2020/08/13

株式市場雑感(20/08/11-20/08/14週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■20/0/8/11:日経平均終値2万2750円24銭/97.1
本日の東京株式市場は大幅高の展開。米国で追加経済対策が決定し、これを受けて米国市場が上昇。また円安ドル高も進み、寄り付きから買い進まれた。出来高は16億2714万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.88%、TOPIXは+2.54%、マザーズ指数は-0.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+6.81%となる。

続きを読む "株式市場雑感(20/08/11-20/08/14週)(週終値:-)(最新)"

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

2020年度Q1の純増数トップはauに、続いてソフトバンク、NTTドコモの順(2020年6月末携帯電話契約数)(最新)

2020-0813かつて電気通信事業者協会(TCA)が毎月月初に公開してきた、日本国内における携帯電話やPHSの契約数動向だが、【TCAの携帯電話事業者別契約数の動向、四半期ペースに変更へ】での解説にもある通り2014年4月分以降は四半期単位での更新、しかも各企業が四半期決算短信の発表の際に公知する値の取りまとめによるスタイルとなった。また確認した限りでは短信資料では一部公開内容が省略されている、あるいは精度が荒くなった値もある。そこで2014年6月末時点分からは四半期単位の更新ペースとし、TCAにおける総括値が出た時点で状況解説を行うことにしている。今回はその四半期単位での状況報告・精査の25回目にあたるが、2020年6月末時点の携帯電話の契約数は主要3社合計で1億8352万1600件となり、前四半期比で0.8%のプラスを示した。純増数ではauが60万0200件の増加(3か月単位)で、主要3グループ中トップの座を確保することとなった。ソフトバンクは47万8000件の増加で第2位、NTTドコモは28万9000件の増加で第3位のポジションについている(【発表リリース:事業者別契約数一覧(TCA)】)。

続きを読む "2020年度Q1の純増数トップはauに、続いてソフトバンク、NTTドコモの順(2020年6月末携帯電話契約数)(最新)"

9時52分携帯電話契約数, 逐次新値反映記事

世帯平均所得は552万円…世帯あたりの平均所得金額推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0804厚生労働省は2020年7月17日に、平成元年版(2019年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調べ、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているが、日本における市民生活の実情を把握できる多彩なデータが盛り込まれている。今回はその中から「世帯単位での平均所得金額」を確認し、その動向について精査していくことにする(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "世帯平均所得は552万円…世帯あたりの平均所得金額推移をグラフ化してみる(最新)"

5時27分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

男性22.3%・女性56.4%は非正規…就業者の正規・非正規社員率をグラフ化してみる(最新)

2020-0804厚生労働省は2020年7月17日、令和元年版(2019年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われており、多彩な方面から日本の社会生活の実情を確認することができる。今回はその中から「役員以外の就業者における、正規・非正規社員比率」に関して具体的値を算出してグラフ化を行い、状況の把握を試みることにする(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "男性22.3%・女性56.4%は非正規…就業者の正規・非正規社員率をグラフ化してみる(最新)"

5時25分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2020/08/12

昨年同時期の4割強…熱中症による搬送人員数は1週間で6664人(2020年8月3日-8月9日)(最新)

2020-0812総務省消防庁は2020年8月12日、同年8月3日から8月9日の一週間における熱中症による救急搬送人員数が6664人(速報値)であることを発表した。今年分は6月1日から熱中症による搬送人員数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人員数は2万2513人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は10人が、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は180人が確認されている。なお前年2019年の同時期における熱中症による救急搬送人員数は1万5299人(確定値)で、今回週の人員数はそれと比べて8635人少ない(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "昨年同時期の4割強…熱中症による搬送人員数は1週間で6664人(2020年8月3日-8月9日)(最新)"

17時31分熱中症搬送状況, 逐次新値反映記事

全部門マイナス、新聞と雑誌は4割以上の下げ幅(博報堂売上:2020年7月分)(最新)

2020-0812博報堂DYHD(ホールディングス)は2020年8月12日、同社グループ主要3社(博報堂、大広、読売広告社)の2020年7月分の売上高速報を公開した。今回は同社の主要部門別売上高の前年同月比、そして各種指標を過去の公開値などを基に独自に算出し、各種広告売上の動向、さらには広告業界全体の動きを確認していく。

続きを読む "全部門マイナス、新聞と雑誌は4割以上の下げ幅(博報堂売上:2020年7月分)(最新)"

15時22分電通博報堂売上, 逐次新値反映記事

コンビニ店舗数の現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0812多様な商品だけでなくサービスも提供する、多彩で便利な総合商店ことコンビニエンスストア(コンビニ)。先の震災以降は特に生活拠点的存在として地域社会に貢献し、人々の日常生活には欠かせない存在となりつつある。そのコンビニは現時点で日本国内では何店ほどあるのだろうか。コンビニ経営各社や業界団体の公開資料を基に、現状を確認していく。

続きを読む "コンビニ店舗数の現状をグラフ化してみる(最新)"

10時6分コンビニ店舗数, 逐次新値反映記事

1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0804厚生労働省は2020年7月17日に同省公式サイトおよび総務省統計局のデータベースe-Statにおいて、令和元年版(2019年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているもので、日本の社会環境の概要を把握できるデータが数多く盛り込まれている。今回はその中などから「共働き世帯の増減」などについて確認をしていくことにする。日本では核家族化の進行と消費性向や可処分所得の変化に伴い、共働きはごく普通のライフスタイルとなりつつあるが、現状ではどこまで浸透しているのだろうか(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状をグラフ化してみる(最新)"

4時13分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0803厚生労働省では2020年7月17日に、令和元年版(2019年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を公開した。これは国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要となる資料を収集する目的で実施されているもので、誰もが自由にその内容を確認できる。今回はその公開値を基に、「核家族の具体的な構成状況」を各種計算の上でグラフ化し、状況の推移を推し量ることにする。日本の世帯構成でも主流を占める核家族は、具体的にはどのような構成なのだろうか(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移をグラフ化してみる(最新)"

4時10分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2020/08/11

先行きへの不安強まる…2020年7月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落

2020-0811内閣府は2020年8月11日付で2020年7月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し41.1を示し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で下落して36.0となり、基準値の50.0を下回る状態は継続している。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、持ち直しへの期待がみられるものの、感染症の動向に対する懸念が強まっている」と示された。ちなみに2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【令和2年7月調査(令和2年8月11日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "先行きへの不安強まる…2020年7月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落"

15時4分景気ウォッチャー, 逐次新値反映記事

増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0803厚生労働省では2020年7月7日付で、令和元年(2019年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要な資料を収集する目的で行われており、詳細なレベルで日本国内における世帯の現状を数量的に知ることができる。今回はその中から「核家族や単独家族など、内部構成別の世帯数推移」に関して各種計算の上グラフ化を行い、中長期的な家族構造の変化を推し量ることにした。よく見聞きする「核家族」「単身世帯」の状況推移を詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時26分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

「あつまれ どうぶつの森」がトップに…ゲームソフトランキング更新(2020/08/07時点)(最新)

ゲームランキング今ゲームソフトランキングでは従来メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】をベースにしていたが、データが非公開になったため、前週分からアマゾンの【ゲームの売れ筋ランキング】を対象に、記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。そのランキングによれば、トップには任天堂の新作「あつまれ どうぶつの森」(Nintendo Switch)がついた。自由奔放な生活体験ゲーム「どうぶつの森」シリーズの最新作で、今作では無人島での暮らしがテーマとなる。手つかずの自然豊かな無人島でプレイヤーは自由度の高いスローライフを楽しむことができる。プレイヤーによる感想はおおむね堅調。先日発表された任天堂の四半期決算短信では、新型コロナウイルスの影響による巣ごもり現象も影響し、「あつまれ どうぶつの森」が飛び抜けて売れたことが報告されている。

続きを読む "「あつまれ どうぶつの森」がトップに…ゲームソフトランキング更新(2020/08/07時点)(最新)"

5時23分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2020/08/10

レギュラーガソリン価格と灯油価格をグラフ化してみる(最新)

2020-0810燃焼機関を動力源とする自動車は今や人間の社会生活には欠かせないツールの一つである。個人、世帯単位での移動手段としてだけでなく、流通を支える各種トラックやタンクローリーなど、工事現場などで働く建機、さらにはバスをはじめとした旅客用に至るまで、皆が皆、ガソリンを燃料として動いている(一部は軽油も使っているが)。最近では電気自動車、燃料電池自動車も少しずつ普及し始めているものの、今なお自動車がガソリンを主燃料としていることに違いはない。当然、その燃料たるガソリン価格の動向は多くのドライバーはもちろん、自動車を間接的に利用する人にも気になるもの。今回は基準となる指標として総務省統計局による東京都区部の自動車用ガソリン価格を用い、直近までの動きを確認していくことにしよう。さらに同じ石油を原材料として精製され、冬場に多く使われる灯油の動向も併せて見ていく。

続きを読む "レギュラーガソリン価格と灯油価格をグラフ化してみる(最新)"

10時5分ガソリン動向, 逐次新値反映記事

3人までの世帯は間もなく8割…構成人数別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0730日本国内に住む人たちの家族構成状況を詳しく確認できる公的データの一つとして、2020年7月17日に最新データとなる令和元年版(2019年版)が発表された、厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」がある。今回はその公開データを基に、構成人数別に世帯数の推移を見極めていくことにした。元々少子化・小世帯人数化が進んでいることは多様な調査結果から明らかにされているが、その実情をより詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "3人までの世帯は間もなく8割…構成人数別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時21分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2020/08/09

仕事ありの母親は7割強・2001年比で19.9%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」をグラフ化してみる(最新)

2020-0730厚生労働省は同省公式サイトで2020年7月17日に、令和元年版(2019年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われ、毎年1回更新・公開されている。今回はその中から「末子の年齢階層別に見た、仕事を持つ母親の割合」について、状況の把握・精査を行うことにする。子供を抱えた共働き世帯の現状はいかなるものとなっているのだろうか(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "仕事ありの母親は7割強・2001年比で19.9%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」をグラフ化してみる(最新)"

5時27分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

前月比では乳製品、油脂、砂糖が上昇(2020年7月分世界食糧指数動向)

2020-0808原材料の価格高騰に加え、為替の変動、エネルギーコストや人件費の上昇、需要の拡大などを受け、食料品販売大手や外食チェーン店が続々と価格引き上げを実施する中、食料品の国際価格に対する注目はこれまでに無い高まりを示している。その価格変動に関し、概略的ではあるが現状を確認できるのが、国連食糧農業機関(FAO、Food and Agriculture Organization)が公式サイト上で調査結果を毎月公開している【世界食料価格指数(FFPI:FAO Food Price Index)】。今回は2020年8月6日に発表された、現時点で最新版の値となる2020年7月分の値を中心に、当サイトで独自に複数の指標を算出。その値を基にグラフを作成し、食糧価格の世界規模における推移を見ていくことにする。

続きを読む "前月比では乳製品、油脂、砂糖が上昇(2020年7月分世界食糧指数動向)"

5時25分世界食糧指数, 逐次新値反映記事

2020/08/08

新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からグラフ化してみる(2020年8月8日時点)

2020-0808当サイトでは官公庁や業界団体の公開統計資料を基に、多方面の業界動向を数量的に精査している。今回は新型コロナウイルスの流行に対応するさまざまな取り組みなどの結果、経済にどのような影響が生じているかについて、気になる方面の動向を網羅する形でグラフに起こしてみることにした。

続きを読む "新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からグラフ化してみる(2020年8月8日時点)"

10時10分新型コロナウイルス, 経済・金融・市場・家計

お一人な高齢者、女性は男性の1.86倍…高齢者世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0729厚生労働省は2020年7月17日に同省公式サイトおよび総務省統計局のデータベース「e-Stat」において、令和元年(2019年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調べ、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、今回はその中から「高齢者(65歳以上)”のみ、あるいはこれに加えて18歳未満の未婚の人”がいる世帯の具体的な家族構成分布」について確認を行うとともに、その状況を推し量ることにした。例えば「高齢者のみの単身世帯」には男性のみと女性のみの事例が考えられるが、男性と女性ではどちらが多いのだろうか、その実情を知ることができよう(【発表ページ:令和元年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "お一人な高齢者、女性は男性の1.86倍…高齢者世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時17分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2020/08/07

深まる対立…株式市場雑感(20/08/03-20/08/07週)(週終値:2万2329円94銭)

■20/0/8/03:日経平均終値2万2195円38銭/82.6
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前週の下げ基調からの反発の形で、幅広い銘柄に買いが入った。前週末の米国市場が堅調だったのも買いを後押しする形に。出来高は13億2265万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.24%、TOPIXは+1.78%、マザーズ指数は+3.84%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+2.23%となる。

続きを読む "深まる対立…株式市場雑感(20/08/03-20/08/07週)(週終値:2万2329円94銭)"

19時0分株式市場雑感

「その他」以外の部門はすべてマイナス(経産省広告売上推移:2020年8月発表分)(最新)

経産省広告売上推移経済産業省は2020年8月7日、「特定サービス産業動態統計調査」の2020年6月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2020年6月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス21.7%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネット広告すべてでマイナスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス56.1%を示している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "「その他」以外の部門はすべてマイナス(経産省広告売上推移:2020年8月発表分)(最新)"

13時57分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS