2020/07/31

なかなか明けぬ梅雨…株式市場雑感(20/07/27-20/07/31週)(週終値:2万1710円00銭)

■20/07/27:日経平均終値2万2715円85銭/88.6
本日の東京株式市場は下値圏での値動き。105円台まで進んだ円高ドル安の動きを嫌気する形で輸出関連銘柄を中心に売られた。もっとも引けまでには下げ幅は縮小している。出来高は11億6056万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.16%、TOPIXは+0.24%、マザーズ指数は-1.79%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.14%となる。

続きを読む "なかなか明けぬ梅雨…株式市場雑感(20/07/27-20/07/31週)(週終値:2万1710円00銭)"

19時0分株式市場雑感

日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0731厚生労働省は2020年7月31日、2019年分の簡易生命表の概況を発表した。それによると2019年における日本の平均寿命は、男性が81.41年、女性が87.45年となった。男性の平均寿命80年超えは2013年分が初めてで今2019年が連続の7年目となる。今回は各発表データを基に、経年の寿命推移について、各種グラフに最新値を反映・更新させ、状況の再確認を行う(【発表リリース:令和元年簡易生命表の概況】)。

続きを読む "日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(最新)"

15時49分出産・高齢化・寿命, 逐次新値反映記事

着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2020年6月新設住宅戸数12.8%減(最新)

2020-0731国土交通省は2020年7月31日付で同省公式サイトにおいて、2020年6月の新設住宅戸数の動向(建築着工統計調査報告)を各種データとともに発表した。それによれば2020年6月の新設住宅着工戸数は前年同月比では12.8%減の7万1101戸で、前回月から継続する形でマイナスとなり、12か月連続の減少を示したことが分かった。着工床面積は11か月連続のマイナスで14.4%の減少となっている(【国土交通省:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2020年6月新設住宅戸数12.8%減(最新)"

15時25分新設住宅戸数, 逐次新値反映記事

アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(最新)

2020-0731アマゾン文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多種多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけではなく世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(最新)"

10時30分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

中米独印日の順…各国再生可能エネルギーの発電量動向をグラフ化してみる(最新)

2020-0719国際石油資本BP社では毎年、公式サイト上にエネルギー関連の動向をまとめた白書「Statistical Review of World Energy」を公開している。そこには主要国の多彩なデータが盛り込まれており、エネルギー関連の状況を把握するのには、大変有意義な資料となる。記事執筆時点では2020年6月17日付で発表された【Statistical Review of World Energy 2020】が最新のものだが、今回はこのデータを用い、各国における太陽光発電や風力発電などで構成される、再生可能エネルギーの発電量動向を見ていくことにする。

続きを読む "中米独印日の順…各国再生可能エネルギーの発電量動向をグラフ化してみる(最新)"

5時39分SRWE(EP)&図表エネルギー, 逐次新値反映記事

米仏中露韓の順…各国原発の発電量動向をグラフ化してみる(最新)

2020-0719国際石油資本BP社が各種調査集計の上、毎年発行・無料公開しているエネルギー関連の動向をまとめた白書「Statistical Review of World Energy」では、主要国の多彩な時系列的データが盛り込まれている。記事執筆時点では2020年6月17日付で発表された【Statistical Review of World Energy 2020】が最新のものである。今回はこのデータを用い、各国における原子力発電所(原発)の発電量動向を見ていくことにする。

続きを読む "米仏中露韓の順…各国原発の発電量動向をグラフ化してみる(最新)"

5時37分SRWE(EP)&図表エネルギー, 逐次新値反映記事

パイプラインとLNGと…天然ガス輸入量の動向をグラフ化してみる(最新)

2020-0718国際石油資本BP社では毎年エネルギー関連のデータを集約した白書「Statistical Review of World Energy」を発行している。記事執筆時点では2020年6月17日付で発表された【Statistical Review of World Energy 2020】が最新のものだが、今回はこのデータを用い、各国における天然ガス(パイプライン経由、LNG経由)の輸入動向を見ていくことにする。

続きを読む "パイプラインとLNGと…天然ガス輸入量の動向をグラフ化してみる(最新)"

5時35分SRWE(EP)&図表エネルギー, 逐次新値反映記事

2020/07/30

たばこ販売店と自動販売機の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-07272010年10月のたばこ税大幅引き上げに伴うたばこ価格の大規模な値上げに始まり、2011年3月の東日本大地震・震災による生産ラインや流通網の停止などによる需給バランスの大幅な乱れと、それをきっかけとする銘柄の整理統合、2014年4月・2019年10月の消費税率引き上げに対応した販売価格の値上げ、2016年4月のJT内財政体質強化のための値上げ、2017年4月以降におけるたばこ税の軽減措置の段階的縮小・廃止やたばこ税の引き上げに伴う値上げ、そして中長期的に進んでいる健康志向によるたばこ離れの加速化。ここ数年に限っても、たばこを取り巻く環境はより一層厳しくなっている。そこでたばこの発売元である【JTの統合報告書】などを基に、たばこの販売許可店と自動販売機の推移をグラフ化した上で精査し、現状を把握しておくことにした。

続きを読む "たばこ販売店と自動販売機の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時23分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

トップはサウジ、ではなくて…主要国の原油確認埋蔵量をグラフ化してみる(最新)

2020-0717国際石油資本BP社が毎年発行しているエネルギー白書「Statistical Review of World Energy」には、主要国のエネルギーに係わる多彩なデータが盛り込まれており、エネルギー面で考察する際には非常に役立つ資料として注目に値する。記事執筆時点では2020年6月17日付で発表された【Statistical Review of World Energy 2020】が最新のものだが、今回はこの掲載データを用い、原油(石油)確認埋蔵量の現状と推移、シェアなどを確認し、状況の精査を行うことにする。

続きを読む "トップはサウジ、ではなくて…主要国の原油確認埋蔵量をグラフ化してみる(最新)"

5時21分SRWE(EP)&図表エネルギー, 逐次新値反映記事

モリモリ増える中国やインド…主要国の一次エネルギー消費量推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0716イギリスに本拠地を構える国際石油資本BP社が毎年発行しているエネルギー白書「Statistical Review of World Energy」には、主要国のエネルギーに関する多彩なデータが盛り込まれており、これを用いることで各方面から諸国のエネルギー動向を推し量ることができる。今回はそれを活用し、中期にわたる主要国におけるエネルギー消費動向を見ていくことにする。

続きを読む "モリモリ増える中国やインド…主要国の一次エネルギー消費量推移をグラフ化してみる(最新)"

5時19分SRWE(EP)&図表エネルギー, 逐次新値反映記事

2020/07/29

たばこの税収推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0727先に【たばこ税の推移をグラフ化してみる】などでたばこの税金に関する解説記事を執筆した後に、「たばこ販売による税収全体の動向はどのような状態なのだろうか」との疑問が頭に浮かんだ。1本あたりの税率・税額が増えれば、全体としての税収は増加するが、値上げに伴い販売本数が減れば、逆に税収は減る。そのバランスはいかなる状況なのだろうか。そこで今回はたばこ税など、たばこの販売による税収の推移を確認する。たばこ税は逐次引き上げられ、たばこの販売金額も上昇しているのだから、たばこによる税収も漸増しているとのイメージは、おぼろげながらあるのだが。

続きを読む "たばこの税収推移をグラフ化してみる(最新)"

5時26分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

かつてデパートの売れ筋商品、今は…スーパー・デパートの衣料品の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

2020-0726先行展開の記事【スーパーやデパートの主要商品構成比の移り変わりをグラフ化してみる】において、経済産業省が定期的に発表している統括データを基に、スーパーやデパートにおける主要項目毎の商品の売れ行き具合の変遷を確認した。今回はその主要項目のうち、かつてはデパートの商品の中でも主役の座にあったものの、今では食料品にその座を奪われている「衣料品」にスポットライトを当てて、詳しい区分別動向を確認していくことにする。

続きを読む "かつてデパートの売れ筋商品、今は…スーパー・デパートの衣料品の移り変わりをグラフ化してみる(最新)"

5時24分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

スーパーやデパートの主要商品構成比の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

2020-0726先行記事の【百貨店やスーパーの分野別売上高推移をグラフ化してみる】で百貨店やスーパーの商品分野別売上高の推移を、前年比・前年同月比推移の視点から精査し、これまでの動向と現状の把握を行った。今回は主要項目別に区分した商品分野別の、売上全体に占める売上シェアの推移、そして額面そのものの動きを算出し、スーパーなどにおける商品の取り扱い・売れ筋の、時代による変化を、経済産業省が逐次公開している統括データを基に見ていくことにする。

続きを読む "スーパーやデパートの主要商品構成比の移り変わりをグラフ化してみる(最新)"

5時21分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

2020/07/28

昨年同時期より少なめ…熱中症による搬送人員数は1週間で3073人(2020年7月20日-7月26日)

総務省消防庁は2020年7月28日、同年7月20日から7月26日の一週間における熱中症による救急搬送人員数が3073人(速報値)であることを発表した。今年分は6月1日から熱中症による搬送人員数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人員数は1万2294人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は5人が、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は67人が確認されている。なお前年2019年の同時期における熱中症による救急搬送人員数は4323人(確定値)で、今回週の人員数はそれと比べて1250人少ない(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "昨年同時期より少なめ…熱中症による搬送人員数は1週間で3073人(2020年7月20日-7月26日)"

17時0分熱中症搬送状況, noindex

ソフトハード合わせて国内市場規模は3330億円、プラスダウンロードが259億円…CESA、2019年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(最新)

2020-0728社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2020年7月27日、「2020 CESAゲーム白書(2020 CESA Games White Paper)」の発刊を公知するとともに、2019年における日本国内外の家庭用ゲーム(据置型に加えて携帯型も含む)市場の概要を発表した。それによると2019年の日本国内ゲームメーカーによる家庭用ゲームの市場規模(ハードとソフト双方)は3330億円であることが分かった。またそれとは別にダウンロードゲームソフトウェア市場は259億円であると推計されている。今回は発表されたデータを基に、各種状況を確認していくことにする(【発表リリース:「2020CESAゲーム白書(2020CESA Games White Paper)」発刊!】)。

続きを読む "ソフトハード合わせて国内市場規模は3330億円、プラスダウンロードが259億円…CESA、2019年分の国内外家庭用ゲーム産業状況発表(最新)"

10時17分ゲーム, 経済・金融・市場・家計

たばこ税の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0727たばこにはたばこ税(国税)、たばこ税(地方税)、たばこ特別税(国税)からなる複数の税、さらに消費税が課せられているが、たばこ税の一部銘柄への軽減措置は段階的に縮小・廃止され、それに伴う形で値上げが漸次行われている。またたばこ税の引き上げや消費税率の引き上げに伴う値上げ、さらにはJTの収益基盤の強化との名目による値上げも実施されている。常に値上げにさらされる感のあるたばこだか、実際にはどの程度のたばこ税が課せられているのだろうか。【JTの統合報告書】を基に、過去から現在におけるたばこ税の推移を確認し現状を整理しておくことにした。

続きを読む "たばこ税の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時23分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

百貨店やスーパーの分野別売上高推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0726かつては憧れの場所、特に子供にとっては一日中いても飽きない場所でもあった百貨店やデパートだが、今やその勢い、商品やサービスに対するきらびやかさは見られない。需要の多様化、小売業態の細分化、流通の変化などさまざまな時代の流れに追いつけない感が強い。屋上の売店や子供向けの遊び場の縮小、撤廃が、その流れのきっかけだったとする話もある。しかしそれでも多彩な商品が一堂に会する、言葉通り「百貨」が集まる店には、今でも不思議な魅力を覚えずにはいられない。今回は普段業界団体側発表による業界全体のセールス(【定期更新記事:チェーンストア】)とは別の視点、経済産業省が逐次公開している統括値を確認し、商品分野別の売上動向の把握を行うことにした。

続きを読む "百貨店やスーパーの分野別売上高推移をグラフ化してみる(最新)"

5時21分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

郵便貯金の金利推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0727金融機関にお金を預け入れることで金利に基づいた利子(利息)が発生し、口座から下す時には元本以上のお金を手に入れることができる。通帳記入をすれば時々利子などの名目で口座に振り込まれているのが分かるはず。昨今では金利はごくわずかで「金融機関に預けたお金には利子がつく」ということを知らない人もいるほど。今回はゆうちょ銀行(郵便局)における金利の推移から、昔と今における金利(年利回り、税引き前)の違いの実情を確認していくことにする。

続きを読む "郵便貯金の金利推移をグラフ化してみる(最新)"

5時19分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

2020/07/27

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年6月分まで)(最新)

2020-0727以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2020年7月27日に発表された最新版となる2020年6月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年6月分まで)(最新)"

16時0分建設労働需給, 逐次新値反映記事

2020年6月度外食産業売上マイナス21.9%…4か月連続の前年比マイナス

2020-0727日本フードサービス協会は2020年7月27日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2020年6月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でマイナス21.9%を示した。新型コロナウイルスの流行による自粛の雰囲気を反映する形で外食利用の動きが鈍く、客数が大きく減少したことが打撃となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2020年6月度外食産業売上マイナス21.9%…4か月連続の前年比マイナス"

15時29分外食産業売上, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS