2022/01/27

日本の授業料は高いか安いか…大学授業料の国際比較(最新)

2022-0116高等教育機関の一つである大学は、国の文化教養科学水準を維持するだけでなくさらに高めるために、そして優秀な人材を育て上げるために欠かせない存在である。昨今ではその大学の授業料が問題視されているが、日本の大学授業料は国際的に見てどのような水準にあるのだろうか。OECD(経済協力開発機構)の公開値を基に確認する。

続きを読む "日本の授業料は高いか安いか…大学授業料の国際比較(最新)"

3時7分OECD(金融), 逐次新値反映記事

コロンビアでは対象年齢の29.8%がニート…ニート比率の国際比較(最新)

2022-0116「ニート(NEET(Not in Employment、 Education or Training)、就業、就学、 職業訓練のいずれもしていない人)」は若年層の就労困難さや社会様式の実情を推し量れる存在として知られている。日本では毎年内閣府の「子供・若者白書(旧青少年白書)」でその実情を知ることができるが、他国ではどれほどのニートが存在するのだろうか。OECD(経済協力開発機構)の公開値を基に確認する。

続きを読む "コロンビアでは対象年齢の29.8%がニート…ニート比率の国際比較(最新)"

3時5分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/01/26

株式市場雑感(22/01/24-22/01/28週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■22/01/24:日経平均終値2万7588円37銭/94.3
本日の東京株式市場は安値低迷、ひけにかけて持ち直しの動き。前営業日の米国市場での安値感を受けて売り基調な相場展開だったが、米株先物が好調だったこともあり、買い戻しの動きが進み、後場に入るとプラス圏になった。ただ、上げ幅は限定的。出来高は東証一部上場のみで10億8096万株。前営業日比で日経平均株価は+0.24%、TOPIXは+0.14%、マザーズ指数は-0.17%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.17%となる。

続きを読む "株式市場雑感(22/01/24-22/01/28週)(週終値:-)(最新)"

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

2021年は3648スクリーン、今世紀は漸増中…60年あまりの間の映画館数の変化(最新)

2021-0201庶民の娯楽の代名詞的存在の一つ、映画館における映画観賞。独特の雰囲気の中で巨大なスクリーン上に展開される映像は、老若男女を問わず心を弾ませ、ときめかせてくれるもの。一方、インターネット技術の進歩と家庭用テレビの大型化・高解像度化、さらにはスマートテレビ化に伴い、映画鑑賞の観点における映画館の存在意義は確実に変化を示し、荒波の環境下にある。今回は一般社団法人日本映画製作者連盟が定期的に更新、公開している【日本映画産業統計】を基に、最新のデータに基づいた、日本の映画館数などの動向を確認していくことにする。

続きを読む "2021年は3648スクリーン、今世紀は漸増中…60年あまりの間の映画館数の変化(最新)"

3時5分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

日本はOECD諸国内で一番公務員比率が低い…公務員数が多いか少ないかの実情(最新)

2022-0116公的機関に所属し職務を執り行う人を公務員と呼んでいる。社会の維持のための公務を継続して行うためには欠かせない存在ではあるが、公費で雇われていることから経済の観点で色々と論議の対象となる。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開値を基に、OECD加盟国における公務員の数の実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本はOECD諸国内で一番公務員比率が低い…公務員数が多いか少ないかの実情(最新)"

3時0分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本が「小さな政府」であることの実情をグラフで確認(最新)

2022-0116先行記事【一般政府歳出の国際比較】でOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、日本が対GDP比において一般政府(中央政府だけでなく地方政府や公的な社会保障基金を合わせた公的機関の総体)の歳出が小さく、いわゆる「小さな政府」状態であることについて触れた。今回は歳入面も併せ、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本が「小さな政府」であることの実情をグラフで確認(最新)"

2時58分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/01/25

全体ではプラス1.5%で大幅な不足感、鉄筋工(建築)に大きな不足感…建設業界の人手不足状況(2021年12月分まで)(最新)

2022-0125以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2022年1月25日に発表された最新版となる2021年12月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "全体ではプラス1.5%で大幅な不足感、鉄筋工(建築)に大きな不足感…建設業界の人手不足状況(2021年12月分まで)(最新)"

16時8分建設労働需給, 逐次新値反映記事

内食需要継続で食料品が堅調、衣料品はトントンで、住関品は良好…2021年12月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス1.7%

2022-0125チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2022年1月25日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2021年12月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2021年12月の食料品は新型コロナウイルスの新規感染者は減少したが年末年始での行動自粛呼びかけなどもあり、内食需要は堅調な動きを見せ続けてプラス、衣料品はまずまず、住関品はそこそこの動きを見せた。結果として、売上総額の前年同月比はプラス1.7%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "内食需要継続で食料品が堅調、衣料品はトントンで、住関品は良好…2021年12月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス1.7%"

15時13分チェーンストア売上, 逐次新値反映記事

2021年12月度外食産業売上プラス9.5%…5か月ぶりの前年比プラス

2022-0125日本フードサービス協会は2022年1月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2021年12月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でプラス9.5%を示した。営業時間短縮要請や酒類提供の制限が無くなったことで復調の動きが生じているが、コロナ禍の影響が大きかった前年同月と比べてのプラスでしかなく、さらに夜の需要は厳しい状態が継続中ではある(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2021年12月度外食産業売上プラス9.5%…5か月ぶりの前年比プラス"

14時29分外食産業売上, 逐次新値反映記事

日本は29.7%…法人税率の国際比較(最新)

2022-0116経済行動の単位は大まかに個人と企業に区分することができる。税金や社会保障などの国民負担もその単位で課せられることが多い。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開値を基に、OECD加盟国限定ではあるが、企業における国民負担のうち租税に該当する法人税について、税率の観点から諸外国の実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本は29.7%…法人税率の国際比較(最新)"

3時5分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本は対GDP比3.1%…法人税額の国際比較(最新)

2022-0115経済行動の単位は大まかに個人と企業に区切ることができる。税金や社会保障などの国民負担もその単位で課せられることが多い。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、OECD加盟国限定ではあるが、企業における国民負担のうち租税に該当する法人税などについて、諸外国の実情をその国のGDPと税額との比率の観点から確認していくことにする。

続きを読む "日本は対GDP比3.1%…法人税額の国際比較(最新)"

3時0分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/01/24

直近では個人所得税18.8%、法人所得税12.0%、資産税8.2%、消費税19.7%…日本の国民負担率の詳細推移(最新)

2022-0115先に【国民負担率の国際比較】でOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、社会全体を維持するために租税や社会保障として徴収される金銭的な負担(国民負担)の国際的な比較を行った。今回は日本に焦点を当てて、その詳細な実情と経年推移を確認していくことにする。

続きを読む "直近では個人所得税18.8%、法人所得税12.0%、資産税8.2%、消費税19.7%…日本の国民負担率の詳細推移(最新)"

3時9分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本は個人所得税19.2%・法人所得税10.0%…国民負担率の内訳の国際比較(最新)

2022-0114先行記事【国民負担率の国際比較】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。その記事では国民負担を租税負担と社会保障負担の合算としてのみ表現したが、今回は租税負担の部分をもう少し詳しく区分した上で、その実情を確認していく。

続きを読む "日本は個人所得税19.2%・法人所得税10.0%…国民負担率の内訳の国際比較(最新)"

3時5分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/01/23

コロナ禍で各国とも急激な増加…一般政府歳出の国際比較(最新)

2022-0114先行記事【国民負担率の国際比較】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認したが、その中で日本は対GDP比において国民負担率が低く、結果として一般政府(中央政府だけでなく地方政府や公的な社会保障基金を合わせた公的機関の総体)の金銭的な規模が小さなものとなっている、いわゆる「小さな政府」状態であることについて触れた。今回は一般政府の支出、つまり歳出側からその実情を確かめることにする。

続きを読む "コロナ禍で各国とも急激な増加…一般政府歳出の国際比較(最新)"

3時6分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本の社会保障負担率は対GDP比で12.9%…国民負担率の国際比較の推移(最新)

2022-0114先行記事【日本は31.4%…国民負担率の国際比較(最新)】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。今回は同じ公開値を用いてG7など主要国の国民負担率の推移を見ていくことにする。

続きを読む "日本の社会保障負担率は対GDP比で12.9%…国民負担率の国際比較の推移(最新)"

3時4分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/01/22

日本は31.4%…国民負担率の国際比較(最新)

2022-0114消費税や社会保険料の料率や金額の動向が定期的に話題に上るが、これは生活に直結するお金関連の話だからに他ならない。これらの国、社会全体のための個人や組織の金銭的負担は、他国と比べてどのような水準にあるのだろうか。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の「Public Sector, Taxation and Market Regulation」内「Taxation」にある【「Revenue Statistics - OECD Member Countries」】の公開値を基に、OECD加盟国における実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本は31.4%…国民負担率の国際比較(最新)"

3時7分OECD(金融), 逐次新値反映記事

平均で月2894円、常備数は5.2品…冷凍食品のあれこれ事情(最新)

2022-0112電子レンジで解凍するだけで、さらには何もせずに常温に置いておくだけでできあがる、夢のような食材、冷凍食品。多様な種類が存在し、多くの人には食生活の上で欠かせない存在となりつつある。普段から冷凍食品を購入している人は、いくらぐらいの額を消費しているのだろうか、また冷凍庫に常備しているのだろうか。マルハニチロが2021年10月7日に発表した「冷凍食品に関する調査2021」から、その実情を確認する(【発表リリース:冷凍食品に関する調査2021】)。

続きを読む "平均で月2894円、常備数は5.2品…冷凍食品のあれこれ事情(最新)"

3時4分飲食品・料理, 逐次新値反映記事

2022/01/21

再び規制へ…株式市場雑感(22/01/17-22/01/21週)(週終値:2万7522円26銭)(最新)

■22/01/17:日経平均終値2万8333円52銭/90.4
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前週末の下落からの反動で買い進まれ、さらに前営業日の米国市場のIT関連銘柄の好調さも後押しする形となった。ただ、上げ幅は限定的。出来高は東証一部上場のみで9億9587万株。前営業日比で日経平均株価は+0.74%、TOPIXは+0.46%、マザーズ指数は-1.51%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.31%となる。

続きを読む "再び規制へ…株式市場雑感(22/01/17-22/01/21週)(週終値:2万7522円26銭)(最新)"

19時0分株式市場雑感

2021年度第2四半期の紙巻たばこ販売本数はマイナス8.5%、減少継続(最新)

2022-0121日本たばこ協会は2021年11月30日に同協会公式サイトにおいて、2021年度第2四半期(2021年7-9月、2021年度Q2)の紙巻たばこの販売実績を発表した。その発表データによれば2021年第2四半期の紙巻たばこの販売実績は269億本となり、前年同期比ではマイナス8.5%となった。販売代金はマイナス0.6%の7041億円を示している(【日本たばこ協会:公式ページ・トピックス一覧】)。

続きを読む "2021年度第2四半期の紙巻たばこ販売本数はマイナス8.5%、減少継続(最新)"

7時50分たばこ売上, 逐次新値反映記事

トップは焼き餃子…よく買われている冷凍食品の実情(最新)

2022-0111電子レンジで解凍するだけで、さらには何もせずに常温に置いておくだけでできあがる、夢のような食材、冷凍食品。多様な種類が存在し、多くの人には食生活の上で欠かせない存在となりつつある。普段から冷凍食品を購入している人は、どのような種類のものをよく買っているのだろうか。マルハニチロが2021年10月7日に発表した「冷凍食品に関する調査2021」から、その実情を確認する(【発表リリース:冷凍食品に関する調査2021】)。

続きを読む "トップは焼き餃子…よく買われている冷凍食品の実情(最新)"

2時58分飲食品・料理, 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS