2019/12/09

株式市場雑感(19/12/09-19/12/13週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■19/12/09:日経平均終値2万3430円70銭/111.9
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米国の雇用統計が堅調だったことを受けて前営業日の米国市場が大きく伸びたことから、買い進まれた。出来高は10億8518万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.33%、TOPIXは+0.51%、マザーズ指数は-0.57%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.12%となる。

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

消費税率引き上げの反動…2019年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

2019-1209内閣府は2019年12月9日付で2019年11月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し39.4を示し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で上昇して45.7となったが、基準値の50.0を下回る状態は継続している。結果として、現状上昇・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「このところ回復に弱い動きがみられる。なお、消費税率引上げに伴う駆込み需要の反動による影響が一部にみられる。先行きについては、海外情勢などに対する懸念もある一方、持ち直しへの期待がみられる」と示された。2019年2月分までは「緩やかな回復基調が続いている」で始まる文言だったことから、景況感のネガティブさが9か月連続する形となっている。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【令和元年11月調査(令和元年12月9日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "消費税率引き上げの反動…2019年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

15時11分景気ウォッチャー, 逐次新値反映記事

ゲームやおもちゃはいつ買われるのか…ゲームソフトなどの購入傾向をグラフ化してみる(最新)

2019-1207毎年12月に入るとクリスマスに向けて街の彩りが鮮やかになるのとともに、おもちゃ屋やゲームショップでは気合を入れた広告展開が見られるようになり、多様な商品が大げさなまでのアピールを繰り広げることになる。言うまでもなくクリスマスのプレゼント、そしてそれに続くお正月のお年玉による購入を期待してのもの。では実際に、この年末商戦の時期ではどれほどのゲームやおもちゃが買われているのか。今回は総務省統計局の定点調査である【「家計調査」】の公開値を用い、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "ゲームやおもちゃはいつ買われるのか…ゲームソフトなどの購入傾向をグラフ化してみる(最新)"

5時5分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

ケーキは誰が買っているのか…ケーキの購入傾向をグラフ化してみる(最新)

2019-1207毎年12月に入ると巷の店はきらびやかな飾りで彩られ、多様なケーキが目に留まるようになる。今回は【うなぎは誰が買っているのか…うなぎの購入性向をグラフ化してみる(最新)】と同じように、総務省統計局の定点調査である【「家計調査」】の公開値を用い、どのような層が(クリスマス)ケーキを購入しているのかを確認する。

続きを読む "ケーキは誰が買っているのか…ケーキの購入傾向をグラフ化してみる(最新)"

5時2分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

「ポケットモンスター ソード/シールド」トップ継続…ゲームソフトランキング更新(2019/11/25-2019/12/01)(最新)

ゲームランキング今年もあと一か月を切り、色々と騒がしい話が舞い込んでくる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】などによれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続き任天堂の新作「ポケットモンスター ソード/シールド」(Nintendo Switch)がついた。ポケモンシリーズの最新作で、武具の剣と盾という相対するものがネーミングテーマとして用いられている。ガラル地方を舞台にポケモンリーグに挑み、各地のジムをめぐりチャンピオンを目指していく。ポケモンが巨大化するダイマックスという仕組みがポイント。発売から3週目に突入したが感想は高安両極端が継続中。ゲームバランスや表現スタイル、ビジュアルなど多方面で評価と苦評が入り乱れる状況は継続中。

続きを読む "「ポケットモンスター ソード/シールド」トップ継続…ゲームソフトランキング更新(2019/11/25-2019/12/01)(最新)"

5時0分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2019/12/08

クリスマスに向けてケーキはいつ買われるのか…日々のケーキ購入傾向をグラフ化してみる(最新)

2019-1207先行記事【日本のケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)】【日本の12月におけるケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)】で一般家庭におけるクリスマス向けケーキの消費傾向を総務省統計局の【「家計調査」】を基に確認した。今回は同じ「家計調査」の公開値を用い、クリスマス向けケーキの消費傾向につき、具体的にいつ頃購入されているのかを見ていくことにする。

続きを読む "クリスマスに向けてケーキはいつ買われるのか…日々のケーキ購入傾向をグラフ化してみる(最新)"

5時18分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

日本の12月におけるケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)

2019-1207先行する記事【日本のケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)】ではクリスマスにおけるケーキの消費傾向を地域別に見るため、総務省統計局の「家計調査」を基に年間支出額の検証を行った。これは全部の世帯を網羅するデータには月次のものが無かったからに他ならない。今回は二人以上世帯限定ではあるが12月に的を絞り、恐らくはクリスマス向けとして消費されているであろうケーキの地域別支出額の実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本の12月におけるケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)"

5時16分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2019/12/07

日本のケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)

2019-1206毎年12月に入ると彩り豊かな、あるいは工夫を凝らした新作ケーキが多数登場し、クリスマスが間近に迫っていることを再認識させてくれる。クリスマスにはプレゼントとともに欠かせない存在となるクリスマス向けケーキのラインアップの充実は、実に心を豊かにしてくれるものだ。そのケーキの消費性向は、日本の地域別で見るとどのような状況なのだろうか。【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる】でも用いた、総務省統計局が定期的に調査を実施し、その結果を公知している「家計調査」から必要な値を抽出し精査を行うことにする。

続きを読む "日本のケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)"

5時16分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2019/12/06

米中動向に揺さぶられ…株式市場雑感(19/12/02-19/12/06週)(週終値:2万3354円40銭)

■19/12/02:日経平均終値2万3529円50銭/111.1
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日の米国市場は安値だったが、中国の経済指標が堅調だったことを受け、寄り付きから買い進まれた。出来高は9億4696万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.01%、TOPIXは+0.89%、マザーズ指数は-0.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.16%となる。

続きを読む "米中動向に揺さぶられ…株式市場雑感(19/12/02-19/12/06週)(週終値:2万3354円40銭)"

19時0分株式市場雑感

ネットショッピング動向の詳細をグラフ化してみる(2019年10月分)(最新)

2019-1206総務省統計局が定点観測的に実施している調査の一つ【「家計調査状況調査」】は、元々「家計調査」の補完として、消費性向をより詳細に確認するのが目的。昨今のインターネットを用いた商品やサービスの購入(ネットショッピング)機会の増加状況に併せ、同調査でもその動きを詳しく追いかけるため、2015年1月実施分からネットショッピング支出に関し、大幅に調査項目を増やしている。今回はその調査項目の結果をもとに、ネットショッピング支出の詳しい現状を確認していくことにする。同調査の以前からのデータを用いた、大まかな動向を眺められる【ネットショッピング動向をグラフ化してみる】と併せて読み進めることをお勧めする。

続きを読む "ネットショッピング動向の詳細をグラフ化してみる(2019年10月分)(最新)"

11時1分家計消費状況調査, 逐次新値反映記事

ネットショッピング動向をグラフ化してみる(最新)

2019-1206スマートフォンやパソコンなどを使い、気軽に、そして瞬時に、距離を感じさせずに情報のやりとりを可能とする技術とインフラ、インターネット。その普及は多様な方面に革新的な変化をもたらしている。その一つが通信販売(通販)部門。インターネットを用いて実商品やサービスの注文をしたり、さらにはデジタルデータ・権利を購入する仕組みは、通販のハードルを大いに下げ、それこそ近所のコンビニで買い物をするかのような手軽さを提供するようになった。今回はインターネットが利用できる端末の普及率向上、サービスの充実や取扱業者の増加でますます生活に密着したものとなりつつあるインターネットショッピング(ネットショッピング)に関し、総務省の定点観測的調査の一つ、家計消費状況調査の結果をもとに、その動向を確認していくことにする(【家計消費状況調査】)。

続きを読む "ネットショッピング動向をグラフ化してみる(最新)"

10時19分家計消費状況調査, 逐次新値反映記事

自動ブレーキとドライブレコーダーの搭載実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1129自動車は非常に便利ではあるが、同時に危険性の高い道具に違いない。ちょっとした判断ミスや故障、トラブルで多くの人を巻き込む事故の引き金が引かれてしまう。しかし多数の経験や技術の進歩により、少しずつ事故発生そのもの、そして事故が生じた際の被害を減らす仕組みが生み出され、導入されている。今回はソニー損害保険が2019年11月28日付で発表した、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2019年版を基に、自家用車へのドライブレコーダーと自動ブレーキの搭載実情を確認していくことにする。

続きを読む "自動ブレーキとドライブレコーダーの搭載実情をグラフ化してみる(最新)"

5時22分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

インターネットニュースの有料サービスを利用している人は1割足らず(最新)

2019-1126インターネットの普及で誰もが気軽にニュースを取得できるようになったが、そのニュースを配信する側はただ働きをするわけにもいかないので、何らかの形で売上を確保する必要がある(あるいは集客効果を期待したプロモーションと割り切る場合もあるが)。しかし無料での情報のやり取りが文化的に浸透しているインターネット上では、有料サービスの提供は難しい。それでも最近は紙媒体の新聞同様に、月ぎめで課金するタイプの電子新聞、さらには一定数までの記事を購入できる新聞記事の購読様式など、複数の手段が提供されている。それらインターネットニュースの有料サービスは、どこまで利用されているのだろうか。財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査の結果をもとに、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "インターネットニュースの有料サービスを利用している人は1割足らず(最新)"

5時19分メディア世論調査(新聞通信)

2019/12/05

全社売上プラス、吉野家売上高良好…牛丼御三家売上:2019年11月分(最新)

2019-1205牛丼チェーン店「吉野家」などを運営する吉野家ホールディングスは2019年12月5日、吉野家における2019年11月の売上高や客単価などの営業成績を公開した。その内容によると既存店ベースでの売上高は、前年同月比でプラス7.3%となった。これは前回月から継続する形で、9か月連続のプラスとなる。牛丼御三家と呼ばれる日本国内の主要牛丼チェーン店3社のうち吉野屋以外の企業の状況を確認すると、松屋フーズが運営する牛めし・カレー・定食店「松屋」の同年11月における売上前年同月比はプラス4.1%、ゼンショーが展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」はプラス3.1%との値が発表された。今回月は売上高では全社がプラスを示す形となった(【吉野家月次発表ページ】)。

続きを読む "全社売上プラス、吉野家売上高良好…牛丼御三家売上:2019年11月分(最新)"

15時14分牛丼御三家売上, 逐次新値反映記事

新聞の購読料、高いか安いか、世間一般の判断は(最新)

2019-1126紙媒体の新聞は多くの人が月ぎめで契約をして購読することになる。昨今の新聞離れと呼ばれる現象の一因は、新聞の相対的な価値の低迷で、コストパフォーマンスが悪化し、支払った対価に値する価値を見出せなくなったからだとの指摘がある。それでは現状の新聞の購読料はどのように思われているのだろうか。財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査の結果をもとに、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "新聞の購読料、高いか安いか、世間一般の判断は(最新)"

5時22分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

インターネットのニュースを見る時に使う機器は何だろうか(最新)

2019-1126腰を据えてじっくりと目を通すだけで無く、ちょっとした時間の合間にもニュースを取得したくなる思いは多々生じる。だからこそかつて電車やバスの中では多くの人が新聞を手にして目を通し、職場や待合場でも新聞は大いに人気を博していた。しかし今ではスマートフォンやパソコンを用い、ニュースをもっと手軽に、リアルタイムで取得する人が多分に及んでいる。人々が求めるものはニュースそのものであり、新聞紙ではなかった次第である。ではインターネットでニュースを読んでいる人は、どのような機器を利用しているのだろうか。今回は財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査の結果をもとに、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "インターネットのニュースを見る時に使う機器は何だろうか(最新)"

5時20分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

インターネットでニュースを見る、ではどこで見るのだろうか(最新)

2019-1126先行記事【インターネットでニュースはどの程度閲覧されているのだろうか】で、財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査の結果として、2/3強の人がインターネット経由でニュースを閲覧していること、4割強は毎日閲覧していることが明らかになった。それではその人たちは具体的にどのようなサイトで、インターネットからニュースを取得しているのだろうか。また年齢階層や男女別などで場所の傾向に違いはあるのだろうか。その実態を確認していくことにする(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "インターネットでニュースを見る、ではどこで見るのだろうか(最新)"

5時17分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

2019/12/04

インターネットでニュースはどの程度閲覧されているのだろうか(最新)

2019-1125紙媒体による新聞の需要が減少する大きな原因として、代替媒体となるインターネットが普及し、多くのニュースが配信される状況が挙げられる。ネット上で多様なニュースを含む情報が取得できるので、わざわざ新聞を買わなくともよい、とするものだ。新聞社自身も一部分ではあるが、自紙に掲載のニュースをネット上に配信していることもあり、複雑な想いを抱いていることだろう。今回は財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査から、インターネットによるニュースの閲覧状況を確認していくことにする(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "インターネットでニュースはどの程度閲覧されているのだろうか(最新)"

5時26分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

月ぎめで新聞を取る理由は何だろう(最新)

2019-1125新聞を購読する手段は多様におよぶが、もっとも定番で多くの人が利用しているのが月ぎめでの定期購読。原則毎日家庭に新聞を届ける契約を月単位で締結し、購読側はわざわざ店舗まで買いに行かなくとも確実に新聞を入手でき、新聞社側は安定した購読層を得ることができる(保険契約のようなもの)。それでは具体的にどのような思惑で、月ぎめで新聞を取っているのだろうか。財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査から、新聞を月ぎめで取っている人における、その理由について確認していく(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "月ぎめで新聞を取る理由は何だろう(最新)"

5時24分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事

月ぎめで新聞を取らない理由は何だろう(最新)

2019-1125情報取得が可能なメディアの多様化による相対的な優先順位の低下、配信する情報の信頼性における問題、購入機会の減少など複数の環境的・内部的要因により、紙媒体の新聞は少しずつその購読率・閲読率を低下させつつある。それでは具体的に、新聞を月ぎめで購読していない人はいかなる理由によるものだろうか。財団法人新聞通信調査会が2019年11月2日に発表したメディアに関する全国世論調査から、新聞を月ぎめで取っていない人における、その理由について確認していく(【発表リリース:第12回メディアに関する世論調査結果】)。

続きを読む "月ぎめで新聞を取らない理由は何だろう(最新)"

5時22分メディア世論調査(新聞通信), 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS