。

中食の浸透と共に注目を集めている「そうざい材料セット」「他の調理食品のその他」も、シニアの購入額は大きめ。調理そのものの手間をかけたくない高齢者の需要に、惣菜の材料や各種調理済み惣菜は適している。ただし「冷凍調理食品」を使うのには抵抗があるようで、高齢者の利用性向は他世代とさほど変わらない。

今年から精査に加えた「サラダ」「やきとり」だが、双方ともコンビニにおける販売で大いに注目を集めている。両品目とも中堅層がもっともよく購入しており、高齢層は少なめ。仕事で時間に追われた中堅単身層が、気軽に食することができる、そして栄養バランスも気になる際の選択として手に取っているようすが想像できる。特に「サラダ」は元々単価が高いのも一因だが、「天ぷら・フライ」に近い支出金額を計上しており、注目に値する。

食費全体に占める割合は?


各食材の支出額を、各世代の食費全体に占める比率でグラフ化したのが次の図。

↑ 単身世帯世代別・該当食費項目の食費全体比(2015年)
↑ 単身世帯世代別・該当食費項目の食費全体比(2015年)

金額同様に高齢層の利用性向の高さが再認識できる。「他の調理食品のその他」だけで食費全体の4%強。若年層の2倍以上。「天ぷら・フライ」は1%強を示している。

他方、これらの値をすべて足すと、若年層は3.91%、中堅層は6.28%、高齢層は6.99%。コンビニ系食材には若年層よりむしろ高齢層の方が、金額面でも食全体に占める割合でも傾注している実態が見えてくる。



今後単身高齢者が増えることは間違いない。昨今問題視されている「買い物困難者」も、主に単身高齢世帯者の増加が対象となっている。そして毎日の食生活を支える存在として、スーパーやコンビニなどの食品販売店は言葉通り「ライフライン」としての立ち位置を強めていく。

各店舗側も今件のコンビニ系食材のように、世間一般のイメージと異なる商品需要も合わせ、多種多様な需要の変化に対応していくに違いない。特にコンビニでは、そのリサーチ能力をフルに活かし、各種対応を逐次行っているように見える。その対応が引き起こすドミノ的影響も合わせ、今後も注視を続けたい。


■関連記事:
【コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる】
【コンビニで 弁当買う人 そのうちの 5人に1人は 一緒に デザート】
【クリームシチューコロッケやフォンダンショコラまで・ファミマであたたかフェア実施】
【ローソンも高品質チキンに参入、「黄金チキン」発売へ】
【レジ横商品 人気は飴とガム】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー