2019/09/30

インターネットでの売上と出版物販売額との関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0926日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)では印刷物に関する販売動向が多方面の切り口で調査され資料化されている。今回はその中から、インターネット上で取引された金額のうち、出版物販売額がどれぐらいの割合を占めているのか、その実情を確認していくことにする。インターネットによる取引が増加していることは周知の通りだが、それに伴い出版物販売額の割合は増加しているのだろうか。

続きを読む "インターネットでの売上と出版物販売額との関係をグラフ化してみる(最新)"

5時10分出版物販売額の実態

中古本市場の実情をグラフ化してみる(最新)

2019-0925出版物に出会う機会は書店や通販経由による購入ルート、図書館などによる借り入れルートに限らない。新古書や古書と呼ばれる中古本でも出版物との出会いを体験することはできる。今回は日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)をもとに、それら中古本を取り扱う新古書店や古書店の市場の実情を確認していくことにする。

続きを読む "中古本市場の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時9分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2019/09/29

図書館や教科書の市場動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0925出版物に出会う機会は書店や通販経由による購入ルートに限らない。図書館や学校でもさまざまな出版物に巡り合うことができる。今回は日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)をもとに、それら図書館による調達市場や教科書の市場の実情を確認していくことにする。

続きを読む "図書館や教科書の市場動向をグラフ化してみる(最新)"

5時3分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2019/09/28

消費税と税収の関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0928日本でも消費税が1989年に導入されてから30年の月日が経つが、事ある度に消費税関連の話がやりとりされる。2014年4月1日からそれまでの消費税率5%が8%に引き上げられのは記憶に新しいが、一方で2016年11月18日に参議院本会議で可決成立した税制改正関連法によって、2017年4月に予定されていた8%から10%への引き上げが、2019年10月に再延期された。そして間もなくその引き上げが行われる。度重なる消費税の税率アップが実施・模索される理由に「財政再建」「安定税収の確保」「不公平税制の是正」「不景気下で落ち込み気味な税収のアップ」などが挙げられている。ところが各種シミュレーションでも「消費税を上げても総合的な税収増、さらには経済の活性化にはつながらない」との話もある。特に2014年4月の消費税率引き上げ後の消費マインドの低迷は、それを裏付けるものとして、論議の際に大きく取り上げられるようになった。また「安定的な税収の確保拡大」は、経済の発展に伴う税収維持確保の政治努力を損なわせるとの意見もある。さらに消費税はその構造上「逆累進性」の性質を持つためにむしろ不公平税制を拡大するとの指摘も見受けられる。そこで今回は過去の税収関連のデータを基に、日本における消費税と税収の関係をグラフ化し、状況の確認を行うことにした。

続きを読む "消費税と税収の関係をグラフ化してみる(最新)"

16時29分経済・金融・市場・家計, 逐次新値反映記事

出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(番外編:電子出版独自追加版)(最新)

2019-0924先に掲載した【出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる】を皮切りに、日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)をベースに多方面からの切り口で、出版業界の現状・出版物の販売動向を精査している。今回は一番初めに掲載した「販売額推移」に関して、電子出版を加味した試算によるグラフ生成と、状況の把握を行うことにする。

続きを読む "出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(番外編:電子出版独自追加版)(最新)"

5時23分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

2019/09/27

ゆらぐ国内外…株式市場雑感(19/09/24-19/09/27週)(週終値:2万1878円90銭)

■19/09/24:日経平均終値2万2001円32銭/139.2
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。米中貿易摩擦の緊張緩和への期待から買い基調となったが、勢いは弱く、限定的な値動きとなった。出来高は12億0833万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.09%、TOPIXは+0.42%、マザーズ指数は+1.81%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.05%となる。

続きを読む "ゆらぐ国内外…株式市場雑感(19/09/24-19/09/27週)(週終値:2万1878円90銭)"

19時0分株式市場雑感, noindex

100世帯で54.41台まで増加…軽自動車の保有台数と世帯あたり普及台数をグラフ化してみる(最新)

2019-0927社団法人全国軽自動車協会連合会は2019年7月12日に、2018年12月末時点の軽自動車の世帯あたり普及台数に関する報告書を発表した。それによると同時点で日本国内の軽自動車(軽四輪車)の普及台数は100世帯あたり54.41台となり、2017年12月末の54.35台からさらに0.06台分普及が進んだことが明らかになった。また保有されている軽自動車数は3101万3373台となり、24万2095台増加している(【発表リリース:軽自動車の世帯当たり普及台数について(平成30年12月末現在)】)。

続きを読む "100世帯で54.41台まで増加…軽自動車の保有台数と世帯あたり普及台数をグラフ化してみる(最新)"

9時49分鉄道・交通, 逐次新値反映記事

出版社と売上高の関係をグラフ化してみる(最新)

2019-0924先日発刊された日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)を基に、出版業界に関する動向をさまざまな視点から確認し、その状況の精査を行っている。今回は出版物を創生し市場に送り出すおおもととなる、出版社とその売上にスポットライトを当てて、現状の確認をする。「出版不況」と呼ばれて久しいが、直近ではどのような状況で、昔と比べていかなる変化を示しているのだろうか。

続きを読む "出版社と売上高の関係をグラフ化してみる(最新)"

5時34分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(全体編)(最新)

2019-0924以前はコンビニ(コンビニエンスストア)では欠かせない存在だった雑誌を始めとする出版物も、昨今では肩身の狭い立場に置かれるようになった。【少年・青年雑誌の無いコンビニ雑誌コーナー】【セブンが雑誌の取り扱いをごりごり減らすという話】にあるように、雑誌の一部が立ち読み客のマナー問題で撤去される事例や、費用対効果の問題から、物理的に肩身ならぬ配置場所が狭くなる、イートインコーナーにとって代わられる状況も多々見受けられる。その出版物とコンビニの関係について、日販による「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)のデータを基に、コンビニ業界全体と印刷物の関係を見ていくことにする。

続きを読む "コンビニの出版物販売額をグラフ化してみる(全体編)(最新)"

5時31分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

図書館の貸出冊数や利用者動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0917先行する記事【図書館や博物館数動向をグラフ化してみる】において、文部科学省の【社会教育調査】における公開値をもとに、日本の図書館の数などに関する動向を確認した。今回は同じ値をもとに、図書館の登録者数や貸出冊数などの観点から、図書館の利用状況を精査していくことにする。

続きを読む "図書館の貸出冊数や利用者動向をグラフ化してみる(最新)"

5時28分社会教育調査(図書館), 逐次新値反映記事

2019/09/26

出版物の分類別売上の変化をグラフ化してみる(18年経緯)(最新)

2019-0923先に【出版物の種類別売上の変化をグラフ化してみる(前年比)】で、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)のデータを基に出版物の主要分類別における売上の直近動向を確認した。一部では堅調さも見られるものの、軟調な分類の多い販売動向ではあったが、それではこの流れは単年のみのものなのだろうか。それとも以前から同じような動きを示していたのだろうか。過去のデータを紐解き、その疑問を解消していくことにする。

続きを読む "出版物の分類別売上の変化をグラフ化してみる(18年経緯)(最新)"

5時19分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

出版物の種類別売上の変化をグラフ化してみる(前年比)(最新)

2019-0923昨今は「出版不況」「書籍不況」なる言葉も日常化し、紙媒体に関しては書籍に限らず新聞、そして手帳などの文房具ですら、ビジネスの上で厳しい状態が続いている。これもひとえにデジタル機器の普及に伴う、利用者側の購入・利用性向の変化によるもの。今回はその中から特に景況感の上で取り上げられることが多い出版物の売上状況について、主要種類別に関する動向を、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)を基に確認していくことにする。

続きを読む "出版物の種類別売上の変化をグラフ化してみる(前年比)(最新)"

5時17分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

じわりと増える図書館数…図書館や博物館数動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0917以前【小中高校生の平均読書冊数などをグラフ化してみる】【学校図書館の蔵書平均冊数や図書購入費をグラフ化してみる】において、子供の書籍離れ的な動きは生じていないとの実態を、全国学校図書館協議会などの調査結果から確認した。それでは子供に限らず世間一般では、本に触れる機会はどのような変化を示しているのだろうか。その一端を知る鍵として、図書館数の動向を文部科学省の【社会教育調査】から確認していくことにする。

続きを読む "じわりと増える図書館数…図書館や博物館数動向をグラフ化してみる(最新)"

5時14分社会教育調査(図書館), 逐次新値反映記事

2019/09/25

書店数とその坪数推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0923インターネット通販が普及し、さらには電子出版も本格的な浸透が進む現在においても、紙媒体による出版物を購入するメインの流通ルートとして君臨しているのが書店。しかしながらその書店も、状況の変化に合わせて、あるいは流される形で、他の類似業界同様に集約化・大型化の傾向が見受けられる。今回は日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)から取得した最新値などを基に各種グラフを生成し、その状況を確認していくことにした。

続きを読む "書店数とその坪数推移をグラフ化してみる(最新)"

5時5分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

駅売店などの出版物販売動向をグラフ化してみる(最新)

2019-0922電車内での時間潰しの主役が雑誌や書籍などの出版物から、携帯音楽端末やスマートフォンなどの携帯電話に代わりつつあるものの、現在でもなお駅売店で週刊誌をはじめとした雑誌、そして新たに発売した文庫を購入する機会は少なくない。そこで今回は、駅売店とスタンドの出版物の販売状況について、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)などを基に状況を確認するとともに、その変化を精査していくことにした。

続きを読む "駅売店などの出版物販売動向をグラフ化してみる(最新)"

5時3分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

米国で読書離れやテレビ離れは進んでいるのだろうか(最新)

2019-0913先行記事【米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる】で、アメリカ合衆国労働省労働統計局が定点観測的に調査を行いその結果を発表している、同国の国民の生活様式にかかわるデータをもとに、大人の日々の日常生活や就業者の実数などさまざまな実情を確認した。今回は公開値をもとに、同国の趣味趣向の変化が生じているのか否かについて、テレビ観賞やゲームなどへの時間配分の点から精査を行うことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国で読書離れやテレビ離れは進んでいるのだろうか(最新)"

5時0分米労働統計局, 逐次新値反映記事

2019/09/24

出版物の分類別売上推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0922パソコンやスマートフォンのようなデジタル機器の浸透などの周辺環境、読者の購入性向の変化を受け、出版物の販売状況は大きな変わり映えを見せている。今回は雑誌やコミックのような分類における動向を探るため、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)を基に、売上推移などを確認していく。紙媒体の売上がかんばしくないことは周知の事実だが、雑誌もコミックも文庫も一様にその売上を落としているのだろうか。それとも逆に成長している分野もあるのだろうか。

続きを読む "出版物の分類別売上推移をグラフ化してみる(最新)"

5時10分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0922かつては出版物を購入する場所といえば本屋がメインで、あとは出勤時に駅の売店で買うぐらいのものだった。しかし現在ではコンビニやインターネット通販など、多様なルートを通じて入手することができる。さらに昨今では新興勢力のインターネットに押される形で、書店の統廃合や大型化が進んでいる状況。今回はその動向を販売額から確認すべく、日販の「出版物販売額の実態」最新版(2019年版)を元に、その実情を精査していくことにした。

続きを読む "出版物の売り場毎の販売額推移をグラフ化してみる(最新)"

5時7分出版物販売額の実態, 逐次新値反映記事

米国における小さな子供がいる大人の日常生活を時間配分でグラフ化してみる(最新)

2019-0913先行記事【米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる】で、アメリカ合衆国労働省労働統計局が定点観測的に調査を行いその結果を発表している、同国の国民の生活様式にかかわるデータをもとに、大人の日々の日常生活を主要行動の時間配分の観点から確認した。今回はそれと同じようなスタイルで、幼い子供がいる大人の生活の実情を見ていくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国における小さな子供がいる大人の日常生活を時間配分でグラフ化してみる(最新)"

5時4分米労働統計局, 逐次新値反映記事

2019/09/23

テレビは平日2時間半以上、休日3時間半近く…米国のプライベートな遊びの実情を時間配分から確認する(最新)

2019-0913アメリカ合衆国労働省労働統計局では労働者の労働にかかわる実情を中心に、同国の国民の生活様式を多様な切り口から定点観測的に調査し、その結果を逐次更新する形で公開している。今回はその公開データを元に、同国の15歳以上の大人に関する行動性向のうち、テレビ観賞や運動ようなプライベートにおける遊びの内面を、時間配分の観点で確認していくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "テレビは平日2時間半以上、休日3時間半近く…米国のプライベートな遊びの実情を時間配分から確認する(最新)"

5時14分米労働統計局, 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS