「夫婦異名字OK」で子供が二人いた場合、それぞれ別の名字をつけても良い? ダメ?!

2013/02/25 06:55

兄弟内閣府は2013年2月18日、「家族の法制に関する世論調査」の結果を発表した。それによると法的に婚姻状態にある夫婦が同じ名字(姓)を名乗らねばならない現行の法令制度に関し、仮に「夫婦が婚姻前の名字を名乗ることを希望していた場合、それぞれ婚姻前のを名乗っても良い」と法令が変更されたとした場合、夫婦に二人以上の子供がいた時には、それぞれ別の名字をつけてもよいとする人は全体で1割強に留まっていることが分かった。同じ名字にすべきだとの意見は2/3に達している(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年12月6日から23日にかけて層化2段無作為抽出法を用い、全国20歳以上の日本国籍を持つ人から選ばれた5000人に対し、調査員による個別面接聴取法によって行われたもので、有効回答数は1959人。男女比は1366対1675、世代構成比は20代242人・30代369人・40代506人・50代479人・60代699人・70代746人。

先に【「夫婦別姓選択」反対派、賛成派をわずかに上回る】で記した通り、夫婦は同じ名字を名乗らねばならない現行法体制に関し、現行維持派・旧姓選択可能に法律変更派がそれぞれ4割近くでほぼ同数、同じ名字・通称の利用を法的に認めるべきだとする人が2割強に達している。

↑ 選択的夫婦別氏制度に関する意見(再録)
↑ 選択的夫婦別氏制度に関する意見(再録)

そこで仮に「夫婦が婚姻前の名字を名乗ることを希望していた場合、それぞれ婚姻前のを名乗っても良い」状況になったとして、さらに夫婦に子供が二人以上いた場合、それぞれの子供に別々の名字を付けても良いのか否かを尋ねたのが今回の項目。

具体的には「夫:佐藤」「妻:田中」という別姓夫婦が居て、「子供A」「子供B」を有していた場合、「子供A:佐藤」「子供B:田中」という名字をつけても良いかという話。全体として肯定派は少数で1割程度でしかなく、反対派がほぼ2/3を占めることとなった。「よくわからない」という意見留保派も多めで、2割に届いている。

↑ 「希望すれば、夫婦がそれぞれ婚姻前の名字を名乗れるよう、法律が変わった」として、そのような対応をした夫婦に二人以上の子供がある場合、子供同士の名字が異なっても良いか(2012年12月)
↑ 「希望すれば、夫婦がそれぞれ婚姻前の名字を名乗れるよう、法律が変わった」として、そのような対応をした夫婦に二人以上の子供がある場合、子供同士の名字が異なっても良いか(2012年12月)

それぞれの回答の具体的理由までは今調査では尋ねていないが(恐らくは状況を理解しきれない子供たちの間での、トラブルを想定しているものと思われる)、少なくとも現行では「たとえ夫婦間で別姓制度が発足したとしても、子供はすべて同じ名字にすべき」とする意見が多数を占めていることになる。属性別では男性40代がやや多めだが、イレギュラー的な動きに近く、何らかの法則的な変動は見られない。

なお経年変化でも、目立った動きは無い。

↑ 「希望すれば、夫婦がそれぞれ婚姻前の名字を名乗れるよう、法律が変わった」として、そのような対応をした夫婦に二人以上の子供がある場合、子供同士の名字が異なっても良いか(経年変化)
↑ 「希望すれば、夫婦がそれぞれ婚姻前の名字を名乗れるよう、法律が変わった」として、そのような対応をした夫婦に二人以上の子供がある場合、子供同士の名字が異なっても良いか(経年変化)

たとえ法令の改正で夫婦別姓が行われるようになったとしても、子供の名字は同一夫婦においては皆同じとすべきとの認識で、問題は無いだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー