2020/02/29

大学への進学率の国際比較をグラフ化してみる(最新)

2020-0218高等教育、日本の場合は大学(学部)への進学率は教育の浸透や社会情勢、国単位での教育制度の有り方を知る上での指針の一つとなる。日本国内の大学進学率は別途文部科学省の学校基本調査を基に【大学進学率をグラフ化してみる】で精査しているが、今回は日本だけでなく主要国の進学率を確認し、その違いを見ていくことにする。

続きを読む "大学への進学率の国際比較をグラフ化してみる(最新)"

5時19分教育・育児, 海外

自転車交通「死亡」事故の相手の推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0215自転車運転中に発生する交通事故で不幸にも本人が死亡してしまった場合、大多数は自動車が相手方との統計結果が出ている。バイクや歩行者が相手、あるいは自転車同士による衝突で自転車側が死亡に至る事例は、対自動車と比較すればそれほど多くはない。実際に自転車、あるいは自動車を運転していても、自転車が自動車と接触、衝突しそうになる状況を体験した人は多いはずだ。それでは具体的にどの程度の割合で自動車との事故による死亡事例が発生し、死者数はどの程度なのだろうか。2020年2月14日付で警察庁が公開した、日本国内における2019年中の交通事故の状況をまとめた報告書書「令和元年における交通死亡事故の特徴などについて」の掲載データから、自転車による死亡事故の、相手方の動向を確認していくことにする(【警察庁リリース発表ページ】)。

続きを読む "自転車交通「死亡」事故の相手の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時17分交通事故定点観測, 逐次新値反映記事

2020/02/28

フリーフォール感…株式市場雑感(20/02/25-20/02/28週)(週終値:2万1142円96銭)

■20/02/25:日経平均終値2万2605円41銭/68.8
本日の東京株式市場は大幅安の展開。新型コロナウイルスによる影響が世界経済に大きなダメージを与えるとの懸念が広がり、寄り付きから大きく売り込まれた。出来高は17億7802万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-3.34%、TOPIXは-3.33%、マザーズ指数は-3.63%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全面安。前営業日比は-3.03%となる。

続きを読む "フリーフォール感…株式市場雑感(20/02/25-20/02/28週)(週終値:2万1142円96銭)"

19時0分株式市場雑感

着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2020年1月新設住宅戸数10.1%減

国土交通省は2020年2月27日付で同省公式サイトにおいて、2020年1月の新設住宅戸数の動向(建築着工統計調査報告)を各種データとともに発表した。それによれば2020年1月の新設住宅着工戸数は前年同月比では10.1%減の6万0341戸で、前回月から継続する形でマイナスとなり、7か月連続の減少を示したことが分かった。着工床面積は6か月連続のマイナスで7.8%の減少となっている(【国土交通省:発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "着工戸数はマイナス継続、床面積もマイナス継続…2020年1月新設住宅戸数10.1%減"

15時0分新設住宅戸数, noindex

年齢階層別・自動車乗車中の交通事故死者数推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0215高齢化社会の到来とともに、高齢者の自動車運転で無謀な、あるいは常識では考えられない行為・判断による結果がもたらした死亡事故の話を見聞きする機会が増えている。高齢者比率の増加が続く人口構成比の変化を考慮すれば死亡事故でも高齢者の「数」が増えるのは避けようが無いのだが、実態として高齢者の死者数は交通事故全体のうちどれほどの割合を示しているのか。今回は2020年2月14日付で警察庁が公式サイト上で公開した、2019年中の交通事故の状況をまとめた報告書「令和元年における交通死亡事故の特徴等について」の掲載データを基に、年齢階層別の自動車乗車中における交通事故死者数の動向を精査していくことにする(【警察庁リリース発表ページ】)。

続きを読む "年齢階層別・自動車乗車中の交通事故死者数推移をグラフ化してみる(最新)"

5時31分交通事故定点観測, 逐次新値反映記事

年齢階層別・自転車乗車中の交通事故死者数推移をグラフ化してみる(最新)

2020-0214エコ志向や健康志向、ガソリン代の高騰に伴う自動車の代替手段として、そして震災以降の交通手段におけるリスク分散・保険的手段の確保の観点など多様な理由で、自転車への注目は高まりを見せている。昨今では道交法の改正も行われ(2015年6月施行)、さらに自転車専用・優先レーンの整備も加速化している。それとともに自転車が係わる事故、さらにはその事故で不幸にも命を落としてしまう事例への懸念も増すことになる。今回は2020年2月14日付で警察庁が発表した、2019年中の交通死亡事故の状況をまとめた報告書「令和元年における交通死亡事故の特徴等について」を元に、年齢階層別の自転車乗車中における交通事故死者数の動向を精査していくことにする(【警察庁リリース発表ページ】)。

続きを読む "年齢階層別・自転車乗車中の交通事故死者数推移をグラフ化してみる(最新)"

5時28分交通事故定点観測, 逐次新値反映記事

年齢層別の交通事故死者数をグラフ化してみる(最新)

2020-0214警察庁は2020年2月14日付で、2019年中の交通事故の状況を精査した報告書となる「令和元年における交通死亡事故の発生状況等について」を公開した(【警察庁リリース発表ページ】)。今回はこの公開値を基に、年齢階層別の交通事故による死者数を複数の切り口でグラフ化した上で、状況の確認と精査をしていくことにする。高齢化の進行とともに増加を示すと言われている、高齢者の交通事故による犠牲者の動向に、特に注意を払いたい。

続きを読む "年齢層別の交通事故死者数をグラフ化してみる(最新)"

5時25分交通事故定点観測, 逐次新値反映記事

2020/02/27

一人暮らしの女性の決断か…男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる(最新)

2020-0218先行記事【単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる(最新)】において、総務省統計局の住宅に関する定点調査「住宅・土地統計調査」の公開値を基に、単身世帯における住居スタイルの実情(持家か借家か、一戸建てか共同住宅かの違い)を確認した。その際に「持家・一戸建て」(要は分譲マンションの類)該当者率の特異な値の上昇について触れた。今回はその部分を男女別の動向から詳しく見ていくことにする。

続きを読む "一人暮らしの女性の決断か…男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる(最新)"

5時33分住宅・土地統計調査

一人暮らし、住まいは借家か一戸建てか…単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる(最新)

2020-0217おおよその人は何らかの形で住宅に居住し日々の生活をしているわけだが、その住宅の種類はライフスタイルにも大きな影響を与える。特に自分一人が世帯構成員となる単身世帯では、住宅は自分の城のようなプライベート空間で、とても大切な場所に他ならない。今回は総務省統計局の住宅にかかわる定点調査「住宅・土地統計調査」の公開値を基に、単身世帯における住居スタイルの実情(持家か借家か、一戸建てか共同住宅かの違い)を確認していく(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "一人暮らし、住まいは借家か一戸建てか…単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる(最新)"

5時31分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

共同住宅のエレベーターやオートロックの導入状況をグラフ化してみる(最新)

2020-0217日本では指針(長寿社会対応住宅設計指針。法的拘束力はないが事実上のルールとなっている)において6階以上の住宅にはエレベーターを設けることが定められている。今では高層の共同住宅が増えたが、かつては5階建ての団地が多かったのも、それが一因と言われている(5階までならエレベーターを付ける必要はない)。それでは共同住宅におけるエレベーターの設置状況はどのような変化を遂げているのだろうか。共同住宅ではエレベーター同様に普及が進んでいるオートロックの状況と合わせ、総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果から確認をしていくことにする(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "共同住宅のエレベーターやオートロックの導入状況をグラフ化してみる(最新)"

5時29分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2020/02/26

温暖な天候で季節商品が鈍い…2020年1月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス2.0%

チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2020年2月26日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2020年1月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2020年1月は平年よりも気温が高めで推移したことで季節物の動きが鈍く、食料品・衣料品・住関品ともに苦戦し、結果として売上総額の前年同月比はマイナス2.0%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

続きを読む "温暖な天候で季節商品が鈍い…2020年1月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス2.0%"

15時0分チェーンストア売上, noindex

建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年1月分まで)

以前掲載した記事【建設業界の人手不足状況をグラフ化してみる(2014年3月時点)】において、国土交通省の定点観測的調査「建設労働需給調査」の値を基に、建設業界の人材不足状況を当時の最新データ分について精査した。今回は2020年2月25日に発表された最新版となる2020年1月分までを含め、今データを用い、中長期的な同業界の人材不足感の推移を確認する。ここ数年の不足感の実情を、過去との比較で見ていくことになる(【発表リリース:建設労働需給調査結果】)。

続きを読む "建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる(2020年1月分まで)"

15時0分建設労働需給, noindex

都市近郊はかえって通勤時間が長いらしい…通勤時間の移り変わりをグラフ化してみる(最新)

2020-0217職場で働く人にとって住居関連で気になる問題の一つが通勤時間。常に座れる電車での行き来ならば多少長くても有効にその時間を利用する手立てもあるが、満員電車に揺られる日々を過ごさねばならない場合、乗継が頻繁にある場合などは、労苦の時間の積み重ねとなり、ある意味就業以上の辛い時間ともなりうる。通勤時間は短いにこしたことはないが、職場に近い場所は概して地価も高く、物件を手に入れることは難しい。その兼ね合いは世間全般ではどのような状況なのか。総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果から、いくつかの切り口で確認をしていくことにする(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "都市近郊はかえって通勤時間が長いらしい…通勤時間の移り変わりをグラフ化してみる(最新)"

5時24分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

公営借家の5割強には高齢者が居住…高齢者と居住住宅の種類の関係をグラフ化してみる(最新)

2020-0217総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果を基にした記事のうち、先に掲載した【年上ほど公営住宅率は上昇…世帯主年齢階層別の住宅種類をグラフ化してみる(最新)】の中で、高齢者(65歳以上)と居住住宅の種類の関係について少々言及した。今回はその内容について、もう少し掘り下げて実情を確認していくことにする。蓄財する期間も長いことから、持家比率が高いことは事実ではあるが、その一方で世間一般で語られている、公営借家(地方自治体が提供する賃貸住宅、アパート、団地の類)の高齢化問題も浮き彫りになる結果を見ることができる(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "公営借家の5割強には高齢者が居住…高齢者と居住住宅の種類の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時22分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

年上ほど公営住宅率は上昇…世帯主年齢階層別の住宅種類をグラフ化してみる(最新)

2020-0215年を取るにつれて蓄財が進みふところ具合はよくなりは、また世帯持ちとなる事例も増え、さらには親からの遺産相続を受ける場面も生じ、持家に住む人は増えてくる。他方世帯主が定年退職後の世帯では俗にいう定年離婚の事例や配偶者に先立たれるパターンなどで、賃貸集合住宅に一人暮らしとなる場合も少なくない。今回は総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の確定集計結果を基に、世帯主の年齢階層別にどの程度の人が持家に住んでいるかなど、居住住宅の種類について確認していくことにする(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "年上ほど公営住宅率は上昇…世帯主年齢階層別の住宅種類をグラフ化してみる(最新)"

5時20分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

世帯年収別・カップ麺やインスタントラーメン、ハンバーガーへの支出額の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))

日常の食生活でごく普通に食卓に並ぶインスタント系(簡単に調理ができてお安めな食事群)、あるいはファストフード系(ファミレスなど比較的安価な外食)の食品は、同時に金銭的に厳しい時に多く食べられるイメージが強い。例えば誰もが一度や二度ならず「金銭的に厳しいのでカップ麺ばかりだ」「これから給料日まで毎日ハンバーガーとお付き合い」との表現を見聞きしたことがあるはず。それでは実際に、収入とそれら食品との購入性向との間には、何らかの関係が見受けられるのだろうか。今回は総務省統計局が2019年2月8日にデータ更新(2018年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を基に、その関係について検証をしていくことにする。

続きを読む "世帯年収別・カップ麺やインスタントラーメン、ハンバーガーへの支出額の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))"

5時0分家計調査報告(年次), noindex

2020/02/25

2020年1月度外食産業売上プラス1.9%…3か月連続の前年比プラス

日本フードサービス協会は2020年2月25日付で、同協会の会員会社で構成される外食産業の市場動向調査における最新値となる、2020年1月度の調査結果を公開した。それによると同月の総合売上は前年同月比でプラス1.9%を示した。該当月は日取りの上では前年同月と変わらないものの、暖冬傾向で客足が伸びたことが売上に貢献する形となった(【日本フードサービス協会:発表リリースページ】)。

続きを読む "2020年1月度外食産業売上プラス1.9%…3か月連続の前年比プラス"

15時0分外食産業売上, noindex

年齢階層別の持家と借家の割合をグラフ化してみる(最新)

2020-0213昨今では価値観の変化や近所付き合いのわずらわしさ、防犯、転勤などの問題から必ずしも最優先されるとは言い難くなったものの、今なお多くの世帯にとって持家を得ることは夢の一つであり、一生の目標に他ならない。一方で、金銭的な問題、管理のし易さなどを優先し、借家住まいを好む人も少なくない。今回は総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の確定集計結果を基に、世帯主の年齢階層別区分を中心に、持家率の実情を確認していくことにする【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "年齢階層別の持家と借家の割合をグラフ化してみる(最新)"

5時31分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2014年以降に耐震診断をした持家住宅は9.1%、関東や大地震で影響を受けた地域、地震リスク地域で高め(最新)

2020-0213昨今の住宅は強度の耐震仕様が当たり前のものとなっているが、経年劣化やさまざまな事象による強度の減退でリスクが漸増する場合もあり、定期的な検査と必要ならば修復などの状況改善が求められる。また建設時期によっては十分な耐震仕様が行われていない場合もある。今回は総務省統計局が2019年4月26日に発表した、2018年時点における住宅・土地統計調査の確定集計結果を基に、持家住宅における耐震診断経験の状況を確認していくことにする(【発表ページ:平成30年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "2014年以降に耐震診断をした持家住宅は9.1%、関東や大地震で影響を受けた地域、地震リスク地域で高め(最新)"

5時29分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2020/02/10-2020/02/16)

何かと騒がしいけれど落ち着きがまずは大事だよねと思わずにはいられない今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、セガゲームスの新作「初音ミク Project DIVA MEGA39's(メガミックス)」(Nintendo Switch)がついた。初音ミク主演のリズムアクションゲームシリーズの最新作で、10周年記念に当たる作品。10年分の歴史を振り返る100曲に書き下ろしのテーマソングを加え、計101曲が収録されている。従来の遊び方に近いアーケードモード以外に今機種ならではの新モードも用意されている。またPVはアニメ調のタッチにリメイクされている。初週評価は高安まちまち。収録曲数に関する賛否が分かれている。

続きを読む "「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2020/02/10-2020/02/16)"

5時0分ゲームランキング



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS