2021/10/31

日本は1.36、米国は1.71、韓国は0.92…各国の合計特殊出生率推移

先に【先進諸国の出生率や離婚率など】で先進諸国の直近における合計特殊出生率を、【日本の出生率と出生数】で日本の合計特殊出生率の推移を、【アメリカ合衆国の人種別出生率の詳細】でアメリカ合衆国の合計特殊出生率の推移をチェックした。そして先日別件で出生率関連を調べていたところ、主要諸国の合計特殊出生率の推移を把握できるデータを見つけることができた。そこで今回はその内容について精査をしていくことにする。

続きを読む "日本は1.36、米国は1.71、韓国は0.92…各国の合計特殊出生率推移"

3時0分少子化社会対策白書, noindex

2021/10/29

選挙前…株式市場雑感(21/10/25-21/10/29週)(週終値:2万8892円69銭)

■21/10/25:日経平均終値2万8600円41銭/76.4
本日の東京株式市場は安値低迷。前営業日の米国市場は高値だったものの、一部IT銘柄が急落したことや、選挙の結果をネガティブにとらえた売りが入り、寄り付きから大きく売られ、低迷感が支配する相場展開となった。出来高は東証一部上場のみで10億4576万株。前営業日比で日経平均株価は-0.71%、TOPIXは-0.34%、マザーズ指数は-1.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.90%となる。

続きを読む "選挙前…株式市場雑感(21/10/25-21/10/29週)(週終値:2万8892円69銭)"

19時0分株式市場雑感

初婚年齢は高齢化とともに分散化…初婚年齢推移(最新)

2021-1017経済上の安定感、社会通念の変化、医療技術の進展など、多様な原因によって、日本では晩婚化・高齢出産化が進行中だと言われている。日本の結婚や子育てに関する諸問題のデータを収集・精査し、対応する政策を例示するとともにさらなる状況改善のための提言を行う内閣府の白書「少子化社会対策白書(旧少子化社会白書)」でも、その観点における問題点を提起し、具体的な状況確認をしている。今回はその部分、「初婚年齢」と「母親の出生時の年齢」の推移について、一次データとなる人口動態調査(確定報)の更新を踏まえ、最新値の補完などを行いながら、現状を再確認していくことにする(【発表リリース:少子化社会対策白書(旧少子化社会白書)について】)(【発表ページ:令和2年(2020)人口動態統計(確定数)の概況】)。

続きを読む "初婚年齢は高齢化とともに分散化…初婚年齢推移(最新)"

2時56分結婚・離婚・恋愛, 逐次新値反映記事

10冊以下の小学生11.0%…小中学生の家に本は何冊あるのだろうか

最近は電子書籍などでも読める機会を得られるようになったため、心配は不要との意見もあるが、日常生活において本に触れる機会がないと、情操教育の観点では好ましくないとの意見がある。一方で世帯内には本棚の類が無く、本を自宅に備えていつでも読める環境を作るという考え方が無い、つまり本は普段の生活の上では必要ないと考えている人がいるのも事実。今回は文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、小中学生の世帯における本事情を確認していくことにする(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "10冊以下の小学生11.0%…小中学生の家に本は何冊あるのだろうか"

2時0分全国学力・学習状況調査, noindex

2021/10/28

毎日朝食を食べている小学生は85.8%…子供の日常生活を新聞閲読と朝食の観点から実情確認

子供の日常生活の実情は保護者以外には分かりにくい。全体像はなおさらの話。今回は文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、小中学生の日常生活に関して、新聞の閲読や朝食の観点から確認していくことにする(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "毎日朝食を食べている小学生は85.8%…子供の日常生活を新聞閲読と朝食の観点から実情確認"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

小学生2.15時間、中学生2.31時間…増加傾向にある小中学生のテレビゲーム時間、そして学力テストとの関係は

文部科学省は2021年8月31日、毎年実施している全国学力・学習状況調査の最新版となる2021年度版の内容を公開した。それによると、小中学生ともに7割以上は平日でも1日1時間以上パソコンや家庭用ゲーム機、スマートフォンなどによるテレビゲームをしていることが分かった。平均時間は小学生で2.15時間、中学生では2.31時間。また、テレビゲームをする時間の短さと、学力テストの平均正答率との間には、相関関係があることが明らかにされている(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "小学生2.15時間、中学生2.31時間…増加傾向にある小中学生のテレビゲーム時間、そして学力テストとの関係は"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

「いじめはいけないこと」小中学生は9割以上が同意…人助けといじめ、小中学生の姿勢

社会生活の経験に乏しく、だからこそ学校生活の中でさまざまな常識やルールを学んでいく過程にある子供達において、困っている人を見かけた時にどのような姿勢を取るかは、重要な学習要素となる。また、理不尽な形での他人への攻撃を意味する「いじめ」をよしとするか否かも、人として大切な常識であり、学ぶべき要素に違いない。今回は文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、「他人が困っている時は進んで助けているか」「いじめはどのような理由があってもいけないことだと思う」の2点について、小中学生の認識を確認する(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "「いじめはいけないこと」小中学生は9割以上が同意…人助けといじめ、小中学生の姿勢"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

2021/10/27

難しいことでも失敗を恐れずに挑戦するか、小学生は7割が肯定的…小中学生のチャレンジ精神の実情

何事にも困難さやリスクは存在するが、それを勘案した上で手掛けないと、新しい行動を起こすことは不可能に近い。可能性を見極める慎重さは必要だが、失敗を恐れていては何もできないに等しい。いわばチャレンジ精神ともいえる、難しいことでも失敗を恐れずに挑戦するか否かの意欲について、小中学生の実情を、文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に確認していくことにする(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "難しいことでも失敗を恐れずに挑戦するか、小学生は7割が肯定的…小中学生のチャレンジ精神の実情"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

将来の夢や目標を持つ小学生は約8割…小中学生の自己肯定や将来への願望の実情

海外の人と比べて日本人は自己肯定の意識が低いとの指摘がある。実際、【際立つ日本の自虐感…日米中韓高校生の自分自身への認識の違い(2015年)】にもあるように、それを裏付ける国際調査結果も確認できる。それでは今の小中学生は実のところとして、どれほどの自己肯定意識を持っているのだろうか。文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、確認していくことにする(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "将来の夢や目標を持つ小学生は約8割…小中学生の自己肯定や将来への願望の実情"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

2021/10/26

毎日読んでいるのは小学生5.3%、中学生3.5%…気になる子供の新聞閲読率の実情

メディアの多様化の結果として、いわゆる「新聞離れ」が指摘されている。実際、新聞の発行部数は漸減状態にある。それでは将来を担う子供達の間でも、「新聞離れ」は生じているのだろうか。文部科学省が2021年8月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版となる2021年度版の内容などを基に、その実情を確認していく(【発表リリース:令和3年度全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "毎日読んでいるのは小学生5.3%、中学生3.5%…気になる子供の新聞閲読率の実情"

3時0分全国学力・学習状況調査, noindex

2021/10/25

テレビ番組をリアルタイムで観ている人の割合やその時間に変化はあるのだろうか(最新)

2021-1006インターネットの普及とその窓口となるデジタル系端末、特にスマートフォンの利用率上昇に伴い、人の娯楽、中でも映像を観るタイプの娯楽の選択肢は大きな増加を示す形となった。「ながら利用」はあるものの、リアルタイムで放映されるテレビ番組にとって、テレビ受像機を直接占有される据置型家庭用ゲーム機と比べればダイレクトにではないが、インターネットを用いた多用な行動は、確実に人の娯楽教養の時間消費においてライバル視される存在となっている。それではテレビ番組を観る人は減少をしているのだろうか。観ている人における視聴時間に変化はあるのだろうか。総務省情報通信政策研究所が2021年8月25日に発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果をもとに、その実情を確認していく(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "テレビ番組をリアルタイムで観ている人の割合やその時間に変化はあるのだろうか(最新)"

3時21分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2021/10/24

20-40代は実質的にほぼ全員がスマートフォン利用者…従来型とスマホ、携帯電話それぞれの利用率の推移(最新)

2021-1005先行する記事【パソコンは平日33.7%の人が利用…パソコンや従来型携帯電話、スマートフォンなどの利用状況を確認してみる(最新)】などで、総務省情報通信政策研究所が2021年8月25日に発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方。以下同)などの利用状況を確認した。今回は直近版となる2020年分の調査結果だけでなく、過去の調査結果も併せ、経年における利用率の推移を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "20-40代は実質的にほぼ全員がスマートフォン利用者…従来型とスマホ、携帯電話それぞれの利用率の推移(最新)"

3時13分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2021/10/23

3年で中卒者は5割台、高卒者は3割台後半が離職…学歴別・就職後の離職状況(最新)

2021-1023内閣府では2021年6月11日に2021年版となる「子供・若者白書(旧青少年白書)」を発表した。その白書においては、主に若年層に関する公的調査の結果を取りまとめ、多方面から若年層の実態を分析している。今回はその中から、無事に就職を果たした後の仕事先からの離職率(見方を変えれば「職場定着率」)の推移について見て行くことにする。就職率、失業率とはまた別の視点で、若年層の就労実態を確認できる結果が出ている(【発表リリース:子供・若者白書(旧青少年白書)について】)。

続きを読む "3年で中卒者は5割台、高卒者は3割台後半が離職…学歴別・就職後の離職状況(最新)"

4時27分子供・若者白書, 逐次新値反映記事

観ているのは8割強、そのうちタブレット型端末メインが3割強…子供たちのネット動画視聴動向を探る(最新)

2021-1005インターネット回線の高速化と動画再生技術の飛躍的な進歩、スマートフォンの普及に伴い、かつて双方向性のテレビ電話的なものとして未来技術の一つに挙げられた、機動力が高く利用者が自在に操作できる、利用ハードルの低い動画視聴エンターテインメントが、スマートフォンと動画配信・共有サイトによって現実のものとなりつつある。それに伴い、保護者が環境を提供することにより、幼少時の子供たちも動画を楽しむ機会が増えている。今回は総務省情報通信政策研究所が2021年8月25日に発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、その実情を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "観ているのは8割強、そのうちタブレット型端末メインが3割強…子供たちのネット動画視聴動向を探る(最新)"

3時32分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2021/10/22

秋はパス…株式市場雑感(21/10/18-21/10/22週)(週終値:2万8804円85銭)

■21/10/18:日経平均終値2万9025円46銭/92.0
本日の東京株式市場は下値もみ合い。前週末の米国市場での堅調さを背景に寄り付きは回教徒なったものの、先物主導で売り込まれ、下値での推移となった。前週上昇分の利益確定売りもあったようだ。出来高は東証一部上場のみで10億8498万株。前営業日比で日経平均株価は-0.15%、TOPIXは-0.23%、マザーズ指数は-0.90%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.13%となる。

続きを読む "秋はパス…株式市場雑感(21/10/18-21/10/22週)(週終値:2万8804円85銭)"

19時0分株式市場雑感

「そっこう」「めっちゃ」など新しい言葉達の浸透実情

2021-1016間違いや思い付きなどで生まれた創作語が、あるいは一部地域でのみ・特定の環境下でだけ使われていた言い回しが、何かをきっかけに世間一般に浸透して新しい言葉として認識されることがある。業界用語が普通に使われるようになるのがよい例だが、これは言葉の進化、あるいは変容と表現でき、昔からごく普通に生じていた動きでしかない。今回は文部科学省が2021年9月24日に発表した「国語に関する世論調査」の結果を基に、いくつかの新しい言葉について、その浸透実情を確認する(【発表リリース:令和2年度「国語に関する世論調査」の結果について】)。

続きを読む "「そっこう」「めっちゃ」など新しい言葉達の浸透実情"

3時13分国語に関する世論調査

2021/10/21

YouTube、ニコ動、Instagram、Snapchat、そしてTikTok…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(動画・画像編)(最新)

2021-1005先行記事【LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)】において、総務省情報通信政策研究所が2021年8月25日に発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、数年間にわたる主要ソーシャルメディアなどの利用状況を確認した。そこではFacebookやTwitterなどのテキストメインのサービスを対象としたが、同調査では画像や動画を中心にしたソーシャルメディアに関しても、同様に経年による調査が実施されている。そこで今回は動画や画像中心のソーシャルメディアに関して、取得可能な限りの経年による利用動向を精査していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "YouTube、ニコ動、Instagram、Snapchat、そしてTikTok…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(動画・画像編)(最新)"

3時20分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2021/10/20

LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)

2021-1005この数年でコミュニケーションの様式を大きく変化させた要因の一つに挙げられるのがソーシャルメディア。スマートフォンと相互作用する形で普及率はうなぎのぼりとなり、さまざまな社会・経済方面にも影響を与えている。今回は総務省情報通信政策研究所が2021年8月25日に発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果をもとに、数年間にわたる主要ソーシャルメディアなどの利用状況を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)"

3時19分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2021/10/19

関心、自分の生活との比較、騒いでよくなるか…政治への思いを探る(最新)

2021-1004国民全体に対するさまざまな施策を国家単位で執り行う活動や、その施策そのもの、さらにはそれらを成すためのさまざまな様式、意識決定などをまとめて政治と呼んでいる。その政治に対し、人々はどの程度関心を持ち、いかなる想いを抱いているのか。今回は総務省が2021年8月25日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、政治にまつわる4項目の結果を抽出し、その実態を確認していく(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "関心、自分の生活との比較、騒いでよくなるか…政治への思いを探る(最新)"

2時59分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

5つの視点からメディアへの信頼度を年齢階層別に確認してみる(最新)

2021-1004先行する記事【国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか】などで、総務省が2021年8月25日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、いくつかのジャンルに係わるニュースを取得する際に、人々がどのような情報源を信頼しているかを検証した。今回は調査で取り上げられている5つのジャンルについて、信頼度、そしてそもそも論としてそのメディアをニュース取得源として用いているか否かを確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "5つの視点からメディアへの信頼度を年齢階層別に確認してみる(最新)"

2時56分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS