2020/06/30

高世帯年収ほど高利用率…インターネット機器としての携帯電話やパソコンなどの世帯年収別利用率をグラフ化してみる(最新)

2020-0617インターネットの窓口となるパソコンも携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)も、そして家庭用ゲーム機やタブレット型端末ですら、昔と比べると随分と価格は安くなったものだが、まだまだ誰もが気軽に購入できる領域のものでは無い。当然その所有率・利用率は個々のお財布事情と浅からぬ関係がある。いわゆる「デジタルデバイド」の要因として経済力が挙げられるのも納得がいく話。今回は総務省が2020年5月29日に詳細版を発表した「通信利用動向調査」の公開値などを基にして、所属世帯の世帯年収別に主要インターネットアクセス機器の利用状況を検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "高世帯年収ほど高利用率…インターネット機器としての携帯電話やパソコンなどの世帯年収別利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時21分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

前年比で増加…サラリーマンの昼食代事情(最新)

2020-0628多くのサラリーマンにとって「昼食代」は自分のこづかいの出費先として、そして数少ないお楽しみの時間を充足させる重要な要素として、注目に値する金銭的な要素に違いない。ある意味テレビや新聞で見聞きする数々の経済的な指標以上に身近で生活に密着する、ウェイトの大きな金銭面での数字ではある。今回は新生銀行が毎年定点観測的に調査・報告をしている「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版(2020年6月23日発表)などを基に、そのサラリーマンの昼食代事情について、少し掘り下げる形で経年変化や属性別の動向を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は39419円と2018年の水準に回復 - 「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "前年比で増加…サラリーマンの昼食代事情(最新)"

5時19分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

サラリーマンのゆとり感をこづかい面から眺めてみる(最新)

2020-0628心理的な状態の一形態を表す「ゆとり」という言葉は、それに付随する文言により多様な意味合いを持つ。物事の考え方、他人とのやりとりにおける精神面、そして金銭勘定の上での余裕のある無し。今回は新生銀行が毎年定点観測的に調査発表している「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版(2020年6月23日発表)を基に、「こづかい」の観点からサラリーマン諸氏のゆとり感を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は39419円と2018年の水準に回復 - 「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "サラリーマンのゆとり感をこづかい面から眺めてみる(最新)"

5時17分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2020/06/29

じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(最新)

2020-0617携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方。以下同)が人々の生活において欠かせぬ存在となり、利用層がますます広域化し、それこそ老若男女を問わずに利用されるようになるに連れ、その携帯電話の利用によって生じる金銭的負担は当然増加する。昨今では従来型携帯電話から、より負担が大きいスマートフォンへの世代シフトも起き、それも負担増の一端として影響を与えている。それでは実態としてどれほどの金額が使われ、家計にどの程度の負担・影響を与えているのだろうか。その点について総務省が2020年5月29日に発表した「通信利用動向調査」の公開値などを用い、検証していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "じわりと増加する携帯電話代負担…電話料金と家計支出に占める割合をグラフ化してみる(最新)"

5時37分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

持参弁当率33%…サラリーマンのこづかいと昼食代の微妙な関係(最新)

2020-0628多くのサラリーマンにとって昼食は欠かせないイベント。空腹のままでは就業を続けるのは困難なだけではなく、不健康に他ならない。また時間の区切り的にもランチタイムはよい息抜きとなるのは言うまでも無い。その昼食事情を含め、多方面からサラリーマンのお財布事情を調査した定点観測的調査レポート「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版が2020年6月23日付で、新生銀行から発表された。今回はその資料を基に、多方面からサラリーマンのこづかいと昼食代の関係について精査を試みていくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は39419円と2018年の水準に回復 - 「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "持参弁当率33%…サラリーマンのこづかいと昼食代の微妙な関係(最新)"

5時34分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

「moon PREMIUM EDITION」がトップ…ゲームソフトランキング更新(2020/06/26時点)

今ゲームソフトランキングでは従来メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】をベースにしていたが、データが非公開になったため、前週分からアマゾンの【ゲームの売れ筋ランキング】を対象に、記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。記事執筆時点の観測結果をベースにすることとした。そのランキングによれば、トップについたのは「moon PREMIUM EDITION」(Nintendo Switch)。独特のテーマ性など色々な意味で話題を集めた「moon」をNintendo Switchに復活させたもの。「moon」そのものに加えて設定資料集やボイスシアターCD、ゲームの物語を視覚的に堪能できるガイドカードがついている。ゲームそのものの方向性も合わせ、再び大いに話題を呼びそうな一品。発売日は2020年10月15日だが、執筆時点でトップセールの座を占めている。

続きを読む "「moon PREMIUM EDITION」がトップ…ゲームソフトランキング更新(2020/06/26時点)"

5時0分ゲームランキング

2020/06/28

年齢階層別インターネット利用率をグラフ化してみる(最新)

2020-0616パソコン世代が年を重ね、生活への浸透に伴う必要性が増加し、機能拡大による利便性向上が進むなど、多様な環境変化により、インターネットは老若男女を問わず浸透しつつある。一方、高年齢層における利用率は、デジタル系・先端技術系の利用状況ではよく見られるように、若年層と比べて今一つ値が低めな状態にあることも否定できない。現状ではどのような状況で、過去からはいかなる推移を示しているのか。総務省が2020年5月29日に詳細版を発表した「通信利用動向調査」の公開値をたどり、「年齢階層別のインターネット利用率」を確認し、高齢層を中心に年齢階層別のインターネット利用状況を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "年齢階層別インターネット利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時19分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

昼食代、携帯電話代、し好品代などが前年比でプラス…サラリーマンのこづかい内部事情(最新)

2020-0626サラリーマンが直接、そして自分自身にもっとも大きな影響を与える金銭のやり取りといえば「こづかい」に他ならない。そのこづかいの使い道として一番欠かせないものは「昼食代」であるとの実態が、新生銀行が2020年6月23日に発表した、定点観測的な調査「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版で明らかになった。今回はこの調査結果から、最重要視されている昼食代も含め、サラリーマンのこづかいの消費実態について確認をしていくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は39419円と2018年の水準に回復 - 「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "昼食代、携帯電話代、し好品代などが前年比でプラス…サラリーマンのこづかい内部事情(最新)"

5時17分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2020/06/27

個人ベースでは89.8%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0616パソコンやスマートフォンをはじめとした携帯電話はもちろん、家庭用ゲーム機、さらには各種家電製品にまで実装されるようになったインターネットへのアクセス機能。それら直接アクセスする機器だけでなく、多様な場面・部門でインターネットは活用されており、電気や水道と同レベルの、生活に欠かせないインフラ的な立ち位置を示している。それではそのインターネットは日本において、どれほどの人達にまで普及しているのだろうか。複数の視点でこの「インターネット普及率」は推し量ることができるが、今回は総務省が2020年5月29日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を中心に、その実情を確認していく(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "個人ベースでは89.8%…インターネット普及率の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時3分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

前年比で大きく増加…2020年のサラリーマンこづかい事情(最新)

2020-0626日本の就労者の就業職種のうち少なからぬ人数の割合を占めるサラリーマンにおける生活様式は、それらの人々自身はもちろん、日本の社会全体の状況を推し量る一つのバロメーターになる。新生銀行では毎年1回、このサラリーマン(など)の日常生活に関する調査「サラリーマンのお小遣い調査」を行い、その結果を報告書として発表している。今回はその最新版にあたる、2020年6月23日発表の「2020年サラリーマンのお小遣い調査」の結果などを基に、最新、そして近年におけるサラリーマンのこづかい事情を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣い額は39419円と2018年の水準に回復 - 「2020年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "前年比で大きく増加…2020年のサラリーマンこづかい事情(最新)"

5時1分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2020/06/26

すでに夏模様…株式市場雑感(20/06/22-20/06/26週)(週終値:2万2512円08銭)

■20/06/22:日経平均終値2万2437円27銭/113.8
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。米国における新型コロナウイルス流行の再拡大への懸念が強まり、弱い基調での相場展開となった。出来高は9億3621万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.18%、TOPIXは-0.23%、マザーズ指数は+1.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.22%となる。

続きを読む "すでに夏模様…株式市場雑感(20/06/22-20/06/26週)(週終値:2万2512円08銭)"

19時0分株式市場雑感

全年齢階層で携帯>パソコンの時代…インターネット機器としての個人の携帯電話やパソコン利用率をグラフ化してみる(最新)

2020-0616パソコンや携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方)は現状ではほぼイコール「インターネット利用機器」として存在している。家庭用ゲーム機ですら、パソコンなどと比べると融通は利かないものの、インターネットへのアクセスが当たり前となっている。それでは実状として、それらの機器のインターネット端末としての利用率はいかなる状況なのだろうか。総務省が2020年5月29日に詳細値を発表した「通信利用動向調査」を基に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "全年齢階層で携帯>パソコンの時代…インターネット機器としての個人の携帯電話やパソコン利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時20分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)

2020-0615従来型携帯電話の高性能ぶりが仇となり欧米から数年遅れる形となったが、日本でもようやく携帯電話の主流が従来型携帯電話からスマートフォンへとシフトしつつある。スマートフォンに利用機種が移行されるもっとも大きな理由は、インターネットへのアクセス機能のケタ違いの向上ぶりにあるわけだが、それでは現時点において、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)を用いたインターネット利用状況はどのようなパワーバランスにあるのだろうか。総務省が2020年5月29日に詳細を発表した「通信利用動向調査」を基に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)"

5時17分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

各社の店舗展開戦略が見えてくる…牛丼御三家の店舗数推移(最新)

2020-0625当サイトでは牛丼チェーン店の大手三社である吉野家・松屋・すき家を「牛丼御三家」と命名し、各店舗の月次営業実績を基に売上や客数、客単価の動向を毎月精査している。各社の営業成績報告書にはそれらの値の他に、店舗数の推移も記載されている。店舗数の変遷は短期的にはあまり変化は無いものの、中長期的に見ると各社の店舗展開戦略が透けて見える、興味深い値ではある。今回はその店舗数の推移などを確認し、状況を把握していく。

続きを読む "各社の店舗展開戦略が見えてくる…牛丼御三家の店舗数推移(最新)"

5時13分牛丼御三家売上, 逐次新値反映記事

2020/06/25

日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる

国(政府)が「これだけの金額を預かりました」として発行する借用証書が「国債」。国の財政、そして国そのものの信頼性に関する重要な有価証券であることから、その発行総額は多くの経済面での分析に使われ、また格付けも行われ、為替や株式市場にまで影響を及ぼし得る。一方、国債は他の債券同様に、借り手にとっては債務だが、貸し手においては債権であり資産に他ならない。貸し手と借り手、資産を検証する際の領域区分により、国債が持つ意味は大きな変化を示すことになる。今回は日本銀行(日銀)の公開データを基に、日本国が発行する国債の保有者区分をグラフ化し、現状を把握していくことにする。

続きを読む "日本の国債の保有者内訳をグラフ化してみる"

11時0分国債動向, noindex

従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)

2020-0615従来型携帯電話の高性能ぶりが仇となり欧米から数年遅れる形となったが、日本でもようやく携帯電話の主流が従来型携帯電話からスマートフォンへとシフトしつつある。スマートフォンに利用機種が移行されるもっとも大きな理由は、インターネットへのアクセス機能のケタ違いの向上ぶりにあるわけだが、それでは現時点において、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方)を用いたインターネット利用状況はどのようなパワーバランスにあるのだろうか。総務省が2020年5月29日に詳細を発表した「通信利用動向調査」を基に、その実情を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "従来型携帯電話とスマートフォンのインターネット利用状態をグラフ化してみる(最新)"

5時32分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

円ドル為替相場の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

2020-0624当サイトで平日の東京市場開催日の夜半に掲載している「株式市場雑感」でも繰り返し触れているように、世界情勢(特に経済方面)に連動する形で為替市場は大きく変動し、それによって東京株式市場も小さからぬ影響を受けている。今回は一日単位の短期間の視点でも、数週間、数か月といった中期間、さらには年ベースでの長期間の視点でも、日本の経済に影響を与える為替相場の動向について、経済的には日本と一番関係が深く、またその相場変動が多様な方面で関連性のある米ドル(アメリカ合衆国の基軸通貨)との絡みを中心に、状況の確認をしていくことにする。

続きを読む "円ドル為替相場の移り変わりをグラフ化してみる(最新)"

5時28分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0624当サイトでは【定期更新記事:経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】にあるように、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を基にした広告費動向を定期的に追いかけ、グラフを作成し、その内容、つまり従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査している。その中で、かつて新聞広告とインターネット広告は金額的にほぼ同じ、むしろ新聞広告の方が大きな市場規模を有していたが、昨今ではその立場は逆転し、インターネット広告が優位な状態にある。今回は広告市場の変貌を端的に推し量れるこの立ち位置の変化にスポットライトを当て、移り変わりの流れを確認していくことにする。

続きを読む "どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる(最新)"

5時26分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事

2020/06/24

携帯電話などでのインターネット利用率をグラフ化してみる(最新)

2020-0615従来型携帯電話では一部においてインターネットへのアクセスが不可能、あるいは意図的に止められる機種もあるが、昨今の携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォン双方)では機種の保有・利用がほぼそのままイコールでインターネットの利用となっているのが実情。それでは実態として、現在における携帯電話などを利用したインターネットへのアクセスは、どの程度行われているのだろうか。総務省が2020年5月29日に詳細値を発表した「通信利用動向調査」を基に、「携帯電話(従来型携帯電話だけでなくPHSやスマートフォンなどを含む)におけるインターネットの利用率」を確認していくことにする(【発表ページ:通信利用動向調査】)。

続きを読む "携帯電話などでのインターネット利用率をグラフ化してみる(最新)"

5時12分通信利用動向調査, 逐次新値反映記事

携帯・固定電話の1日あたりの通話回数と1通話の通話時間をグラフ化してみる(最新)

2020-0621総務省が2020年6月19日に発表した、2018年度(2018年4月1日-2019年3月31日)における固定電話や携帯電話などによる音声通信の利用状況に関する調査結果【通信量からみた我が国の音声通信利用状況-平成30年度における利用状況-】の各値を基に、日本における電話を使った通話の動向を複数の切り口から確認した。今回はそれらとは別の視点から、音声通話の現状と、そこに至るまでの変遷を見ていくことにする。具体的には加入電話(いわゆる固定電話)と携帯電話に限定した、通信回数や通信時間の推移である。

続きを読む "携帯・固定電話の1日あたりの通話回数と1通話の通話時間をグラフ化してみる(最新)"

5時10分インフラ・資源・エネルギー, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS