ネットショッピングをする理由、トップは「外出をしなくても買い物できる」

2013/02/01 08:30

ネットショッピングライフメディアのリサーチバンクは2013年1月30日、インターネットショッピング(ネットショッピング)に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、過去1年間に1度でもネットショッピングをしたことがある人は9割近くに達してることが分かった。した理由としては「外出しなくても買い物できる」を挙げる人がもっとも多く約2/3、次いで「価格が安い」「商品比較がしやすい」などが続いている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2013年1月18日から23日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1369人。世代構成は10-60代・10歳区切りでほぼ均等割り当て。男女比は669対700人。

インターネットの普及と決済システムの多様化を経て、ネットショッピングは随分とハードルの低い購入スタイルとなった。個々の店舗が提供するサービスだけでなく、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなポータルサイト提供によるネットショッピングサービスも増えている。また昨今ではスマートフォンやタブレット機など、モバイル端末の高性能化に伴い、モバイル上からの機会も増えている。

今調査対象母集団で過去1年間にネットショッピングをした経験がある人は87.0%。男女比ではやや女性の方が高い値を示している。

↑ 過去一年間にインターネットショッピングを利用したか
↑ 過去一年間にインターネットショッピングを利用したか

それではこの経験者達は、どのような理由で利用したのだろうか。複数回答で聞いたところ、最上位の理由として挙がったのは「外出しなくても買い物できる」だった。65.4%の人が同意を示している。

↑ インターネットショッピングをする理由(過去一年間にした人限定)(複数回答)
↑ インターネットショッピングをする理由(過去一年間にした人限定)(複数回答)

これは回答者がニート引きこもりであることを意味しない(無論当てはまる人も中にはいるだろうが)。病気や調子の悪さから外出をひかえたい、天候が悪いので外には出たくない、着替えなど下準備をするのが面倒、欲しいものを買う店舗が遠いなど、「外出しないで済むことがメリットになる」理由は、色々と想定できる。昨今では「花粉が辛いから」も一因となろう。

第2位は「価格が安い」。これは特定の仕入れルートを使っていたり、まとめた数の仕入れをしたことで安く販売できるなど、一般の小売店で購入するよりも安価な事例を指す。マージンを抑えているネット上の店舗を見つけることもできるだろう。

次いで多い同意率を示しているのは「商品比較がしやすい」。実店舗での買い物では、同一店舗内の類似商品を比較することはできても、他店舗のとは難しい。価格を覚えておいて店舗を行ったり来たりでは、いくら時間と体力があっても足りない。ネットショッピングなら気軽に比較ができ、それをサポートする機能がついている店もあるほど。

これを男女別に区分して見ると、興味深い傾向が確認できる。

↑ インターネットショッピングをする理由(過去一年間にした人限定)(複数回答)(男女別)
↑ インターネットショッピングをする理由(過去一年間にした人限定)(複数回答)(男女別)

男女で大きな差異(女性が高値)を見せている項目は3つ、「時間を気にせず買い物できる」「マイペースに買い物できる」「ポイントが貯まる」。普段から家事で何かと多忙な女性陣、特に主婦においては、わざわざ買い物の準備をして外出し、店舗周りをして購入、戻ってくるまでの時間ですら惜しい場合も少なくない。また、スケジュールの都合上店舗に長居が出来ないこともある。

ネットショッピング中ネットショッピングならそれらの心配も不要。さらに実店舗では導入されていないシステムにより、ポイントを貯めて一層お買い得感を堪能することもできる。使う理由で女性が男性を上回る理由項目を見ると、女性の買い物事情ですら透けて見えてきそうではある。

一方男性では「価格が安い」「品ぞろえが豊富」のような、商品そのものへの注視の項目で、女性より高い値を示している。女性が主に買い物環境の点でメリットを覚えているのに対し、男性は商品そのものにネットショッピングの良さを見出している。この違いもまた、注目に値する動きといえよう。


■関連記事:
【ネットライフをたしなむシニア層、最活用サービスは「オンラインショッピング」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー