2019/10/31

1か月に1冊も本を読まない人は46.1%

2019-1030文化庁は2019年10月29日、平成30年度分の「国語に関する世論調査」の結果を発表した。今発表内容は概要ではあるが、日本の国語の理解や意識の現状を確認できる、興味深いデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、読書に関する調査項目をいくつか確認していく。世間一般では読書はどの程度行われているのだろうか(【平成30年度「国語に関する世論調査」の結果について】)。

続きを読む "1か月に1冊も本を読まない人は46.1%"

5時23分国語に関する世論調査

「できる」と「出来る」、どちらがよいと思う?

2019-1030文化庁は2019年10月29日、平成30年度分の「国語に関する世論調査」の結果を発表した。今発表内容は概要ではあるが、日本の国語の理解や意識の現状を確認できる、興味深いデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、普段使っている言葉の表記に関して、公用文の表記の仕方とそれ以外の表記の仕方のどちらを選んでいるかを確認していく(【平成30年度「国語に関する世論調査」の結果について】)。

続きを読む "「できる」と「出来る」、どちらがよいと思う?"

5時22分国語に関する世論調査

2019/10/25

子供の日常生活を新聞閲読と朝食の観点からグラフ化してみる(最新)

2019-1018子供の日常生活の実情は保護者以外には分かりにくい。全体像はなおさらの話。今回は文部科学省が2019年7月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、小中学生の日常生活に関して、新聞の閲読や朝食の観点から確認していくことにする(【発表リリース:平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "子供の日常生活を新聞閲読と朝食の観点からグラフ化してみる(最新)"

5時24分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

2019/10/24

人助けといじめ、小中学生の姿勢をグラフ化してみる(最新)

2019-1017社会生活の経験に乏しく、だからこそ学校生活の中でさまざまな常識やルールを学んでいく過程にある子供達において、困っている人を見かけた時にどのような姿勢を取るかは、重要な学習要素となる。また、理不尽な形での他人への攻撃を意味する「いじめ」をよしとするか否かも、人として大切な常識であり、学ぶべき要素に違いない。今回は文部科学省が2019年7月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、「他人が困っている時は進んで助けているか」「いじめはどのような理由があってもいけないことだと思う」の2点について、小中学生の認識を確認する(【発表リリース:平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "人助けといじめ、小中学生の姿勢をグラフ化してみる(最新)"

5時17分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

小中学生のチャレンジ精神の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1017何事にも困難さやリスクは存在するが、それを勘案した上で手掛けないと、新しい行動を起こすことは不可能に近い。可能性を見極める慎重さは必要だが、失敗を恐れていては何もできないに等しい。いわばチャレンジ精神ともいえる、難しいことでも失敗を恐れずに挑戦するか否かの意欲について、小中学生の実情を、文部科学省が2019年7月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に確認していくことにする(【発表リリース:平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "小中学生のチャレンジ精神の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時16分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

2019/10/23

小中学生の自己肯定や将来への願望の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1017海外の人と比べて日本人は自己肯定の意識が低いとの指摘がある。実際、【際立つ日本の自虐感…日米中韓高校生の自分自身への認識の違い(2015年)】にもあるように、それを裏付ける国際調査結果も確認できる。それでは今の小中学生は実のところとして、どれほどの自己肯定意識を持っているのだろうか。文部科学省が2019年7月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、確認していくことにする(【発表リリース:平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "小中学生の自己肯定や将来への願望の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時27分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

中学生の部活動の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1017部活動は学習指導要領にも定義されている学校教育の一環となる活動だが、一方で生徒や教師に過度の負担が生じているとの批判も強まっている。今回は文部科学省が2019年7月31日に発表した全国学力・学習状況調査の最新版による公開値を基に、中学生における部活動の実情を多方面の切り口で確認していくことにする(【発表リリース:平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査の報告書・集計結果について】)。

続きを読む "中学生の部活動の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時27分全国学力・学習状況調査, 逐次新値反映記事

2019/10/22

高齢者の仕事事情を多方面から確認してみる(高齢社会白書)(最新)

2019-1016高齢化問題だけでなく労働市場問題まで含め、現在社会問題の一つとしてスポットライトを当てられているのが、高齢者の仕事事情。定年退職を迎えた後の高齢者の就業は、生き甲斐としての労働だけでなく、生活費の補てんの意味合いも強くなり、また労働市場側から見れば労働力の補完として重要視される一方、若年層の労働機会を奪うとする懸念もある。それらの状況も合わせ、現状を把握するため、内閣府が2019年6月18日付で発表した、日本の高齢化社会の現状を各公的調査などの結果を絡めて解説した白書「高齢社会白書」の最新版となる2019年版などを基に、確認をしていくことにする(【高齢社会白書一覧ページ】)。

続きを読む "高齢者の仕事事情を多方面から確認してみる(高齢社会白書)(最新)"

5時8分高齢社会白書, 逐次新値反映記事

高齢者による犯罪状況をグラフ化してみる

内閣府では2019年6月18日付でインターネット上の公式サイトにおいて、日本の高齢化の進行と今後に向けた施策などをまとめた白書「高齢社会白書」の最新版となる2019年版を一般に公開した。今回はその白書の中から抽出したデータなどを基に、高齢者(65歳以上)自らが行う犯罪の動向をまとめることにする(【高齢社会白書一覧ページ】)。

続きを読む "高齢者による犯罪状況をグラフ化してみる"

5時0分高齢社会白書, noindex

2019/10/20

先進国8割強・新興国3割台から4割台…世界全体のパソコンとインターネットの世帯単位普及率をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国連の専門機関で無線通信や電気通信分野において、各国間の標準化と規制の確立を目的として設立運用されている国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では、同公式サイト内の【データ項目ページ(Statistics)】にて、毎年加盟国の携帯電話やインターネットの普及率など、各種電気通信関連の統計データを更新・公開している。今回はその中から、「世界全体のパソコンやインターネットの普及率推移」の値についてデータを再構築の上でグラフ化を行い、状況の変化を見ていくことにする。

続きを読む "先進国8割強・新興国3割台から4割台…世界全体のパソコンとインターネットの世帯単位普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時23分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/19

携帯電話は世界全体で10割超え…世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では同連合の公式サイト内にある【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年加盟国の携帯電話やインターネットの普及率をはじめとした、各種電気通信関連の統計データを更新・公開し、検証材料を提供している。今回は各国ではなく、世界全体、あるいは先進国・新興国といった大きな枠組みにおける、固定電話と携帯電話の普及動向を見ていくことにする。国の状態別で区分した場合、電話の利用状況にはどのような違いが見られるのだろうか。

続きを読む "携帯電話は世界全体で10割超え…世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時20分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/18

中国16.4億・インド11.7億…世界の携帯電話契約数上位国をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では同公式サイト内の【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年1回のペースで加盟国の携帯電話やインターネットの普及率など、電気通信関連の各種統計データを更新・公開している。今回はそのデータの中から、「携帯電話の『契約数』上位国」についてグラフ化、そして状況の精査を行うことにした。

続きを読む "中国16.4億・インド11.7億…世界の携帯電話契約数上位国をグラフ化してみる(最新)"

5時23分ITU, 逐次新値反映記事

各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)

2019-1012国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年1回のペースで同連合加盟国の携帯電話、インターネットなどの電気通信に関係する統計データを更新の上、公開している。これは諸外国の通信機器やインフラの普及浸透状態を概略的に把握できる貴重な資料であり、各種論文や分析でも用いられている。恐らく今データを基にした論文や解説文は、国内外を問わず一度ならずとも目にしているはずだ。今回はその中から、いくつかの新興国それぞれにおける、固定電話と携帯電話の普及率の推移を抽出し、状況の確認を行う。携帯電話についてはあくまでも携帯電話そのものであり、インターネット機能付きの端末のみに限定されないことに注意してほしい。

続きを読む "各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)"

5時21分ITU, 逐次新値反映記事

各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)

2019-1012【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では原則年1回のペースで、ITU加盟国における携帯電話やインターネットなどの電気通信関連の統計データを集計した上で更新・公開している。これは諸外国の通信機器の普及推移、さらにはインフラの浸透状況を概略的に把握できる値として、世界各国において指標の一つとして用いられている、貴重なデータである。今回はその中から、独断と偏見ではあるがいくつかの「先進諸国における、固定電話と携帯電話の普及率の推移」を抽出し、その動向について精査を行うことにした。

続きを読む "各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)"

5時19分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/17

20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)

2019-1011【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では定期的(年一ペース)で、主要国(ITU加盟国)の携帯電話、インターネットなどに関する統計資料を集約し、各国の普及浸透状況を推し量れるデータを公開している。諸国の通信機器の普及推移を概略的にではあるがその経年変化も含めて確認できるものとして、日本の公的機関が発行する各種白書でも引用されている、貴重なデータである。今回はその中から「新興国の携帯電話普及率の推移」に関する値を抽出し、グラフ化とその状況の精査を行うことにする。

続きを読む "20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)"

5時14分ITU, 逐次新値反映記事

20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)

2019-1011【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では定期的に主要国(ITU加盟国)の携帯電話やインターネットに関する統計資料をまとめ、各国の動向を推し量れるデータを公開している。概略的なものではあるが諸国の通信機器の普及推移が分かる、貴重な資料である。今回はその中から「先進諸国の携帯電話普及率の推移」を2019年の時点で抽出し(収録されている値は前年2018年分まで)、グラフ化とその状況の精査を行うことにする。

続きを読む "20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)"

5時12分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/16

店舗数漸減継続中、CD総在庫数も大幅減少…CDレンタル店舗数をグラフ化してみる(最新)

2019-1012日本レコード協会は2019年10月10日、2019年度におけるCDレンタルショップの動向をまとめた報告書の概要【CDレンタル店調査2019年度概要】を発表した。そこで今回はこのデータを基に、最新のCDレンタル店の動向を複数のグラフとして描き起こし、状況の精査を行うことにした。

続きを読む "店舗数漸減継続中、CD総在庫数も大幅減少…CDレンタル店舗数をグラフ化してみる(最新)"

5時13分日本レコード協会, 逐次新値反映記事

小学1年生の児童数推移をグラフ化してみる(最新)

2019-1009日本の少子化傾向に伴い小学生や中学生の数が漸減していることは、【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる】などで確認した通り。義務教育期間となるそれら小中学生の時期において、本人にとって、そして周辺の人達においてももっとも大きな転機となり、多種多様な関連市場がリンクしてくるのは、小学一年生に他ならない。そこで今回は、その小学1年生の数の動向を精査することにした。

続きを読む "小学1年生の児童数推移をグラフ化してみる(最新)"

5時11分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2019/10/15

大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)

2019-1009文部科学省の定点観測的調査の一つ【学校基本調査】を基にした大学進学率に関する精査記事【大学進学率をグラフ化してみる】の中で、直近の不況時期において、大学進学率が低下の動きを示していたこと、その低下の原因のひとつに「就職活動で『大学卒業』ブランドの効力が落ちてきた」実情があるとの解説をした。そこで今回は、その大学生における就職状況を確認していくことにする。

続きを読む "大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)"

5時14分学校基本調査, 逐次新値反映記事

大学進学率をグラフ化してみる(最新)

2019-1008義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で環境の変化が生じ、再検討の機会が与えられている。「よい大学、そしてよい就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もされるようになった。さらに大学を「就職に有利になるから」との理由で半ば義務教育的なものとして認識し、それを根源として各種の主張をする人もいる。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(最新)"

5時11分学校基本調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS