世界人口は2060年に100億人を突破…国連予想による米英露の2100年までの人口推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)

2015/08/29 15:46

先行記事【2100年には8300万人に…国連予想による日本の2100年までの人口推移をグラフ化してみる】において、国連の公開データを元に日本の人口推移の推定値を確認し、その状況の精査を行った。今回は同じデータを用い、アメリカ合衆国、イギリス、ロシア連邦、さらには世界全体の人口推移予想を確認していくことにする。

スポンサードリンク


参照するデータの抽出元や注意事項は先行記事「国連予想による日本の2100年までの人口推移をグラフ化してみる」にある通り。手法はまったく変わらず、対象国を変えたのみとなる。

まず最初はアメリカ合衆国。

↑ アメリカの世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ アメリカの世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

↑ アメリカの世代別人口比率推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ アメリカの世代別人口比率推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

2100年に至るまで、人口は緩やかに、そして一定率のまま上昇を継続。高齢化は2030年前後まではやや加速するが、それ以降は緩やかなスピードに落ち着いたまま進行していく。2100年時点での人口は約4.5億人。ただし以前【アメリカの人種別出生率の詳細をグラフ化してみる(2015年)(最新)】で解説しているように、アメリカ合衆国でもこの数年の間、急速な合計特殊出産率の低下(いわゆる「先進諸国病」)が確認でき、人口減少・高齢化の加速懸念が出てきた。

実際、3年前の予想版(2012年版)と比べると2100年時点の人口予想は1170万人ほど減っており、同年の高齢層比率も0.4%ポイントほど増加している。最新版では昨今の情勢を反映した上での修正が行われたと考えて良い。

続いてイギリス。

↑ イギリスの世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ イギリスの世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

↑ イギリスの世代別人口比率推定(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ イギリスの世代別人口比率推定(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

イギリスも人口は漸増。ただし2050年から2060年以降はその歩みを緩やかなものとしていく。今データ内(2100年まで)では人口減少は確認できない。高齢化はじわじわと進行していき、64歳以下の総人口が変わらず、65歳以上の人口が漸増し、総人口の上昇につながる雰囲気を見せている。比率で見ると0-14歳・15-64歳の比率が減り、65歳以上が少しずつ増えていく。

次はロシア連邦。

↑ ロシア連邦の世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ ロシア連邦の世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

↑ ロシア連邦の世代別人口比率推定(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ ロシア連邦の世代別人口比率推定(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)

ロシア連邦は日本同様に人口減少のプロセスを歩んでるが、2060年ぐらいにはその減少スピードもゆるやかなものとなる。日本に近しい動きといえる。一方で推定値にも関わらず、人工の増減が一様では無く、多分にぶれが確認できるのは興味深い。また高齢者の比率は2055年の22.6%をピークとして以後はむしろ一時的だが減退する動きすら見せ、2100年まで20%前後が維持されている。

最後に世界全体の動向。

↑ 世界全体の世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)
↑ 世界全体の世代別人口数推定(万人)(World Population Prospects, the 2015 Revisionより)


↑ 世界全体の世代別人口比率推定(World Population Prospects, the 2012 Revisionより)

ロシア連邦や日本など一部先進諸国のように、人口を減らしていく国もあるが、概して新興国は人口増加の過程にあり、2060年ぐらいまでは急激なスピードで世界人口は増加していく。2065年から2070年あたりから64歳以下の人口増加が足踏み状態となるため、それ以降は高齢層の増加分だけ総人口が増える形となる(このスタイルはイギリスに似ている)。

そして記事タイトルにもある通り、2060年には世界の総人口は100億人を突破する、との推定が出ている。3年前の「2012 Revision」では2065年に100億人突破の予想値が出ていたことから、新興国の人口増加傾向がさらに加速化しているのが分かる。



今件データはあくまでも予想・推定の域を出ていない。上記アメリカの事例にある通り、人口変動要素に変化があれば、予想年数が先に行くほど数字はぶれていく。あくまでも指針の一つ程度として見ておいた方が無難である。

見方を変えれば、特段変化が無ければ、これらの値が現実のものとなる可能性は高いともいえる。各国の今後を占う上で、無視できない数字といえよう。


■関連記事:
【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる(2014年)(最新)】
【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる(2010年分反映版)】
【2050年の日本人口推計は9515万人・首都圏や中部圏に集中化へ…地域別人口推計をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー