2020/05/31

乗用車の普及率現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0517公共交通機関の発達やライフスタイルの変化、お財布事情などを受け、都心部の若年層における乗用車離れが世間ではたびたび話題に上っているものの、多くの人にとって相変わらず乗用車が必要不可欠な移動ツールであることに変わりはない。そこで今回は内閣府が定期的に調査、結果内容を公開している調査結果【消費動向調査】を基に、乗用車の普及状況についてその現状を確認していくことにする。

続きを読む "乗用車の普及率現状をグラフ化してみる(最新)"

5時16分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

タブレット型端末の普及率現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0516ここ数年の間にスマートフォンとともに急速に普及が進み話題に上るようになったモバイル端末に、タブレット型端末が挙げられる。クリップボードほどのサイズの液晶がメインのデジタルデバイスで、それなりに高い機動性を持ち、ノートパソコンに匹敵するパソコン的な使い方が可能で、スマートフォンのようなタッチパネル方式での操作が行える。いわばパソコンとスマートフォンの中間的な立ち位置にある端末だが、最近ではノートパソコン的に使えるものも登場し、その柔軟性の高さから、パソコンの代替機として選択する人も多い。今回は内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に、そのタブレット型端末の普及状況について確認していくことにする。

続きを読む "タブレット型端末の普及率現状をグラフ化してみる(最新)"

5時14分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

2020/05/30

携帯電話の普及率現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0516自動車搭載用の電話をベースに単純な持ち運びができる通話用電話機として始まり、ポケットに入るサイズにまで小型化するとともに、インターネットへのアクセスを可能とすることで、機動性の高い情報端末としての役割も果たすようになった携帯電話。昨今では従来型携帯電話に加え、タッチパネル方式で画面も大型化し、アプリケーションの活用によりパソコンに近い機能を持つスマートフォンの普及ぶりが著しい。今回は従来型とスマートフォンそれぞれにおける携帯電話の普及状況について、内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に確認していくことにする。

続きを読む "携帯電話の普及率現状をグラフ化してみる(最新)"

5時30分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

パソコンの世帯主年齢階層別普及率をグラフ化してみる(最新)

2020-0515かつては仕事用として、あるいは裕福な家庭にのみその姿を見ることができた、個人向けのコンピューターことパーソナルコンピューター、略してパソコン。今や多くの人が手に取れるようになり、同時にインターネットへの窓口としての使い方が主目的となる機材として認知されている。またその様式もデスクトップパソコンだけでなくノートパソコンも普及し、昨今ではむしろノートパソコンの方が普及率は高い状態。一方でその「インターネットへの手軽な窓口」との観点では、より機動性の高いスマートフォンやタブレット型端末に(完全な代替機ではないものの)主役の座を奪われつつあるのが現状。そのパソコンの普及率について、世帯主の年齢階層別に詳しい動向を、内閣府が定期的に公開している調査結果【消費動向調査】を基に確認していくことにする。

続きを読む "パソコンの世帯主年齢階層別普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時27分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

2020/05/29

青空を舞う翼…株式市場雑感(20/05/25-20/05/29週)(週終値:2万1877円89銭)

■20/05/25:日経平均終値2万0741円65銭/121.4
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日の米国市場は小幅下落で終わったが、緊急事態宣言の全面解除の見通しがついたことや補正予算への期待で、寄り付きから大きく買い進まれた。出来高は10億0257万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.73%、TOPIXは+1.65%、マザーズ指数は+3.50%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.15%となる。

続きを読む "青空を舞う翼…株式市場雑感(20/05/25-20/05/29週)(週終値:2万1877円89銭)"

19時0分株式市場雑感

年齢階層別の乗用車普及率をグラフ化してみる(最新)

2020-0515今や陳腐化した感の強い言い回しではあるが、若年層の行動傾向の変化や都心部の公共交通機関の整備、住宅問題などを受け、若年層の自動車(乗用車)離れが進んでいるとの話は自動車業界界隈からよく語られ、そして関連業界などの記事でしばしば見うけられる。それでは実際に、世帯ベースでどの程度の乗用車が保有されて、それはどのような推移を遂げてきたのだろうか。内閣府の【消費動向調査】を基に、いくつかの切り口から、乗用車の世帯普及率について検証していくことにする。

続きを読む "年齢階層別の乗用車普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時30分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

年齢階層別のテレビ普及率をグラフ化してみる(最新)

2020-0515インターネットが普及しスマートフォンやタブレット型端末が多くの人の手に収まる昨今においても、テレビが相変わらずメディアの主体の立ち位置にあり、多くの人に視聴される映像機器に違いは無い。また日本では諸外国と比較して、とりわけ高齢者において、テレビを神格化する傾向が強く、テレビはさまざまな方面で強い影響力を持ち続けている。今回は内閣府の【消費動向調査】を基にテレビの普及率などの推移を介して、いかに深く浸透しているかを再確認するとともに、状況の変化のある無しに関しても見ていくことにする。

続きを読む "年齢階層別のテレビ普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時28分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

2019年度第4四半期の紙巻たばこ販売本数はマイナス10.3%、減少継続(最新)

2020-0418日本たばこ協会は2020年4月17日に同協会公式サイトにおいて、2019年度第4四半期(2020年1-3月、2019年度Q4)の紙巻たばこの販売実績を発表した。その発表データによれば2019年第4四半期の紙巻たばこの販売実績は261億本となり、前年同期ではマイナス10.3%となった。販売代金はマイナス8.0%の6292億円を示している(【日本たばこ協会:公式ページ・トピックス一覧】)。

続きを読む "2019年度第4四半期の紙巻たばこ販売本数はマイナス10.3%、減少継続(最新)"

5時26分たばこ売上, 逐次新値反映記事

2020/05/28

テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(下)……乗用車やエアコン、デジカメなど(最新)

2020-0514先に【テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(上)…テレビ・パソコン・ファックスなど】において、内閣府の【消費動向調査】の調査結果を基に、主要耐久消費財(テレビや自動車など、長期にわたって使用される商品。原則的に1年以上の使用によるもの)の普及率の現状などを、カラーテレビやパソコン、ファックスなどについて行った。今回はそれに続く形で、同様の切り口を用い、エアコンや空気清浄器、デジカメなどの、日常生活に深く浸透している家電製品に関して、その世帯普及率の現状や推移を確認していくことにする。普段何気なく使っている商品達が、世間一般にはどれ程普及しているのかを知る、よい機会になるはずだ。

続きを読む "テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(下)……乗用車やエアコン、デジカメなど(最新)"

5時21分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(上)…テレビ・パソコン・ファックスなど(最新)

2020-0514テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機など日常生活を支えるさまざまな家電商品の普及・利用状況について、先に掲載した【エアコン普及率をグラフ化してみる】を皮切りに、内閣府が2020年4月6日に発表した【消費動向調査】の最新版の公開値を基に、多様な方面からその現状・動向を精査している。今回はパソコンやファックスをはじめとした家電製品全般について大まかな形で、その普及率などの推移を確認していくことにする。

続きを読む "テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(上)…テレビ・パソコン・ファックスなど(最新)"

5時19分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

二人以上世帯で9割強、男性単身高齢層は80.1%…エアコン普及率をグラフ化してみる(最新)

2020-0513住宅の密閉性の向上や都市地域におけるヒートアイランド現象の実体化に伴い、エアコンはこれまで以上に人々の生活に欠かせない家電の一つとなり、注目を集める機会が増えている。特に震災以降においては、電力需給問題と併せ、体調の維持と節電との絡みで物議が醸されることが多い。今回は内閣府が2020年4月6日に発表した【消費動向調査】の各種データを抽出し再構築する形で、2020年におけるエアコンの世帯普及率について、さまざまな切り口から状況確認を行い、各種検証のための材料を構築していくことにする。

続きを読む "二人以上世帯で9割強、男性単身高齢層は80.1%…エアコン普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時17分消費動向調査(普及率), 逐次新値反映記事

2020/05/27

続・自動車は手が届きにくい存在になっているのか…可処分所得と自動車価格の関係をグラフ化してみる(最新)

2020-0513若年層を中心に自動車購入を避ける傾向、俗に「若者の自動車離れ」との表現をよく見聞きする。実態としては「都心部に顕著だがそれ以外ではあまり起きていない」「低コストの軽自動車への利用のシフト」「実用、趣味趣向面での自動車の必要性の減少」などが挙げられ、事実に合った言い回しではない、一側面に過ぎないとの指摘もある。それでは「若者の自動車離れ」の原因の一つに挙げられる、「自動車取得時の初期費用負担」の重さはどのように変化をしているのか、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】などから各種計算を施し、可処分所得と自動車の販売価格との関係から確認をしていくことにする。

続きを読む "続・自動車は手が届きにくい存在になっているのか…可処分所得と自動車価格の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時20分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

「あつまれ どうぶつの森」トップを維持…ゲームソフトランキング更新(2020/05/11-2020/05/17)

緊急事態宣言は解除されたけれど、気を付けなければならないことは何も変わらない、だから自宅でゲームしようというポジティブシンキングな今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「あつまれ どうぶつの森」(Nintendo Switch)がついた。自由奔放な生活体験ゲーム「どうぶつの森」シリーズの最新作で、今作では無人島での暮らしがテーマとなる。手つかずの自然豊かな無人島でプレイヤーは自由度の高いスローライフを楽しむことができる。発売から9週目となったが感想はおおむね堅調。エディタ機能を使ったデザインがネット上に多数披露されていることもあり、口コミで面白さが広がっている。海外では「色々な」使われ方をされていることも報じられている。任天堂の決算発表でも驚異的なセールスが明らかにされ、あらためてその実力を認識する形に。

続きを読む "「あつまれ どうぶつの森」トップを維持…ゲームソフトランキング更新(2020/05/11-2020/05/17)"

5時0分ゲームランキング

2020/05/26

自動車は手が届きにくい存在になっているのか・初任給と自動車価格の関係をグラフ化してみる(最新)

2020-0512いわゆる「若者の自動車離れ」と呼ばれる言葉・現象の原因の一つとして、自動車価格が上昇する一方で若年層の所得がその上昇に追いついていないから、つまり相対的に価格面で手が届きにくい存在になりつつあるからとする説が挙げられている。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】などから各種計算を施し、初任給と自動車の価格の関係について見ていくことにする。

続きを読む "自動車は手が届きにくい存在になっているのか・初任給と自動車価格の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時28分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

下水道の普及率現状をグラフ化してみる(最新)

2020-0512先行記事【上水道の普及率推移をグラフ化してみる】にもある通り、上水道は多くの人にとって日常生活を維持するのに欠かせないインフラの一つに違いない。それと同時に対として語られる場合が多く、家計に携わる立場にある人には定期的な出費に挙げられる項目の一つが下水道。今回は日本における下水道の普及率の現状を確認していくことにする。

続きを読む "下水道の普及率現状をグラフ化してみる(最新)"

5時26分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

上水道の普及率推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0512多くの人にとって社会生活には欠かせないインフラの一つ、上水道。水道料金の支払いは必要となるが、蛇口をひねればいつ何時でも水道水を得ることができる。夏の水不足により給水制限が生じたり、先の震災をはじめとした災害によって上水道の利用に支障が生じた時には、改めてその必要性を再確認したはず。一方、上水道は日本全土に完全に整備されているわけではなく、現状でもその必要性を覚えない地域、待ち望んではいるが整備が遅れている地域もある。今回は公的資料を基に、日本の上水道の普及率の現状とその推移を確認していくことにする。

続きを読む "上水道の普及率推移をグラフ化してみる(最新)"

5時24分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2020/05/25

2020年4月度外食産業売上マイナス39.6%…2か月連続の前年比マイナス

日本フードサービス協会は2020年5月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2020年4月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でマイナス39.6%を示した。新型コロナウイルスによる自粛要請を受け営業時間の短縮や臨時休業した店舗が多く、客数が大きく減少したことが打撃となった。報告書では今回の値について「調査開始以来最低の売上」と説明している(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2020年4月度外食産業売上マイナス39.6%…2か月連続の前年比マイナス"

15時0分外食産業売上

正規・非正規就業者数の詳細をグラフ化してみる(最新)

2020-0524日本の就業者(職員、従業員)の労働問題に関しては、正規・非正規の雇用形態による違いが大きくクローズアップされている。特に昨今では非正規就業者の増減にスポットライトが当てられ、物議がかもされている。そこで今回は、総務省統計局の労働力調査による公開値を基に、中期的な正規・非正規の状況変化について、具体的な数字を確認をしていくことにする(【労働力調査】)。

続きを読む "正規・非正規就業者数の詳細をグラフ化してみる(最新)"

5時0分労働力調査, 逐次新値反映記事

30年近くにわたる大学教員の月給推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0511先行記事【40年あまりにわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)】において、学校教育で授業を受ける側の授業料ではなく、教鞭を取る側の給与動向を推し量ろうとしたが、結局総務省統計局の【小売物価統計調査(動向編)調査結果】からは叶わなかった件について触れた。この事案に関して文部科学省の【学校教員統計調査】で、該当するデータが取得可能なことが判明した。そこで今回はそれを用いて大学の本務教員の給料(月給)の動向を確認していくことにする。

続きを読む "30年近くにわたる大学教員の月給推移をグラフ化してみる(最新)"

4時56分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2020/05/24

40年あまりにわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0511先の記事【70年近くにわたる大学授業料の推移をグラフ化してみる(最新)】で総務省統計局における公開値【小売物価統計調査(動向編)調査結果】を基に、大学生の授業料負担に関する検証を行った。その際に「授業を行う側、教鞭を取る側の給与はいかなる推移を示しているのだろうか」と、視点を変えた疑問が生じることとなった。そこで今回は同じく「小売物価統計調査」を基に、教鞭を取る側の給与を推測できる値の一つ、学習塾の月謝についてその推移を確認していくことにする。

続きを読む "40年あまりにわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)"

5時24分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS