2021/08/31

貯蓄は男性162万円・女性196万円…一人身で働く若者のお財布事情の詳細(最新)

2021-0824人口構成比や就業構造の変化に伴い、社会的に軽んじられているとの認識が自他ともに大きくなりつつある若年層。特に単身者(=未婚者)は比率そのものは増加していき影響力は増加する一方で、生活の苦しさはむしろ増大しているとの指摘もある。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、一人暮らしで働く若者世帯(29歳以下)における、平均的なライフスタイルの現状を、主にお金の面から確認していくことにする。

続きを読む "貯蓄は男性162万円・女性196万円…一人身で働く若者のお財布事情の詳細(最新)"

3時19分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

単身世帯で電子マネーはどこまで使われているのか…単身世帯における年齢階層別電子マネーの利用状態(最新)

2021-0821先に【一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)】において、【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、電子マネー(プリペイド)の利用度が高い品目について精査を行った。今回はその発展版として、「年齢階層別の消費支出における電子マネーの具体的平均利用額」などを確認していく。単身世帯では電子マネーはどの程度利用されているのだろうか。

続きを読む "単身世帯で電子マネーはどこまで使われているのか…単身世帯における年齢階層別電子マネーの利用状態(最新)"

3時14分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/30

一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)

2021-0821店舗や交通機関で代金、対価を支払う際に、今なお現金は必要不可欠に違いないが、クレジットカードや電子マネーも多分に利用できる機会が増え、さらに特典が用意されていたり、お金の管理の利便性などから、日常生活において多分に浸透しているのは誰もが体験している通り。それでは実際に、普段の生活の支払いで、どの程度電子マネーが使われているのだろうか。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、一人暮らし世帯にスポットライトを当て、電子マネーの利用状況を確認していく。

続きを読む "一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)"

3時15分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

借金と貯蓄の合算は…単身世帯の貯蓄・負債・純貯蓄額の実情(最新)

2021-0813先行記事【若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)】において、総務省統計局が2021年5月28日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、単身世帯における年収や貯蓄額の現状を確認した。これらはあくまでもお金の入り具合、貯めている現状のみを示しており、同時に抱えているであろう負債に関しては考慮されていない。そこで今回は各種負債、さらにはその負債も考慮した上での純貯蓄額を考察していくことにする。

続きを読む "借金と貯蓄の合算は…単身世帯の貯蓄・負債・純貯蓄額の実情(最新)"

3時12分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

2021/08/29

若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)

2021-0813労働の対価などで得られる収入で人々は日々の生活を充足させ、さらに将来やリスクに備え蓄財をしていく。お金の動向は生活の状況を如実に表す指標の一つとして、多数の調査における対象項目となり、さまざまな状況確認や分析の材料として用いられることになる。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】を基に、単身世帯における年収や貯蓄額の現状を確認していくことにする。

続きを読む "若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)"

3時16分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

一人身生活の友、本やCD、ゲームをネット通販で購入しているか…単身世帯における教養娯楽品のネット通販での購入比率の移り変わり(最新)

2021-0812配偶者や子供との同居生活と比べて一人暮らしでは、何かと自身の趣味への出費に対し、甘い判断をしがちとなる。自分の趣味に理解を示していない(かもしれない)相手の目を気にすることなく、購入の判断ができるからだ。一方でインターネットの普及に伴い急速に利用する人が増え、サービスも充実しつつあるインターネット通信販売(ネット通販)は、特に趣味関連商品において、その利便性を存分に発揮しつつある。自らが欲しいジャンルの商品に関して続々新着情報を伝え検索対象に加えて来るだけでなく、インターネットのさまざまな情報発信元から多様な購入衝動を駆りたてるレポートが配信され、ネット通販サイトで即時にその衝動を体現化できる仕組みが用意されているからだ。今回は総務省統計局が2021年5月18日まで発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、単身世帯の教養娯楽費に関して、ネット通販の利用状況の変化を見ていくことにする。

続きを読む "一人身生活の友、本やCD、ゲームをネット通販で購入しているか…単身世帯における教養娯楽品のネット通販での購入比率の移り変わり(最新)"

3時13分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

2021/08/28

待機児童数は5634人、施設拡充とコロナ禍で大幅減…保育所待機児童の実情(最新)

2021-0828厚生労働省は2021年8月27日、保育所関連の状況を取りまとめた報告書を発表した。それによると、保育所の入所を希望して申請しているにもかかわらず、希望保育所が満員などで入所できない「保育所等待機児童」(待機児童)は2021年4月1日時点で5634人となり、前年同時期比で6805人減少したことが明らかになった。これは4年連続の前年比での減少となる(【発表リリース:保育所等関連状況取りまとめ(令和3年4月1日)及び「子育て安心プラン」「新子育て安心プラン」集計結果を公表】)。

続きを読む "待機児童数は5634人、施設拡充とコロナ禍で大幅減…保育所待機児童の実情(最新)"

7時19分教育・育児, 逐次新値反映記事

あおり運転対策としてのドライブレコーダー、選択基準はまず価格(最新)

2021-0826最近の交通事情で高齢者の事故とともによく見聞きするのが、あおり運転。【JAFの解説ページ「危険な「あおり運転」を受けたら、どうすればよいのでしょうか?」】によるとあおり運転を「後方から車間距離を詰めて威嚇したり、前に割り込んで急ブレーキを踏んだりするなどの悪質かつ危険な行為」と定義した上で、その具体的な違反行為として「通行区分違反」「急ブレーキ禁止違反」「車間距離不保持」「進路変更禁止違反」「追越し違反」「減光等義務違反」「警音器使用制限違反」「安全運転義務違反」「最低速度違反(高速自動車国道)「高速自動車国道等駐停車違反」の10類型の違反行為を挙げている。今回はソニー損害保険が2021年8月24日付で発表した、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2021年版を基に、あおり運転対策としてのドライブレコーダーについて見ていくことにする。

続きを読む "あおり運転対策としてのドライブレコーダー、選択基準はまず価格(最新)"

3時18分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

2021/08/27

暑さぶり返す…株式市場雑感(21/08/23-21/08/27週)(週終値:2万7641円14銭)

■21/08/23:日経平均終値2万7494円24銭/82.5
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前営業日の米国市場の高値感や、前週の大幅安の反動を受ける形で、寄り付きから積極的に買い進まれた。アジア市場が堅調だったのも後押しとなった。出来高は東証一部上場のみで9億4416万株。前営業日比で日経平均株価は+1.78%、TOPIXは+1.83%、マザーズ指数は+2.87%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.19%となる。

続きを読む "暑さぶり返す…株式市場雑感(21/08/23-21/08/27週)(週終値:2万7641円14銭)"

19時0分株式市場雑感

スーパーの圧倒感、高齢者も少しずつコンビニを…単身世帯の過去25年間にわたる食料買い入れ先の移り変わり(最新)

2021-0812先行記事【スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)】において、総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の各種調査結果の値を元に、単身世帯の日常生活における生活用品の数々の購入場所の変化に関する検証を行った。今回はその購入用品のあれこれの中から、食料に係わる部分を注目し、その変遷を見ていくことにする。要は「単身世帯の食生活における頼りどころ、食料の買い入れ先の変移」を精査する次第。

続きを読む "スーパーの圧倒感、高齢者も少しずつコンビニを…単身世帯の過去25年間にわたる食料買い入れ先の移り変わり(最新)"

3時25分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

ドライブレコーダーは43.0%…自動ブレーキとドライブレコーダーの搭載実情(最新)

2021-0825自動車は非常に便利ではあるが、同時に危険性の高い道具に違いない。ちょっとした判断ミスや故障、トラブルで多くの人を巻き込む事故の引き金が引かれてしまう。しかし多数の経験や技術の進歩により、少しずつ事故発生そのもの、そして事故が生じた際の被害を減らす仕組みが生み出され、導入されている。今回はソニー損害保険が2021年8月24日付で発表した、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2021年版を基に、自家用車へのドライブレコーダーと自動ブレーキの搭載実情を確認していくことにする(【発表リリース:ソニー損保、「2021年 全国カーライフ実態調査」】)。

続きを読む "ドライブレコーダーは43.0%…自動ブレーキとドライブレコーダーの搭載実情(最新)"

3時21分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

2021/08/26

女性に人気の軽自動車、年々所有率も増える傾向だったが(最新)

2021-0825ソニー損害保険は2021年8月24日付で、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2021年版を同社公式サイト上に公開した。その内容によると、自家用車を所有し常用する調査対象母集団のうち、常用車両が軽自動車とする人は4割強であることが分かった。女性に限れば40代以外は5割を超えている(【発表リリース:ソニー損保、「2021年 全国カーライフ実態調査」】)。

続きを読む "女性に人気の軽自動車、年々所有率も増える傾向だったが(最新)"

3時22分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

車の負担、もっとも重く感じられるのは自動車税(最新)

2021-0825ソニー損害保険は2021年8月24日、カーライフの実態に関する定点観測的調査の2021年分における調査結果を発表した。それによると自家用車を所有し常用する調査対象母集団においては、車の諸経費でもっとも負担を感じるものは「自動車税」だった。68.6%の人が負担を覚えている。車検・点検費が次点で、料が続いている。ガソリン代・燃料代はかつて年々負担に感じるとの回答率が増加し、2014年分で初めて最上位についたが、それ以降はガソリン代の相場に連動する形で上下の動きを示している(【発表リリース:ソニー損保、「2021年 全国カーライフ実態調査」】)。

続きを読む "車の負担、もっとも重く感じられるのは自動車税(最新)"

3時20分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

2021/08/25

全体ではプラス0.1%でごくわずかな不足感、型わく工(建築)がやや余剰…建設業界の人手不足状況(2021年7月分まで)(最新)

2021-0825以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2021年8月25日に発表された最新版となる2021年7月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "全体ではプラス0.1%でごくわずかな不足感、型わく工(建築)がやや余剰…建設業界の人手不足状況(2021年7月分まで)(最新)"

16時7分建設労働需給, 逐次新値反映記事

2021年7月度外食産業売上プラス2.1%…4か月連続の前年比プラス

2021-0825日本フードサービス協会は2021年8月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2021年7月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でプラス2.1%を示した。新型コロナウイルス流行による緊急事態宣言やまん延防止措置の発出継続による制限継続で客足は大きく鈍っており、比較対象となる前年同月の2020年7月が外出自粛下で大きな落ち込み(総合売上は前年同月比マイナス15.0%)を示していたにもかかわらず、それとの比較でもわずかなプラスとしかならなかった。なお発表では但し書きとして「コロナ前の2019年比ではマイナス13.7%に過ぎない」とあり、今回のプラスは反動の領域内の動きでしかないとしている(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2021年7月度外食産業売上プラス2.1%…4か月連続の前年比プラス"

14時48分外食産業売上, 逐次新値反映記事

スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)

2021-0812総務省統計局では2021年5月18日までに【2019年全国家計構造調査】の主要調査結果を発表した。今件調査は5年おきに実施されており、現状では直近分も含め6回分の値を取得することができる。そこで今回は【「高齢単身者のコンビニ離れ」…一人暮らしでの買物先の実情(最新)】で精査した「単身世帯の買物先」の変化を、今回発表分も含めて都合6回分、過去25年間にさかのぼり、その推移を確認していく。

続きを読む "スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)"

3時29分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/24

前年同月の反動を抑える形で食料品がプラス、早期梅雨明けや猛暑で住関品・衣料品の季節物も健闘…2021年7月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス4.6%

2021-0721チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2021年8月24日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2021年7月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2021年7月の食料品は前年同月における内食消費急増(プラス4.5%)の反動を受けたもののプラスを示し、住関品も前年同月のプラス(プラス5.1%)からの反動を抑える形でプラス(プラス7.4%)、他方、衣料品は前年同月の大幅なマイナス(マイナス13.4%)からの反動による押し上げ効果もありプラスとなった(プラス2.8%)。結果として、売上総額の前年同月比はプラス4.6%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "前年同月の反動を抑える形で食料品がプラス、早期梅雨明けや猛暑で住関品・衣料品の季節物も健闘…2021年7月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス4.6%"

14時26分チェーンストア売上, 逐次新値反映記事

日本の家計資産残高は増加、1946兆円に…日米家計資産推移(最新)

2021-0824日本銀行は2021年8月20日付で、2021年第1四半期(1-3月、Q1)の「資金循環の日米比較」レポートを公開した。その内容によれば日本では前回公開値比で「現金・預金」「債券」「投資信託」「株式・出資金」「保険・年金準備金」の額が増え、「その他」の額が減少し、金融資産総額は増加し1946兆円となった。高い貯蓄性向は継続されており、日本の「現金・預金」比率は相変わらず5割を超えている(【日本銀行:資金循環リリース掲載ページ】)。

続きを読む "日本の家計資産残高は増加、1946兆円に…日米家計資産推移(最新)"

7時8分日米家計資産推移, 逐次新値反映記事

9月は防災月間だが非常食として欠かせないミネラルウォーターやカップ麺の購入はどの地域が盛んなのだろうか(最新)

2021-08221923年9月1日に発生した関東大震災を受け、9月は防災月間と定められている。災害に備えて用意されることが多い非常食の中でも、すぐにイメージが思い浮かぶのがミネラルウォーターやカップ麺だが、これらの購入はどの地域で盛んなのだろうか。総務省統計局の家計調査の結果を基に確認する。

続きを読む "9月は防災月間だが非常食として欠かせないミネラルウォーターやカップ麺の購入はどの地域が盛んなのだろうか(最新)"

3時21分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2021/08/23

単身生活の食生活は世代を超えてスーパーが頼り…単身世帯の食品・教養娯楽品購入先の実情(最新)

2021-0812結婚前、あるいは定年退職後の高齢者においても、一人身の生活では他の世帯構成員の目を気にしなくてもよいため、食事や趣味の品々への金銭感情が甘いものとなり、ついつい無駄遣いをしてしまう。あるいは一人身だからこそそれらに注力し、寂しさをまぎらわせるとも解釈できる。今回はそのような一人身暮らしの人が日常生活の上で調達する食料や教養娯楽品に関し、どのようなお店から購入しているかについて、総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、その実態を見ていくことにする。

続きを読む "単身生活の食生活は世代を超えてスーパーが頼り…単身世帯の食品・教養娯楽品購入先の実情(最新)"

3時3分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS