2020/02/12

「入居者1回入れ替え」が最多…心理的瑕疵の影響期間(最新)

2020-0127賃貸住宅を探す時に重要なチェック項目として心理的瑕疵物件か否かとの問題がある。心理的瑕疵物件とは、住む人が心理的に嫌な思いをする可能性がある問題を抱えている物件を指す。ただし心理的瑕疵物件について公的なガイドラインや明確な判例はなく、個々の物件の特性や地域の環境など多様な条件の上で判断されることが多い。今回は賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」が半年ごとに同協会公式サイトにて発表している【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】を基に、賃貸住宅業者側が心理的瑕疵を告知しなければならないとする期間の判断の実情を確認していくことにする。


続きを読む "「入居者1回入れ替え」が最多…心理的瑕疵の影響期間(最新)"

5時21分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

心理的瑕疵物件と判断される条件(最新)

2020-0127賃貸住宅を探す時に重要なチェック項目として心理的瑕疵物件か否かとの問題がある。心理的瑕疵物件とは屋根が傷んでいたり白アリが巣食っていた経歴があるような物理的な問題点ではなく、住む人が心理的に嫌な思いをする可能性がある問題を抱えている物件を指す。ただし心理的瑕疵物件について公的なガイドラインや明確な判例はなく、個々の物件の特性や地域の環境など多様な条件の上で判断されることが多い。今回は賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」が半年ごとに同協会公式サイトにて発表している【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】を基に、心理的瑕疵物件の具体的な判断要素について賃貸住宅業界の実情を確認していく。


続きを読む "心理的瑕疵物件と判断される条件(最新)"

5時20分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

2020/02/07

安心感か…株式市場雑感(20/02/03-20/02/07週)(週終値:2万3827円98銭)

■20/02/03:日経平均終値2万2971円94銭/79.1
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場の大幅安を受け、また新型肺炎の広がりによる経済悪化への懸念もあり、売り基調の中での相場展開となった。中国人民銀行による資金供給の発表で下げ幅は限定的ではあったが、それでも大きく下げたことに違いは無い。出来高は13億5797万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.01%、TOPIXは-0.70%、マザーズ指数は-0.01%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+1.50%となる。


続きを読む "安心感か…株式市場雑感(20/02/03-20/02/07週)(週終値:2万3827円98銭)"

19時0分株式市場雑感

2020/02/05

世帯年収と生活習慣の相関関係(最新)

5時16分国民健康・栄養調査, 転送用Medi



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS