2021/01/28

「人は働かないとなまけ者になる」に賛成か反対か、世界各国の考え方をグラフ化してみる(最新)

2021-0120「働かざる者食うべからず」との言い回しがあるが、働かなければ食べていくことはできないのが世の中の常ではある。しかしながら中には、働かなくても食べていけるような環境に恵まれている人もいる。そのような環境下で働かないでいると、人はなまけ者になってしまうのだろうか。今回はその問題に関して、世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、各国の国民単位での考え方を比較していくことにする。

続きを読む "「人は働かないとなまけ者になる」に賛成か反対か、世界各国の考え方をグラフ化してみる(最新)"

5時3分世界価値観調査

「男性か女性か」「自国民か否か」・ワークシェアリング意識に関する世界各国の考え方をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)

2021-0119企業、あるいは業界単位の経験の蓄積や修練、技術進歩に伴い労働の多くは効率化が図られ、同じ量の生産物を得る限りでは、必要となる労働力は減っていく。当然、労働市場における需給バランスは労働者が余る形になる。既存就業者の退職以外に、生産量の増大や新業態・新分野への進出で新たな労働市場、労働者を受け止める場が構築され、需給の調整がなされるのだが、タイムラグや環境の変化、さらにはマッチングの悪さから労働者が余り、失業率が上昇する事態が生じることになる。そのような状況の場合、雇用の面で、就業内容とは直接連動性の無さそうな属性別において、区別をすべきか否かが問われることになる。今回はその問題に関して、世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、各国の国民単位での考え方を比較していくことにする。

続きを読む "「男性か女性か」「自国民か否か」・ワークシェアリング意識に関する世界各国の考え方をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)"

5時1分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

世界各国の科学技術に対する考え方をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)

2021-0119物事の理(ことわり)を数理や法則で体現化し、その仕組みを解析するとともに、その内容を生活に役立て、知的好奇心の充足に用いる。人間の飽く無き欲望の充足手段として科学技術は進歩発展をしてきたが、その方向性や進歩に伴う弊害を受けて、一部にせよ全体にせよ否定的な意見を唱える人も少なくない。それでは社会の方向性として、科学技術の進歩は肯定されるべきなのか、それとも否定するのが望ましいのか。世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、各国の国民ベースでの思惑、傾向を見ていくことにする。

続きを読む "世界各国の科学技術に対する考え方をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)"

4時58分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2021/01/27

株式市場雑感(21/01/25-21/01/29週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■20/01/25:日経平均終値2万8822円29銭/99.8
本日の東京株式市場はおおよそ高値圏での値動き。寄り付きは安値を付けたがその後は米国先物の堅調さと今後の企業決算への期待から買われる形となった。出来高は10億1645万株(東証一部上場のみ)前営業日比で日経平均株価は+0.67%、TOPIXは+0.29%、マザーズ指数は+0.70%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.71%となる。

続きを読む "株式市場雑感(21/01/25-21/01/29週)(週終値:-)(最新)"

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

世界各国の「無資格での年金や医療給付などを要求する行為」に対する拒絶感をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)

2021-0119世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】では、5年おきと比較的長い間隔ではあるものの、多様な観点から各国の価値観の違いを把握できる調査が行われ、その結果が公開されている。今回はその中から、国内外を問わず問題視され、しばしば伝えられる事件・問題点の一つ、「無資格での年金や医療給付などを要求する行為」に対する拒絶感の度合いなどについて確認をしていくことにする。

続きを読む "世界各国の「無資格での年金や医療給付などを要求する行為」に対する拒絶感をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)"

5時6分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

世界各国の「脱税」に対する拒絶感をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)

2021-0114公的機関の運用や治安の安定、国や自治体としての社会福祉の提供など、さまざまな社会の安寧のために使われるのが税金で、その支払いは国民の義務である。ところがこの税金を何とかしてごまかし、支払うべき額を減らしたり、あるいは支払わないように画策する違法・脱法行為が後を絶たない。これを「脱税」と呼んでいるが、その行為に対する拒否感は国によって違いがあるのだろうか。世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基に、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "世界各国の「脱税」に対する拒絶感をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)"

5時3分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2021/01/26

世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(番外編)(2017-2020年)(最新)

2021-0114先に【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる】【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基に、各国の「新聞・雑誌」「テレビ」に対する信頼度を算出してグラフ化したところ、ある意見をいただいた。今回はその意見に応える形で、先の独自算出による信頼度について、少々方法を変えた上で再計算を行う。大意に違いはないのだが。

続きを読む "世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(番外編)(2017-2020年)(最新)"

5時28分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

諸外国の人たちが「信頼している・していない」組織・制度ランキングを表にしてみる(2017-2020年)(最新)

2021-0114先に【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる】など何回かにわたり、【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基に、諸外国の「組織・制度に対する信頼度」の動向を探るためのグラフを作成し、その実情を精査した。一通りの国々の動向は確認できたので、今回はそれらを元に表やグラフを新たに作り、検証を行うことにする。具体的には「信頼度の合計」と「信頼度上位・下位ランキング表」の図版の作成を介し、各国の信頼に対する思惑の違いを見ていく次第である。

続きを読む "諸外国の人たちが「信頼している・していない」組織・制度ランキングを表にしてみる(2017-2020年)(最新)"

5時25分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2021/01/25

2020年12月度外食産業売上マイナス15.5%…10か月連続の前年比マイナス

2021-0125日本フードサービス協会は2021年1月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2020年12月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でマイナス15.5%を示した。新型コロナウイルスの感染状況に関して再拡大の動きが強まり、客足が遠のきを見せている。政府や自治体による外出自粛要請や営業時間短縮要請も足を引っ張る形に。年末の繁忙期における動きだったため、影響は非常に大きなものとなった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2020年12月度外食産業売上マイナス15.5%…10か月連続の前年比マイナス"

16時59分外食産業売上, 逐次新値反映記事

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年12月分まで)(最新)

2021-0125以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2021年1月25日に発表された最新版となる2020年12月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年12月分まで)(最新)"

16時19分建設労働需給, 逐次新値反映記事

ドイツとロシア、イギリス…諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(番外編その2)(2017-2020年)(最新)

2021-0114先に【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる】などで【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基に、諸外国の「組織・制度に対する信頼度」のグラフ作成とその内容の解説をしたところ、該当する国以外にも普段ニュースなどで取り上げられている国について、その状況をチェックしたいとの問い合わせをいくつかいただいた。そこで今回は該当記事で対象にした国以外で、最近見聞きする機会が多い国のうち、ヨーロッパに位置する国を3つほど、具体的にはドイツとロシア、そしてイギリスについて抽出し、その動向を確認することにした。

続きを読む "ドイツとロシア、イギリス…諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(番外編その2)(2017-2020年)(最新)"

5時39分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

スウェーデンとウクライナ、エジプト…諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(番外編)(2017-2020年)(最新)

2021-0113先に【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる】などで【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基に、諸外国の「組織・制度に対する信頼度」のグラフ作成とその内容の解説をしたところ、該当する国以外にも普段ニュースなどで取り上げられている国について、その状況をチェックしたいとの問い合わせをいくつかいただいた。そこで今回は該当記事で対象にした国以外で、最近見聞きする機会が多い国のうち、ヨーロッパ周辺に位置する国を3つほど抽出し、その動向を確認することにした。

続きを読む "スウェーデンとウクライナ、エジプト…諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(番外編)(2017-2020年)(最新)"

5時36分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2021/01/22時点)(最新)

ゲームランキング今ゲームソフトランキングではかつてメディアクリエイト発表の「週間ソフト・ハードセルスルーランキング」をベースにしていたが、データが非公開になったため、現在ではアマゾンの【ゲームの売れ筋ランキング】を対象に、記事執筆時点の観測結果をベースにすることにしている。そのランキングによれば、トップにはコナミデジタルエンタテインメントの「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜【早期購入特典】ファミコン版「スーパー桃太郎電鉄」ダウンロードコード同梱」(Nintendo Switch)。「桃太郎電鉄シリーズ」の最新作で4年ぶりの登場となる。オンライン対戦にも対応、新駅や新物件、新規カード、ゲストボンビーも盛りだくさん。総監督・ゲームデザインはさくまあきら氏だが、キャラクタデザインにはこれまでのシリーズ担当の土居孝幸氏ではなく竹浪秀行氏が起用されている。発売から7週間経過後のレビュー動向だが、賛否両論状態から賛多しにシフトしている。否定派はインターフェイスやコンピューター側のロジック、バランスに対する不満が多分を占めているのが気になるところ。オンライン対戦におけるサーバーの軟弱さにもネガティブな意見が多分に寄せられている。なおコナミ側の発表によればダウンロード版も含め、2021年1月時点で累計販売本数が200万本に届いたとのことである。

続きを読む "「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2021/01/22時点)(最新)"

5時34分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2021/01/24

諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(下)……諸外国編(2017-2020年)(最新)

2021-0112先行記事【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(上)……日本編】でも言及している通り、国単位の価値観を中長期的に定点観測の形で調査報告している【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基にし、各国の国民単位での物の考え方や思考傾向などをさまざまな視点から確認している。今回はその記事の下編として、日本以外の国をいくつか選び、組織や団体などに対する信頼度の動向を見ていくことにする。

続きを読む "諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(下)……諸外国編(2017-2020年)(最新)"

5時20分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(上)……日本編(2017-2020年)(最新)

2021-0112先に【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる】で国単位の価値観を中長期的に定点観測の形で調査報告している【World Values Survey(世界価値観調査)】の公開値を基にした、「主要国における新聞・雑誌やテレビ(要はマスコミ)に対する信頼度」について検証を行った。そこで今回から数回に分け、一歩引いた形で「諸国の人たちはどのような組織や制度に信頼を寄せているのだろうか」を検証していくことにする。今回は手始めに、日本にスポットライトを当てていく。

続きを読む "諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(上)……日本編(2017-2020年)(最新)"

5時18分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2021/01/23

新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からグラフ化してみる(2021年01月23日時点)

2021-0123当サイトでは官公庁や業界団体の公開統計資料を基に、多方面の業界動向を数量的に精査している。今回は新型コロナウイルスの流行に対応するさまざまな取り組みなどの結果、経済にどのような影響が生じているかについて、気になる方面の動向を網羅する形でグラフに起こしてみることにした。

続きを読む "新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からグラフ化してみる(2021年01月23日時点)"

9時25分新型コロナウイルス, 経済・金融・市場・家計

世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)

2021-0111人の価値観は個人ベースでも大きな違いを生じるが、同一環境下に置かれることで一定の同一性を示すことが多々ある。その区分の代表的な様式が「国家」。国毎にインフラの整備状況や法令、文化形態が違い、その環境下で長年暮らしていくうちに、価値観は国家単位で違いを見せるようになる。今回はその国単位の価値観を中長期的に定点観測の形で調査報告している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、「主要国における新聞・雑誌やテレビ(要はマスコミ)に対する信頼度」について確認をしていくことにする。

続きを読む "世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)"

5時36分世界価値観調査, 逐次新値反映記事

2021/01/22

人類の英知と報道の意義と…株式市場雑感(21/01/18-21/01/22週)(週終値:2万8631円45銭)(最新)

■20/01/18:日経平均終値2万8242円21銭/99.5
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の安値を受け、売り基調の中の相場展開となった。出来高は9億0854万株(東証一部上場のみ)前営業日比で日経平均株価は-0.97%、TOPIXは-0.60%、マザーズ指数は+1.56%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.66%となる。

続きを読む "人類の英知と報道の意義と…株式市場雑感(21/01/18-21/01/22週)(週終値:2万8631円45銭)(最新)"

19時0分株式市場雑感

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)

2021-0122雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に上り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)"

9時13分RC-アルバイト時給, 逐次新値反映記事

平均寿命上位国における年齢構成比などの実情をグラフ化してみる(最新)

2021-0110日本が抱える社会問題の多くにおいて要因となっている、人口構成比で高齢者比率が高い問題(高齢社会化問題)。医療技術の進歩や公衆衛生の健全化、治安の安定などにより平均寿命が延び、高齢者が増えた結果によるものだが、他の国ではどのような状況なのだろうか。平均寿命上位国における人口構成比の実情を確認していくことにする。

続きを読む "平均寿命上位国における年齢構成比などの実情をグラフ化してみる(最新)"

5時16分WHO公開資料, 出産・高齢化・寿命



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS