2021/05/23

新型コロナの巣ごもり化影響で各局の特質が視聴率の動きにも反映…主要テレビ局の直近視聴率(2021年3月期下半期・通期)

従来型4マス、つまりテレビ・新聞・雑誌・ラジオの中では最大の広告市場規模と媒体力を誇り、昨今の広告市場動向を見るに復調の兆しを示しているとも評されているテレビ。そのテレビにおいて、各局の権威、メディア力、力量を推し量る一つの指針となるのが「視聴率」。雑誌や新聞なら購読者数に該当するこの値は、テレビ全体のすう勢とともに、各局のパワーバランスを見決めるのにも欠かせない。今サイトではテレビ局のうちキー局でもあり上場を(直接、あるいは間接的に)果たしている企業の(半期)決算短信資料などを基に、ほぼ半年間隔でキー局の動向を確認している。今回は2021年5月付で発表された各社の決算短信資料などを基に、2021年3月期(2020年4月-2021年3月)における下半期、そして通期の(世帯)視聴率動向をチェックしていく。

続きを読む "新型コロナの巣ごもり化影響で各局の特質が視聴率の動きにも反映…主要テレビ局の直近視聴率(2021年3月期下半期・通期)"

4時0分テレビ視聴率, noindex

2021/05/22

60年あまりにわたる民間・公営賃貸住宅の家賃推移

当サイトで毎月更新している「新設住宅戸数動向」は新築住宅の建設動向を記したものだが、個人の買取の住宅(持家)や売り出し用の住宅(分譲住宅)以外に、貸し出し用の賃貸住宅(貸家)の新設の動きも反映されている。住まいの需要として賃貸住宅は未だ民間・公営ともに大きな需要を持ち、その需要に応えるべく供給が行われている次第である。今回はその賃貸住宅の家賃について、【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に使った、総務省統計局が公開している【小売物価統計調査(動向編)調査結果】の値を基に、その移り変わりを精査していくことにする。

続きを読む "60年あまりにわたる民間・公営賃貸住宅の家賃推移"

4時0分長期価格・数値推移, noindex

40年あまりの高速自動車国道料金の推移

日本全土を網羅する高速自動車国道は、鉄道網・空路とともに日本の流通を支える大黒柱的存在の交通機関である。先の震災では東日本の随所で寸断されたものの、日本の動脈・静脈たるこれらを一刻も早く回復させるべく関係各方面が超人的な精力を傾け、魔法のようなスピードと仕上がりで復旧させたことは記憶に新しい。そしてその高速道を利用する料金も他の交通料金や商品価格同様、物価とともに上昇を続けている。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に用いた、総務省統計局の【小売物価統計調査(動向編)調査結果】の公開値などを基に、その移り変わりを確認していくことにする。

続きを読む "40年あまりの高速自動車国道料金の推移"

4時0分長期価格・数値推移, noindex

2021/05/21

続々梅雨入り…株式市場雑感(21/05/17-21/05/21週)(週終値:2万8317円83銭)

■20/05/17:日経平均終値2万7824円83銭/84.9
本日の東京株式市場は高値寄り付きの後、大幅下落の動き。寄り付きは前営業日の米国市場の堅調さを受けて買われたものの、先物主導で大きく売り込まれる形となった。出来高は東証一部上場のみで11億6498万株。前営業日比で日経平均株価は-0.92%、TOPIXは-0.24%、マザーズ指数は-3.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.02%となる。

続きを読む "続々梅雨入り…株式市場雑感(21/05/17-21/05/21週)(週終値:2万8317円83銭)"

19時0分株式市場雑感

過去70年あまりにわたる主要たばこの価格推移

月日の流れとともに物価も変動し、多様な商品の価格も変化を遂げていく。その価格動向をかいまみることで、生活の移り変わりや商品の特性を推し量ることができる。今回は各種商品の価格変移の中から、タスポ導入やたばこ税引上げに伴う価格のアップ、さらには主要販売店だったコンビニにおける立ち位置の変化、消費税率改定やたばこ税改定に伴う価格改定など、さまざまな動きを見せる「たばこ」の価格推移について見ていくことにする。

続きを読む "過去70年あまりにわたる主要たばこの価格推移"

5時0分長期価格・数値推移, noindex

60年あまりにわたるバス・タクシー初乗り料金の推移

鉄道とともに地域を支える公共インフラ・公的交通機関の代表として知られるバス、そして私営ではあるがより汎用性・柔軟性が高いタクシー。両交通機関は日本社会全体の高齢化や地域の過疎化に伴い、これまで以上に注目を集めつつある。特にバスはコストパフォーマンスの面などで地方の鉄道路線が廃止された後の代替機関として運用されることも多く、さらに最近では【愛らしいリスの名前募集…JR東日本、気仙沼線・大船渡線BRTのキャラクター愛称募集中】で詳しく解説しているBRT(Bus Rapid Transit、バス高速輸送システム。バス専用道路を鉄道網のように作り上げ、その上でバスを運行する仕組み)も普及し始めている。今回はこの両交通機関の初乗り運賃(料金)を調べ、その変動を精査することにした。

続きを読む "60年あまりにわたるバス・タクシー初乗り料金の推移"

5時0分長期価格・数値推移, noindex

40年あまりにわたる学校給食費の推移

運動会や文化祭、遠足のような非日常的イベントはもちろんだが、ほぼ毎日行われる学校での行事においても、子供達にとって楽しみなことは多い。その一つが「学校給食」。毎日配膳される給食はバラエティ豊かで栄養にも配慮されたもの。毎月配られる献立表を見て、その内容を想像し、胸踊る気持ちになった経験を持つ人も多いはず。一方、その学校給食を利用している子供達自身はもちろん、その保護者にも、学校給食の費用(給食費)は気になる出費の一つではある。今回はその給食費について、過去からの価格推移を見ていくことにする。

続きを読む "40年あまりにわたる学校給食費の推移"

5時0分長期価格・数値推移, noindex

2021/05/20

スマートフォンとタブレット型端末の普及率推移

デジタル端末として、インターネットへのアクセス機器として、今スポットライトを浴びているのがスマートフォンとタブレット型端末。似て非なる存在であり、パソコンの代替機として注目を集め、両者の特性を併せ持つ「ファブレット」(大きめのスマートフォン。サイズ的にはスマートフォンとタブレット型端末の中間)も区分種類として登場するほど。今回は内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】において2014年分から詳細区分によるデータ取得が始まった、この2種類の端末について、いくつかの切り口から普及率などの動向を確認していくことにする。

続きを読む "スマートフォンとタブレット型端末の普及率推移"

4時0分消費動向調査(普及率), noindex

50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる

時の流れとともに商品の流行り廃りは移り変わり、需要は変化していく。また原材料費をはじめとした生産コスト、さらには物流の仕組みも変化を遂げ、それも商品価格に大きな影響を与える。そのような物価の動向を概略的に推し量るのが消費者物価指数であり、先に【過去70年あまりにわたる消費者物価の推移】で示した通りの動きを示している。それでは具体的に、生活に身近な物品の価格はどれほどの変動を見せているのだろうか。区切りのよい半世紀、つまり50年前と現在の価格を比較してみることにした。

続きを読む "50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる"

4時0分長期価格・数値推移, noindex

2021/05/18

パソコンの世帯年収別普及率現状

昨今ではインターネットへの窓口としてパソコンだけでなくスマートフォンやタブレット型端末も急速に利用者が増え、普及率を上昇させつつある。特に若年層では最初に触れるインターネット端末がスマートフォンとなる場合が多く、そのまま常用を続け、パソコンへの接触機会が学校の授業など最小限のものとなり、キーボードを使う場面が減っているのではないかとの話もよく見聞きする。そしてスマートフォンの普及・キーボード利用機会の少ない若年層の増加背景に、世帯年収が少ない世帯ではパソコンを整備できず、代わりにスマートフォンを用いているとの説も呈されている。今回はそれらの話を検証する際に役立つであろう、パソコンやスマートフォン、さらにはタブレット型端末の世帯年収別普及率などについて、内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に確認していくことにする。

続きを読む "パソコンの世帯年収別普及率現状"

5時0分消費動向調査(普及率), noindex

2021/05/17

カラーテレビの普及率現状

配信される内容(テレビ番組)の質的劣化や競合メディアの浸透に伴う立ち位置の変化と連動性への模索、年齢階層別人口構成比率における高齢層の増加を受けての相対的なメディア力の持ち直しなど、周辺環境も含めて目まぐるしい動きを見せるテレビ界隈。そのテレビの本体の浸透率を把握できる、公的機関による調査の一つとして挙げられるのが内閣府の【消費動向調査】。今回はこの調査結果を基に、多方面の切り口からテレビの普及状況を確認していくことにする。同調査結果をソースにした先行記事【年齢階層別のテレビ普及率】と併せて目を通されることをお勧めする。

続きを読む "カラーテレビの普及率現状"

4時0分消費動向調査(普及率), noindex

2021/05/16

正規・非正規就業者数の詳細

日本の就業者(職員、従業員)の労働問題に関しては、正規・非正規の雇用形態による違いが大きくクローズアップされている。特に昨今では非正規就業者の増減にスポットライトが当てられ、物議がかもされている。そこで今回は、総務省統計局の労働力調査による公開値を基に、中期的な正規・非正規の状況変化について、具体的な数字を確認をしていくことにする(【労働力調査】)。

続きを読む "正規・非正規就業者数の詳細"

5時0分労働力調査, noindex

乗用車の普及率現状

公共交通機関の発達やライフスタイルの変化、お財布事情などを受け、都心部の若年層における乗用車離れが世間ではたびたび話題に上っているものの、多くの人にとって相変わらず乗用車が必要不可欠な移動ツールであることに変わりはない。そこで今回は内閣府が定期的に調査、結果内容を公開している調査結果【消費動向調査】を基に、乗用車の普及状況についてその現状を確認していくことにする。

続きを読む "乗用車の普及率現状"

5時0分消費動向調査(普及率), noindex

2021/05/15

タブレット型端末の普及率現状

ここ数年の間にスマートフォンとともに急速に普及が進み話題に上るようになったモバイル端末に、タブレット型端末が挙げられる。クリップボードほどのサイズの液晶がメインのデジタルデバイスで、それなりに高い機動性を持ち、ノートパソコンに匹敵するパソコン的な使い方が可能で、スマートフォンのようなタッチパネル方式での操作が行える。いわばパソコンとスマートフォンの中間的な立ち位置にある端末だが、最近ではノートパソコン的に使えるものも登場し、その柔軟性の高さから、パソコンの代替機として選択する人も多い。今回は内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に、そのタブレット型端末の普及状況について確認していくことにする。

続きを読む "タブレット型端末の普及率現状"

5時0分消費動向調査(普及率), noindex

2021/05/14

新型コロナの状況悪化とともに乱高下…株式市場雑感(21/05/10-21/05/14週)(週終値:2万8084円47銭)

■20/05/10:日経平均終値2万9518円34銭/90.8
本日の東京株式市場は高値圏での展開。前営業日の米国市場が堅調だったことを受け、寄り付きから大きく買い進まれた。しかし国内企業の決算発表前ということもあり、買われ方は限定的なものとなった。出来高は11億2670万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.55%、TOPIXは+0.99%、マザーズ指数は-0.41%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.01%となる。

続きを読む "新型コロナの状況悪化とともに乱高下…株式市場雑感(21/05/10-21/05/14週)(週終値:2万8084円47銭)"

19時0分株式市場雑感

たばこ自販機の台数と売上の推移

先行記事【自動販売機の現状】において自動販売機の業界団体である日本自動販売機工業会が毎年発表している、業界動向の報告書「自販機データ」を基に、各種自販機の台数動向を確認した。中でもたばこ自販機は目まぐるしく変化する周辺環境の影響を受け、劇的なまでの動きを示している。そこで今回は状況の確認も併せ、その実情の精査を行うことにする(【日本自動販売機工業会:自販機データ】)。

続きを読む "たばこ自販機の台数と売上の推移"

5時0分経済・金融・市場・家計, noindex

たばこ自販機は前年比台数6.1%減…自動販売機の現状

ジュースなどの飲料水やたばこに始まり、新聞・書籍やお菓子類などの実商品の販売、食堂やファミレスや牛丼チェーン店での食券、さらには両替機やコインロッカーのようなサービスの提供にいたるまで、世の中には多様な自動販売機が展開され、機能を発揮している。そして先の震災に伴う電力需給問題に絡んでバッシングを受け、省エネ化の動きが加速されたり、タスポの導入やたばこ需要の減退でたばこ自動販売機の数が激減するなど、社会情勢の変化を受けながらも、自動販売機は毎日活動を続け、人々の生活を支え続けている。今回はその自動販売機の動向を、業界団体の日本自動販売機工業会が毎年公開している報告書を基に、確認していくことにする(【日本自動販売機工業会:自販機データ】)。

続きを読む "たばこ自販機は前年比台数6.1%減…自動販売機の現状"

5時0分経済・金融・市場・家計, noindex

携帯電話の普及率現状

自動車搭載用の電話をベースに単純な持ち運びができる通話用電話機として始まり、ポケットに入るサイズにまで小型化するとともに、インターネットへのアクセスを可能とすることで、機動性の高い情報端末としての役割も果たすようになった携帯電話。昨今では従来型携帯電話に加え、タッチパネル方式で画面も大型化し、アプリケーションの活用によりパソコンに近い機能を持つスマートフォンの普及ぶりが著しい。今回は従来型とスマートフォンそれぞれにおける携帯電話の普及状況について、内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に確認していくことにする。

続きを読む "携帯電話の普及率現状"

5時0分消費動向調査(普及率), noindex

2021/05/12

若者とお年寄り、音楽の聴取方法の違い(最新)

2021-0503音楽を聴く方法は多様にわたるが、どの方法を使うのかは人それぞれ。普段の生活に密着した手段を用いることが多いため、必然的に日常生活のスタイルが透けて見える傾向となる。今回は日本レコード協会が2021年4月に発表した最新の調査結果資料「音楽メディアユーザー実態調査 2020年版(公表版)」の結果を基に、音楽の聴取方法の傾向について、年齢階層別などで確認していくことにする(【発表リリース:2020年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

続きを読む "若者とお年寄り、音楽の聴取方法の違い(最新)"

5時4分日本レコード協会, 逐次新値反映記事

新型コロナウイルス流行により音楽に関する行動で減ったこと・増えたことの実情(最新)

2021-0503新型コロナウイルスの流行は社会様式にも大きな変化をもたらすこととなった。流行が沈静化しても、この変化は一時的なものではなく継続し、恒久的なものとなる可能性も高い。この流行は人々の音楽に関する行動にも大きな変化を生じさせているが、その実情はいかなるものだろうか。日本レコード協会が2021年4月に発表した最新の調査結果資料「音楽メディアユーザー実態調査 2020年版(公表版)」の結果を基に、新型コロナウイルス流行で音楽に関連した行動について増えたこと・減ったことの実情を確認していくことにする(【発表リリース:2020年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

続きを読む "新型コロナウイルス流行により音楽に関する行動で減ったこと・増えたことの実情(最新)"

5時4分日本レコード協会, 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS