2019/10/22

高齢者の仕事事情を多方面から確認してみる(高齢社会白書)(最新)

2019-1016高齢化問題だけでなく労働市場問題まで含め、現在社会問題の一つとしてスポットライトを当てられているのが、高齢者の仕事事情。定年退職を迎えた後の高齢者の就業は、生き甲斐としての労働だけでなく、生活費の補てんの意味合いも強くなり、また労働市場側から見れば労働力の補完として重要視される一方、若年層の労働機会を奪うとする懸念もある。それらの状況も合わせ、現状を把握するため、内閣府が2019年6月18日付で発表した、日本の高齢化社会の現状を各公的調査などの結果を絡めて解説した白書「高齢社会白書」の最新版となる2019年版などを基に、確認をしていくことにする(【高齢社会白書一覧ページ】)。

続きを読む "高齢者の仕事事情を多方面から確認してみる(高齢社会白書)(最新)"

5時8分高齢社会白書, 逐次新値反映記事

高齢者による犯罪状況をグラフ化してみる(最新)

2019-1016内閣府では2019年6月18日付でインターネット上の公式サイトにおいて、日本の高齢化の進行と今後に向けた施策などをまとめた白書「高齢社会白書」の最新版となる2019年版を一般に公開した。今回はその白書の中から抽出したデータなどを基に、高齢者(65歳以上)自らが行う犯罪の動向をまとめることにする(【高齢社会白書一覧ページ】)。

続きを読む "高齢者による犯罪状況をグラフ化してみる(最新)"

5時6分高齢社会白書, 逐次新値反映記事

世界のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1015インターネットがインフラ的な立ち位置となり日常生活では欠かせない存在となったことで、それを前提にしたさまざまな新しい技術や道具が開発され、市場への提案が行われ、普及し始めている。昨今ではそれらの新技術による新商品として注目を集めているのが、スマートスピーカー(AIスピーカー)や、ARやVRと呼ばれる疑似現実技術による商品。今回は総務省が2019年7月9日付で公開した、2019年版となる最新の【情報通信白書】の内容を用い、世界全体における昨今と近未来のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模などの実情を確認していく(【発表リリース:令和元年「情報通信に関する現状報告」(令和元年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "世界のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模実情をグラフ化してみる(最新)"

5時3分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2019/10/21

株式市場雑感(19/10/21-19/10/25週)(週終値:-)(最新)

株式市場雑感■19/10/21:日経平均終値2万2548円90銭/122.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前営業日の米国市場は軟調だったが、その原因が主力銘柄のいくつかのみの下落によるものだったこともあり、企業の好業績期待から買われる形となった。もっともイギリスのEU離脱に関する動向の不透明さや、明日は即位礼正殿の儀で市場が休みであることから、買われ方は限定的だった。出来高は8億9168万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.25%、TOPIXは+0.41%、マザーズ指数は+0.58%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはおおよそ高値。前営業日比は+0.12%となる。

19時0分株式市場雑感, 逐次新値反映記事

アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)

2019-1021雇用市場における需給関係の変化は建設業やパート・アルバイト界隈で特に活発化しており、単なる人手不足の動向に留まらず、その状況を起因としたさまざまな方面への影響が話題に上り、ニュースとして配信される。その一面は【建設業界の人手不足状況を長期的にグラフ化してみる】でお伝えしている通りだが、今回は非正規雇用の中でもメインとなるパート・アルバイトの時給の推移を通し、市場動向をかいま見ることにする。

続きを読む "アルバイトの時給動向をグラフ化してみる(最新)"

16時32分RC-アルバイト時給, 逐次新値反映記事

世界のスマートフォンやタブレット型端末の市場規模実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1015ここ数年のインターネットに関連する情勢を大きく変えた要因として、間違い無くトップに挙げられるのはスマートフォンの普及。通信インフラの整備が前提となるが、個人ベースで大量の情報の取得や公開が容易になっただけでなく、音声や映像も自在に操れるようになり、それらの機能を活用した多様なアプリケーションの普及で、利便性は相乗的に大きなものとなる。まさに未来の総合情報端末的なポジションを占める存在が、容易に使える時代となったと表現しても過言では無い。今回は総務省が2019年7月9日付で公開した、2019年版となる最新の【情報通信白書】の内容を用い、世界全体における昨今と近未来のスマートフォン、そしてスマートフォンと比べて大型で利用スタイルが室内寄りではあるが、スマートフォン同様に大きな注目を集めているタブレット型端末の市場規模や出荷台数の実情を確認していく(【発表リリース:令和元年「情報通信に関する現状報告」(令和元年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "世界のスマートフォンやタブレット型端末の市場規模実情をグラフ化してみる(最新)"

5時19分情報通信白書, 逐次新値反映記事

世界のモバイル向けゲームアプリの市場規模実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1015総務省は2019年7月9日付で2019年版となる最新の【情報通信白書】を公開した(【発表リリース:令和元年「情報通信に関する現状報告」(令和元年版情報通信白書)の公表】)。構成要素の一部は各種記事で精査した調査結果「通信利用動向調査」を基にしているが、他にも色々な調査結果や資料を収録している。今回はその中から、世界全体と日本に限ったスマートフォンやタブレット型端末などのモバイル向けゲームアプリの市場規模の現状と近未来予想に関するデータを再確認する。

続きを読む "世界のモバイル向けゲームアプリの市場規模実情をグラフ化してみる(最新)"

5時16分情報通信白書, 逐次新値反映記事

「ディズニー ツムツム フェスティバル」が初登場トップ…ゲームソフトランキング更新(2019/10/07-2019/10/13)(最新)

ゲームランキング最近は毎週週末毎に雨が降り、洗濯物が大変なことになっている人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、バンダイナムコエンターテインメントの新作「ディズニー ツムツム フェスティバル」(Nintendo Switch)がついた。広い層から人気を集めているパズルゲーム「ツムツム」のディズニーキャラクタ版「ディズニー ツムツム」に登場するキャラクタ達を用いたパーティゲーム集。オンライン対戦機能を実装しており、多くのゲームでワールドワイドなバトルを楽しめる。なおNintendo Switch Lite単体では実質的にプレイできず、Joy Conが必要となる。初週感想はおおむね堅調。

続きを読む "「ディズニー ツムツム フェスティバル」が初登場トップ…ゲームソフトランキング更新(2019/10/07-2019/10/13)(最新)"

5時15分ゲームランキング, 逐次新値反映記事

2019/10/20

原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-1020昨今ガソリン価格、そしてその大本となる原油価格の動向に大きな注目が集まっている。為替にも影響されるため日本国内のガソリン・灯油価格の変動は海外と比べればゆるやかなものだが、それでも小さからぬ値の動きが生じている。そして国際情勢は原油価格の変動を受け、大きな変化が生じ、また逆に国際情勢も原油価格の変動を起因として変化が起きている。そこで今回は原油先物(WTI、アメリカ南部などで産出される原油ウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格。原油価格の指標的な立ち位置にある)の動向を確認し、石油(原油)価格の変遷を眺めることにした。

続きを読む "原油先物(WTI)価格の推移をグラフ化してみる(最新)"

10時17分ガソリン動向, 逐次新値反映記事

世界の動画・音楽配信の市場規模実情をグラフ化してみる(最新)

2019-1015総務省は2019年7月9日付で2019年版となる最新の【情報通信白書】を公開した(【発表リリース:令和元年「情報通信に関する現状報告」(令和元年版情報通信白書)の公表】)。構成要素の一部は各種記事で精査した調査結果「通信利用動向調査」を基にしているが、他にも色々な調査結果や資料を収録している。今回はその中から、世界全体における動画配信や音楽配信の市場規模の現状と近未来予想に関するデータを再確認する。

続きを読む "世界の動画・音楽配信の市場規模実情をグラフ化してみる(最新)"

5時26分情報通信白書, 逐次新値反映記事

先進国8割強・新興国3割台から4割台…世界全体のパソコンとインターネットの世帯単位普及率をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国連の専門機関で無線通信や電気通信分野において、各国間の標準化と規制の確立を目的として設立運用されている国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では、同公式サイト内の【データ項目ページ(Statistics)】にて、毎年加盟国の携帯電話やインターネットの普及率など、各種電気通信関連の統計データを更新・公開している。今回はその中から、「世界全体のパソコンやインターネットの普及率推移」の値についてデータを再構築の上でグラフ化を行い、状況の変化を見ていくことにする。

続きを読む "先進国8割強・新興国3割台から4割台…世界全体のパソコンとインターネットの世帯単位普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時23分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/19

携帯電話は世界全体で10割超え…世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では同連合の公式サイト内にある【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年加盟国の携帯電話やインターネットの普及率をはじめとした、各種電気通信関連の統計データを更新・公開し、検証材料を提供している。今回は各国ではなく、世界全体、あるいは先進国・新興国といった大きな枠組みにおける、固定電話と携帯電話の普及動向を見ていくことにする。国の状態別で区分した場合、電話の利用状況にはどのような違いが見られるのだろうか。

続きを読む "携帯電話は世界全体で10割超え…世界全体の固定・携帯電話普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時20分ITU, 逐次新値反映記事

設置率82.3%…住宅用火災警報器の設置率をグラフ化してみる(最新)

2019-1018以前【出火原因の内訳などをグラフ化してみる】で日本の火災の現状を消防庁の公開資料で確認した。火災は起こさないようにするのが一番だが、万一発生しても事前に防火・延焼防止対策を施し、さらに早期に発見・確認した上で早期に適切な対応をすれば、被害を最小限にとどめることが可能となる。その備えとして有益な手法の一つが火災警報器。今回は住宅用の火災警報器について、同じく消防庁が定期的に発表している設置率に関する調査結果をもとに、設置状況を把握確認していくことにする(【住宅用火災警報器の設置率等の調査結果】)。

続きを読む "設置率82.3%…住宅用火災警報器の設置率をグラフ化してみる(最新)"

5時18分防災・減災・気象, 逐次新値反映記事

2019/10/18

再び台風で被害甚大…株式市場雑感(19/10/15-19/10/18週)(週終値:2万2492円68銭)

■19/10/15:日経平均終値2万2207円21銭/131.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。米中貿易摩擦の緩和期待が強まり、幅広い銘柄で買いが入った。出来高は12億8408万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.87%、TOPIXは+1.56%、マザーズ指数は+0.59%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはおおよそ高値。前営業日比は+0.89%となる。

続きを読む "再び台風で被害甚大…株式市場雑感(19/10/15-19/10/18週)(週終値:2万2492円68銭)"

19時0分株式市場雑感

2019年9月のたばこ販売本数はマイナス27.5%、減少継続中(最新)

2019-1018日本たばこ協会は2019年10月18日に同協会公式サイトにおいて、2019年9月の紙巻きたばこの販売実績を発表した。その発表データによれば2019年9月の紙巻きたばこの販売実績は108億本となり、前年同月比ではマイナス27.5%となった。販売代金はマイナス22.0%の2547億円を示している(【日本たばこ協会:公式ページ・トピックス一覧】)。

続きを読む "2019年9月のたばこ販売本数はマイナス27.5%、減少継続中(最新)"

15時39分たばこ売上, 逐次新値反映記事

中国16.4億・インド11.7億…世界の携帯電話契約数上位国をグラフ化してみる(最新)

2019-1013国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では同公式サイト内の【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年1回のペースで加盟国の携帯電話やインターネットの普及率など、電気通信関連の各種統計データを更新・公開している。今回はそのデータの中から、「携帯電話の『契約数』上位国」についてグラフ化、そして状況の精査を行うことにした。

続きを読む "中国16.4億・インド11.7億…世界の携帯電話契約数上位国をグラフ化してみる(最新)"

5時23分ITU, 逐次新値反映記事

各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)

2019-1012国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)では【データ項目ページ(Statistics)】において、毎年1回のペースで同連合加盟国の携帯電話、インターネットなどの電気通信に関係する統計データを更新の上、公開している。これは諸外国の通信機器やインフラの普及浸透状態を概略的に把握できる貴重な資料であり、各種論文や分析でも用いられている。恐らく今データを基にした論文や解説文は、国内外を問わず一度ならずとも目にしているはずだ。今回はその中から、いくつかの新興国それぞれにおける、固定電話と携帯電話の普及率の推移を抽出し、状況の確認を行う。携帯電話についてはあくまでも携帯電話そのものであり、インターネット機能付きの端末のみに限定されないことに注意してほしい。

続きを読む "各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)"

5時21分ITU, 逐次新値反映記事

各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)

2019-1012【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では原則年1回のペースで、ITU加盟国における携帯電話やインターネットなどの電気通信関連の統計データを集計した上で更新・公開している。これは諸外国の通信機器の普及推移、さらにはインフラの浸透状況を概略的に把握できる値として、世界各国において指標の一つとして用いられている、貴重なデータである。今回はその中から、独断と偏見ではあるがいくつかの「先進諸国における、固定電話と携帯電話の普及率の推移」を抽出し、その動向について精査を行うことにした。

続きを読む "各国の固定電話と携帯電話の普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)"

5時19分ITU, 逐次新値反映記事

2019/10/17

20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)

2019-1011【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では定期的(年一ペース)で、主要国(ITU加盟国)の携帯電話、インターネットなどに関する統計資料を集約し、各国の普及浸透状況を推し量れるデータを公開している。諸国の通信機器の普及推移を概略的にではあるがその経年変化も含めて確認できるものとして、日本の公的機関が発行する各種白書でも引用されている、貴重なデータである。今回はその中から「新興国の携帯電話普及率の推移」に関する値を抽出し、グラフ化とその状況の精査を行うことにする。

続きを読む "20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(新興国編)(最新)"

5時14分ITU, 逐次新値反映記事

20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)

2019-1011【国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)のデータ項目ページ】では定期的に主要国(ITU加盟国)の携帯電話やインターネットに関する統計資料をまとめ、各国の動向を推し量れるデータを公開している。概略的なものではあるが諸国の通信機器の普及推移が分かる、貴重な資料である。今回はその中から「先進諸国の携帯電話普及率の推移」を2019年の時点で抽出し(収録されている値は前年2018年分まで)、グラフ化とその状況の精査を行うことにする。

続きを読む "20年近くにわたる携帯電話普及率推移をグラフ化してみる(先進諸国編)(最新)"

5時12分ITU, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS