2020/11/30

60年あまりにわたる書籍のジャンル別出版点数動向をグラフ化してみる(最新)

2020-1125総務省統計局に収録されている数々の時系列データのうち、年単位で更新される【日本統計年鑑】にある出版関連データ(「出版・マスコミュニケーション」の項目)を基に、出版業界などの中期的な動向を推し量るとともに、今後の状況推測を行っている。今回は戦後における書籍のジャンル別出版点数の、中期的な動向を見ていくことにする。

続きを読む "60年あまりにわたる書籍のジャンル別出版点数動向をグラフ化してみる(最新)"

5時34分本・文具, 逐次新値反映記事

戦後の雑誌と書籍の発行点数をグラフ化してみる(「出版年鑑」など編)(最新)

2020-1125当サイトでは出版業界の動向に関して、毎年日本出版販売が発行している「出版物販売額の実態」をベースに継続分析を行っている。それとは別に総務省統計局の「日本の長期統計系列」「日本統計年鑑」でも、日本の出版事情を推し量れる公開値を得ることができた。そこで何回かに分け、その値を基に日本の出版業界動向を見ていくことにする。今回は「戦後における雑誌と書籍の発行点数の推移」の確認を行う。

続きを読む "戦後の雑誌と書籍の発行点数をグラフ化してみる(「出版年鑑」など編)(最新)"

5時32分本・文具, 逐次新値反映記事

「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2020/11/20時点)

今ゲームソフトランキングではかつてメディアクリエイト発表の「週間ソフト・ハードセルスルーランキング」をベースにしていたが、データが非公開になったため、現在ではアマゾンの【ゲームの売れ筋ランキング】を対象に、記事執筆時点の観測結果をベースにすることにしている。そのランキングによれば、トップにはコナミデジタルエンタテインメントの「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜【早期購入特典】ファミコン版「スーパー桃太郎電鉄」ダウンロードコード同梱」(Nintendo Switch)。「桃太郎電鉄シリーズ」の最新作で4年ぶりの登場となる。オンライン対戦にも対応、新駅や新物件、新規カード、ゲストボンビーも盛りだくさん。総監督・ゲームデザインはさくまあきら氏だが、キャラクタデザインにはこれまでのシリーズ担当の土居孝幸氏ではなく竹浪秀行氏が起用されている。発売から一週間たった後のレビュー動向だが、賛否両論の形にシフトしつつある。否定派はインターフェイスやコンピューター側のロジックに対する不満が多分を占めているのが気になるところ。

続きを読む "「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2020/11/20時点)"

5時0分ゲームランキング

2020/11/29

東京消防庁、高齢者などのお餅(もち)窒息事故に対し注意喚起(最新)

2020-1126お正月の料理としては欠かせないお餅(もち)に関連し、それをのどに詰まらせて窒息状態に陥る事故が相次いでいる。毎年の話ではあるが、注意喚起として東京消防庁では2020年11月24日に関連する特集ページ【餅などによる窒息事故に注意】を公開し、注意喚起を行っている。高齢者がトラブルに遭遇する機会が多々あることから、高齢者に対する注意事項が多いのが特徴である。

続きを読む "東京消防庁、高齢者などのお餅(もち)窒息事故に対し注意喚起(最新)"

5時19分医療・保険・健康, 逐次新値反映記事

2020/11/28

主要国の電力消費量をグラフ化してみる(最新)

2020-1124先に【世界の二酸化炭素排出量比率をグラフ化してみる】で主要国と世界全体の二酸化炭素の排出量の状況を精査したが、記事執筆の際に関連する事項として、主要国の電力消費状況を確認した。その一次データとなる国際エネルギー機関(IEA:International Energy Agency)が発行している調査資料「Key World Energy Statistics」について、【Statistics & Data(公開資料一覧ページ)】で確認したところ、最新版の「Key World Energy Statistics 2020」(KWES)が公開されていることが判明した。そこで今回は「KWES 2020版」とし、最新データを基に主要国(当方で任意選択)の電力消費量を確認し、状況の把握を行うことにする。

続きを読む "主要国の電力消費量をグラフ化してみる(最新)"

5時35分インフラ・資源・エネルギー, 逐次新値反映記事

2020/11/27

オーバーフローの予感…株式市場雑感(20/11/24-20/11/27週)(週終値:2万6644円71銭)

■20/11/24:日経平均終値2万6165円59銭/108.4
本日の東京株式市場は大幅高の展開。相次ぐ新型コロナウイルス向けワクチン開発への進捗状況の好調さを受け、米国市場が大きく買われたことを背景に、寄り付きから買い進まれた。ドル高円安が進んだのも買い基調を後押しした。出来高は13億9869万株(東証一部上場のみ)前営業日比で日経平均株価は+2.50%、TOPIXは+2.03%、マザーズ指数は+2.24%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.48%となる。

続きを読む "オーバーフローの予感…株式市場雑感(20/11/24-20/11/27週)(週終値:2万6644円71銭)"

19時0分株式市場雑感

1971年以降の世界の二酸化炭素排出量比率をグラフ化してみる(最新)

2020-1124二酸化炭素の増加による地球温暖化リスクについては、電力事情の変化やそのリスクの実体性を後押ししていた論説の信ぴょう性の問題もあり、昨今では以前ほど話題に上ることは無くなりつつある。それでもなお当サイトでは、国際エネルギー機関(The International Energy Agency (IEA))が発行している公的資料「CO2 Emissions from Fuel Combustion - Highlights-」を基に、世界主要国の二酸化炭素排出量を定期的に精査している。各国の工業化、公害対策の進展などを推し量ることができるのが最大の理由。今回は排出量上位国における、中期的な動向を確認していく。

続きを読む "1971年以降の世界の二酸化炭素排出量比率をグラフ化してみる(最新)"

5時22分インフラ・資源・エネルギー, 逐次新値反映記事

世界の二酸化炭素排出量比率をグラフ化してみる(最新)

2020-1124電力事情の変化や仮説・論文内容の正確性に関して嫌疑が起きていることもあり、以前と比べて話題性そのものが薄れつつある二酸化炭素の排出量問題。当サイトではそれでもなお、定期的に世界主要国の二酸化炭素の排出量を公的データでチェックし、その状況を精査している。その動向を確認することにより、地球温暖化のリスクだけでなく、各国の工業化、公害対策の進展なども推し量れるからに他ならない。今回は2020年10月に発表された最新値を基に、「世界の二酸化炭素排出量比率」などを調べ、状況の確認を行うことにした。

続きを読む "世界の二酸化炭素排出量比率をグラフ化してみる(最新)"

5時20分インフラ・資源・エネルギー, 逐次新値反映記事

2020/11/26

コンビニでの「1店舗あたりの」たばこ販売動向をグラフ化してみる(最新)

2020-1123先に【コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(上)】などでローソンの統合報告書(アニュアルレポート)の最新版に掲載されていた値などをベースとして、たばこの1店舗あたり販売個数を算出した。それによれば2020年は1店舗あたり1日で約279箱ものたばこが売れていることが判明した。今回はそれらの計算方法をさらに発展させ、ローソンをサンプルとして、コンビニ1店舗あたりのたばこ販売推移を試算し、精査を行うことにした。

続きを読む "コンビニでの「1店舗あたりの」たばこ販売動向をグラフ化してみる(最新)"

5時20分コンビニ, 逐次新値反映記事

裏付け、そして「たばこ盛況」のよし悪しを検証…コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(下)(最新)

2020-1123先の記事【コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(上)】ではローソンの決算短信補足資料や統合報告書を基に各種計算を行い、直近では1日に約279箱もコンビニでたばこが売れている実態が明らかになった。今記事ではそれの裏付けと、たばこの売上が全売上のうち大きなシェアを占めている状況について「諸手で歓迎するような状況」なのか否かを検証してみることにする。

続きを読む "裏付け、そして「たばこ盛況」のよし悪しを検証…コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(下)(最新)"

5時18分コンビニ, 逐次新値反映記事

コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(上)(最新)

2020-1123【コンビニの商品種類別売上の変化をグラフ化してみる】で解説した通り、日本のコンビニエンスストアでは「たばこ」が売上の点で小さからぬ割合を示している。それゆえに最近のたばこ販売本数の減少傾向にコンビニ側でも焦りを覚え、コーヒーやドーナツに代表されるような代替商品の開発に躍起となっている。今回は各種公開データを基に、素朴な疑問「コンビニでは1日あたり何箱たばこが売れているのか」の実情について試算を行うことにする。

続きを読む "コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(上)(最新)"

5時16分コンビニ, 逐次新値反映記事

2020/11/25

コンビニ御三家の売上高などをグラフ化してみる(最新)

2020-1122多様な商品だけでなく多彩なサービスを展開し、地域社会を支え、21世紀の「よろずや」的な立ち位置を確かなものとしつつあるコンビニエンスストア。日本では売上高の上でセブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンが上位を占めているが、今サイトではこの4コンビニを「コンビニ御三家」と呼んでいる。今回はローソンが2020年10月2日に発表した【統合報告書2020】などを基に、この「コンビニ御三家」を中心としたコンビニの売上高動向を精査していくことにする。

続きを読む "コンビニ御三家の売上高などをグラフ化してみる(最新)"

5時53分コンビニ, 逐次新値反映記事

食品専門店への色合い強まる…コンビニの商品種類別売上の変化をグラフ化してみる(最新)

2020-1122ローソンは2020年10月2日に、同社および所属・周辺業界の状況を多方面から分析・解説したアニュアルレポートの最新版となる【統合報告書2020】を公開した。そこで日本の大手コンビニでは売上で第3位に位置するローソンの公開データを通して、コンビニの商品種類別における売上の変化を精査していくことにした。

続きを読む "食品専門店への色合い強まる…コンビニの商品種類別売上の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時50分コンビニ, 逐次新値反映記事

2020/11/24

リアル書店とインターネット経由の出版物の売上動向をグラフ化してみる(最新)

2020-1116かつて出版物はリアルの書店で購入するのがおおよその人にとっては唯一の購入ルートだったが、今ではコンビニやインターネット経由で調達することも当たり前の話となっている。また印刷物ではないが同じ本の類として、電子書籍のような電子出版物も世間一般に浸透しつつある。今回は日販による「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)などの公開値を基に、インターネット経由とリアル書店経由における、広義の意味での出版物の購買額動向を確認していくことにする。

続きを読む "リアル書店とインターネット経由の出版物の売上動向をグラフ化してみる(最新)"

5時31分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

インターネットでの売上と出版物販売額との関係をグラフ化してみる(最新)

2020-1116日販による「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)では印刷物に関する販売動向が多方面の切り口で調査され資料化されている。今回はその中から、インターネット上で取引された金額のうち、出版物販売額がどれぐらいの割合を占めているのか、その実情を確認していくことにする。インターネットによる取引が増加していることは周知の通りだが、それに伴い出版物販売額の割合は増加しているのだろうか。

続きを読む "インターネットでの売上と出版物販売額との関係をグラフ化してみる(最新)"

5時28分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2020/11/20時点)

今ゲームソフトランキングでは従来メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】をベースにしていたが、データが非公開になったため、前週分からアマゾンの【ゲームの売れ筋ランキング】を対象に、記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。そのランキングによれば、トップにはコナミデジタルエンタテインメントの「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜【早期購入特典】ファミコン版「スーパー桃太郎電鉄」ダウンロードコード同梱」(Nintendo Switch)。「桃太郎電鉄シリーズ」の最新作で4年ぶりの登場となる。オンライン対戦にも対応、新駅や新物件、新規カード、ゲストボンビーも盛りだくさん。総監督・ゲームデザインはさくまあきら氏だが、キャラクタデザインにはこれまでのシリーズ担当の土居孝幸氏ではなく竹浪秀行氏が起用されている。発売直後のレビューの限りでは実プレイ者の評価は良好。キャラクタデザイン変更への不満はあるものの、システムなどの観点で安心して遊べる定番として高評価を受けている。

続きを読む "「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」がトップ継続…ゲームソフトランキング更新(2020/11/20時点)"

5時0分ゲームランキング

2020/11/23

図書館や教科書の市場動向をグラフ化してみる(最新)

2020-1116出版物に出会う機会は書店や通販経由による購入ルートに限らない。図書館や学校でもさまざまな出版物に巡り合うことができる。今回は日販による「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)をベースに、それら図書館による調達市場や教科書の市場の実情を確認していくことにする。

続きを読む "図書館や教科書の市場動向をグラフ化してみる(最新)"

5時31分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2020/11/22

出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(番外編:電子出版独自追加版)(最新)

2020-1116先に掲載した【出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる】を皮切りに、日販による「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)をベースに多方面からの切り口で、出版業界の現状・出版物の販売動向を精査している。今回は一番初めに掲載した「販売額推移」に関して、電子出版を加味した試算によるグラフ作成と、状況の把握を行うことにする。

続きを読む "出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(番外編:電子出版独自追加版)(最新)"

5時33分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2020/11/21

出版社と売上高の関係をグラフ化してみる(最新)

2020-1115先日発刊された日販による「出版物販売額の実態」最新版(2020年版)を基に、出版業界に関する動向をさまざまな視点から確認し、その状況の精査を行っている。今回は出版物を創生し市場に送り出す大元となる、出版社とその売上にスポットライトを当てて、現状の確認をする。「出版不況」と呼ばれて久しいが、直近ではどのような状況で、昔と比べていかなる変化を示しているのだろうか。

続きを読む "出版社と売上高の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時15分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2020/11/20

増加中…株式市場雑感(20/11/16-20/11/20週)(週終値:2万5527円37銭)

■20/11/16:日経平均終値2万5906円93銭/95.1
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前営業日の米国市場の高値感と開場前に発表されたGDP速報値のよさを受けて寄り付きから大きく買い進まれた。その後も買いは続き、大きく値を上げる形となった。出来高は14億0749万株(東証一部上場のみ)前営業日比で日経平均株価は+2.05%、TOPIXは+1.68%、マザーズ指数は-1.05%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.60%となる。

続きを読む "増加中…株式市場雑感(20/11/16-20/11/20週)(週終値:2万5527円37銭)"

19時0分株式市場雑感



(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS