2021/11/27

高齢者が自動車を運転する理由、トップは「買い物などお店にいくため」

2021-1121高齢者の人口比率の増加や一人暮らし世帯数の増加などを主な原因とし、高齢者による自動車の交通事故が社会問題化している。その対応策の一環として進められているのが、高齢者に運転免許の自主返納などを勧める動き。その動きがある中で、運転免許を保有し続け、自動車を運転する高齢者はたくさんいる。それではそのような高齢者は、なぜ自動車を運転しているのだろうか。その実情を内閣府が2021年3月に発表した調査結果【高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)】を基に確認していく。

続きを読む "高齢者が自動車を運転する理由、トップは「買い物などお店にいくため」"

3時6分出産・高齢化・寿命, 鉄道・交通

2021/11/26

感染症に振り回されて…株式市場雑感(21/11/22-21/11/26週)(週終値:2万8751円62銭)(最新)

株式市場雑感■21/11/22:日経平均終値2万9774円11銭/83.3
本日の東京株式市場は下値寄り付きの後、じわりと上げていく展開。寄り付きはヨーロッパでの新型コロナウイルスの流行再拡大への懸念と、米国市場の安値感を受けて売られたが、一巡後には少しずつ持ち直す流れ。出来高は東証一部上場のみで10億6538万株。前営業日比で日経平均株価は+0.09%、TOPIXは-0.08%、マザーズ指数は+1.09%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.38%となる。

続きを読む "感染症に振り回されて…株式市場雑感(21/11/22-21/11/26週)(週終値:2万8751円62銭)(最新)"

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

全体ではプラス0.5%で不足感、型わく工(建築)に不足感…建設業界の人手不足状況(2021年10月分まで)(最新)

2021-1126以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2021年11月25日に発表された最新版となる2021年10月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "全体ではプラス0.5%で不足感、型わく工(建築)に不足感…建設業界の人手不足状況(2021年10月分まで)(最新)"

3時22分建設労働需給, 逐次新値反映記事

高齢者が運転免許を自主返納しようとする、その理由

2021-1121高齢者の人口比率の増加や一人暮らし世帯数の増加などを主な原因とし、高齢者による自動車の交通事故が社会問題化している。その対応策の一環として進められているのが、高齢者に運転免許の自主返納などを勧める動き。その動きに沿う形で、運転免許を自主的に返納しようと考えている高齢者は、具体的にはどのような理由で返納しようとしているのだろうか。その実情を内閣府が2021年3月に発表した調査結果【高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)】を基に確認していく。

続きを読む "高齢者が運転免許を自主返納しようとする、その理由"

3時2分出産・高齢化・寿命

直近年では731.4万トン…日本国内の生乳生産量の推移(最新)

2021-1105昨今では定期的に牛乳不足や乳製品不足が問題視され、スーパーなどの乳製品売り場の棚が寂しさを覚えたり、「一人一つまで」との購入規制を周知させる貼り紙に遭遇した経験を持つ人も少なくないはず。かつて大規模な乳製品不足が起きた時(【3か月で4社が950トン、バター製造大手が増産計画発表】)には多分に生産工場の生産力不足とランニングコストの高騰、生産量調整のミス、さらには生産の組織構造そのもののが原因とされたが、現在では原材料となる生乳(しぼったままの人の手を加えていない牛の乳)の減少や価格高騰なども小さからぬ要因として挙げられている。それでは原材料となる生乳の国内生産量はどのような推移を見せているのだろうか。今回は農林水産省が発表している各種データを基に、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "直近年では731.4万トン…日本国内の生乳生産量の推移(最新)"

3時1分インフラ・資源・エネルギー, 逐次新値反映記事

2021/11/25

2021年10月度外食産業売上マイナス0.5%…3か月連続の前年比マイナス

2021-1125日本フードサービス協会は2021年11月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2021年10月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でマイナス0.5%を示した。新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあり、各種規制の解除も客足の回復に貢献し、総合売上はほぼ前年同月の水準にまで戻す形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2021年10月度外食産業売上マイナス0.5%…3か月連続の前年比マイナス"

15時21分外食産業売上, 逐次新値反映記事

内食需要継続で食料品が堅調、衣料品は気温高で苦戦するも、住関品はわずかな落ち込みで済む…2021年10月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス3.7%

2021-1125チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2021年11月25日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2021年10月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2021年10月の食料品は外出行動自粛の継続を受けて内食需要の拡大が続いたことがありプラス、気温高の影響で衣料品は苦戦したが、住関品はまずまずの動きを見せた。結果として、売上総額の前年同月比はプラス3.7%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "内食需要継続で食料品が堅調、衣料品は気温高で苦戦するも、住関品はわずかな落ち込みで済む…2021年10月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス3.7%"

14時15分チェーンストア売上, 逐次新値反映記事

運転免許保有の高齢者のうち自主返納などをするつもりの人は6割強

2021-1121高齢者の人口比率の増加や一人暮らし世帯数の増加などを主な原因とし、高齢者による自動車の交通事故が社会問題化している。その対応策の一環として進められているのが、高齢者に運転免許の自主返納などを勧める動き。現在運転免許を保有している高齢者は、運転免許の自主返納などの意向はあるのだろうか、その実情を内閣府が2021年3月に発表した調査結果【高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)】を基に確認していく。

続きを読む "運転免許保有の高齢者のうち自主返納などをするつもりの人は6割強"

3時0分出産・高齢化・寿命, 鉄道・交通

中国は1日で906万バレルの石油が不足…日米中の石油事情(最新)

2021-1104先行記事【世界各国の石油生産・輸入・輸出量(最新)】において、【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】による【公開データベース】の取得値を元に、主要国の石油事情を複数面で確認した。今回はその中から特に注目したい日本、アメリカ合衆国、そして中国の動向に関して、もう少しチェック期間を伸ばし、複数の視点で眺めてみることにする。

続きを読む "中国は1日で906万バレルの石油が不足…日米中の石油事情(最新)"

2時59分EIA, 逐次新値反映記事

2021/11/24

【訂正版】電車通勤の友も専門誌も…諸種雑誌部数動向(2021年7-9月)

2021-1112小規模・個人経営の書店が経営者の高齢化、インターネット通販の普及、高収益を見込める雑誌の売れ行き減少、少子化に伴う顧客減少で閉店した上で他業種店舗、あるいは一般住宅への改装が相次ぎ、それとともに雑誌などの供給場として注目を集めるようになったのがコンビニエンスストア。しかし、雑誌の集客効果は媒体力の下落とともに落ち、コンビニでもその領域と取り扱い雑誌数は減っていく。雑誌コーナーは縮小され、その場にはイートインコーナーや電子マネーの販売スタンドなど、時代の需要にマッチした設備が配されていく。大型書店も最近は減少傾向にあり、雑誌を店舗で手に取り吟味する機会は減り、雑誌業界そのものも元気を無くしつつある。このような状況の中で、各分野の雑誌のうち一部ではあるが、複数の分野に関し、社団法人日本雑誌協会が2021年11月2日付で発表した「印刷証明付き部数」の最新値から、雑誌の部数における「前年同期比」を算出し、その推移を確認していくことにする。

続きを読む "【訂正版】電車通勤の友も専門誌も…諸種雑誌部数動向(2021年7-9月)"

13時45分雑誌印刷証明付部数, 逐次新値反映記事

高齢者の運転免許の自主返納などの理由、トップは「自身の運転に自信がなくなった」

2021-1121高齢者の人口比率の増加や一人暮らし世帯数の増加などに伴い、高齢者による自動車の交通事故が社会問題化している。その対応策の一つとして、高齢者に運転免許の自主返納を勧める動きがあるが、どのような実情なのだろうか。内閣府が2021年3月に発表した調査結果【高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)】を基に、運転免許の自主返納などをした高齢者における、返納理由について確認していくことにする。

続きを読む "高齢者の運転免許の自主返納などの理由、トップは「自身の運転に自信がなくなった」"

3時10分出産・高齢化・寿命, 鉄道・交通

輸入量トップは中国で4.65兆立方フィート…世界各国の天然ガス埋蔵・生産・輸出入量(最新)

2021-1104【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】【公開データベース】には、主要エネルギー資源の各国における埋蔵量や生産量、輸出入量など数多くのデータが収録されている。今サイトではこのデータベースの値を基に、「原油(石油)」「天然ガス」「石炭」の主要3資源の最新状況などを逐次確認し、確認している。今回は現時点における最新の天然ガス関連の動向に関して、いくつかの切り口から状況をまとめていくことにする。

続きを読む "輸入量トップは中国で4.65兆立方フィート…世界各国の天然ガス埋蔵・生産・輸出入量(最新)"

3時9分EIA, 逐次新値反映記事

2021/11/23

消費量トップは中国の41.77億トン…世界各国の石炭埋蔵・採掘・輸出入量(最新)

2021-1104当サイトでは【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】【公開データベース】の値を基に、世界各国の主要エネルギーの生産・消費・輸出入動向をまとめている。今回はその各値を基に、石油や天然ガスとともに注目を集め、多方面で用いられている石炭に関して、国際的な実情を複数の面から確認する。

続きを読む "消費量トップは中国の41.77億トン…世界各国の石炭埋蔵・採掘・輸出入量(最新)"

3時7分EIA, 逐次新値反映記事

2021/11/22

前年同月のGoToキャンペーンによる行楽需要の反動でマイナス…2021年10月度のコンビニ売上高は既存店が1.1%のマイナス、2か月ぶり

2021-1122日本フランチャイズチェーン協会は2021年11月20日に、コンビニエンスストアの2021年10月度分統計調査月報を、同協会公式サイト上で公開した。その内容によると協会加盟コンビニの同月度の売上高は既存店前年同月比でマイナス1.1%となり、2か月ぶりのマイナスを示すこととなった。前年同月がGoToキャンペーンにより行楽需要などで盛り上がったことの反動で、来店客数に大きなマイナスが出たことが売上高に響く形となった。一方、平均気温が高かったことで、冷やし麺やソフトドリンク、アイスクリームなどの冷えものが好調に推移した(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

続きを読む "前年同月のGoToキャンペーンによる行楽需要の反動でマイナス…2021年10月度のコンビニ売上高は既存店が1.1%のマイナス、2か月ぶり"

14時20分コンビニ売上, 逐次新値反映記事

最大生産国はアメリカ合衆国で日産1861万バレル…世界各国の石油生産・輸入・輸出量の実情(最新)

2021-1103多様なエネルギー資源が開発されている現在でもなお、化石燃料の代表格で産業、経済、さらには人々の社会生活そのものを支える柱となっているのが石油(原油)。その石油の各国における生産量や輸出量・輸入量の動向は複数の調査機関や公的機関が精査し、公開している。今回は【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】による【公開データベース】の提供値を基に、現在確認できる範囲の状況をチェックしていくことにする。

続きを読む "最大生産国はアメリカ合衆国で日産1861万バレル…世界各国の石油生産・輸入・輸出量の実情(最新)"

3時5分EIA, 逐次新値反映記事

日本は「使い方が分からない」が最多で50.3%…情報機器を使わない高齢者の「なぜ」を探る(最新)

2021-1102先行記事【SNS利用、日本は12.6%、米国は44.0%…ファックスやパソコン、携帯電話…高齢者の情報機器の利用実態(最新)】において、内閣府が2021年6月11日に発表した、高齢者の生活と意識に関する国際比較調査の最新版となる第9回調査結果を基に、高齢者における情報機器(ファックスやパソコン・携帯電話そのものやそれを使ったインターネットの利用までも含む)の利用状況を確認した。その際、少なからぬ高齢者が情報機器は使っていないと回答している。情報機器を縦横無尽に利用している現役世代、子供達には不思議な選択にしか見えないが、それなりの理由があり、高齢者は「使わない」との選択をしている。今回はその選択の内情を確認していく(【内閣府:高齢者の生活と意識に関する国際比較調査一覧ページ】)。

続きを読む "日本は「使い方が分からない」が最多で50.3%…情報機器を使わない高齢者の「なぜ」を探る(最新)"

3時3分高齢社会白書, 逐次新値反映記事

2021/11/21

NHKが復調の気配…主要テレビ局の複数年にわたる視聴率推移(最新)

2021-1119先行する記事で主要キー局における直近の視聴率動向の確認を行った。今回はそれら最新のデータを基に、過去複数年間にわたるキー局(+α)視聴率の移り変わりをグラフ化し、状況の精査を行うことにする。単独番組の、あるいは1年単独での視聴率は語られる、耳にすることはあるが、複数年の移り変わりを確認できる機会はさほど設けられていない。テレビ市場、テレビ業界動向を推し量るには、貴重なデータであることは間違いない。

続きを読む "NHKが復調の気配…主要テレビ局の複数年にわたる視聴率推移(最新)"

4時26分テレビ視聴率, 逐次新値反映記事

2021/11/20

主要局はほぼ下落…主要テレビ局の直近視聴率実情(2022年3月期・上期)

2021-1119従来型4マスメディア、具体的にはテレビ・新聞・雑誌・ラジオの中で、最大の広告市場規模と媒体力を持つとともに、昨今の広告市場動向では、唯一復調の兆しを示しているのがテレビ。そのテレビ全体、あるいは各局、さらには各番組のすう勢を推し量るのに、もっともシンプル、かつ明確な指標が「(世帯)視聴率」。要は世帯単位でどれだけその番組・テレビ局、さらにはテレビ放送そのものが視聴されているかを指し示したもので、雑誌や新聞ならば購読者数、販売部数に相当する。今サイトではテレビ局の中でもキー局、そして上場を(直接、あるいは間接的に)果たしている企業の(半期)決算短信資料などを基に、ほぼ半年毎にキー局の視聴率動向を確認している。今回は2021年11月に発表された各社の半期決算短信資料を基に、2022年3月期(2021年4月から2022年3月)における上期の視聴率動向を確認していくことにする。

続きを読む "主要局はほぼ下落…主要テレビ局の直近視聴率実情(2022年3月期・上期)"

3時21分テレビ視聴率, 逐次新値反映記事

1.4%ポイント前年同期から好転…大学生の2021年10月1日時点での就職率は71.2%に

2021-1119厚生労働省は2021年11月19日、2021年度(令和3年度、2021年4月1日から2022年3月31日)における大学や短期大学、高等専門学校、専修学校の卒業予定者就職内定状況に関する最新調査結果を公開した。その発表資料によれば2021年10月1日時点の大学卒業予定者の就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)は71.2%となり、昨年同時期と比べ1.4%ポイントの増加(好転)が見られたことが明らかになった(【令和4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を公表します】)。

続きを読む "1.4%ポイント前年同期から好転…大学生の2021年10月1日時点での就職率は71.2%に"

3時17分就職率(厚労省), 逐次新値反映記事

2021/11/19

少しずつ冷え込む…株式市場雑感(21/11/15-21/11/19週)(週終値:2万9745円87銭)

■21/11/12:日経平均終値2万9609円97銭/99.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。半導体関連銘柄を中心に買われたものの、積極的な動きにはならず、上げ幅も限定的なものにとどまった。出来高は東証一部上場のみで11億6341万株。前営業日比で日経平均株価は+0.56%、TOPIXは+0.39%、マザーズ指数は+2.00%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+1.13%となる。

続きを読む "少しずつ冷え込む…株式市場雑感(21/11/15-21/11/19週)(週終値:2万9745円87銭)"

19時0分株式市場雑感



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS